金沢単身赴任から帰った中年リーマンのしょーもない日記


by ds-kyo-saku-dai
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2019年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

SAYONARA-KANAZAWA

最後の福井出張。

皆さんにご挨拶です。

c0113733_00185272.jpg

ここは関係ない場所ですが。^_^

(オッキーさん、座っています)

c0113733_00191724.jpg

ソースカツ丼と越前おろしそばの定番セット旨し。

福井駅前の定番メニューでしょうね。

c0113733_00201042.jpg

金沢に戻って職場へ。

c0113733_00203679.jpg
c0113733_00203813.jpg

転勤が決まるとあっという間に時間が過ぎますね。


c0113733_00205224.jpg

アパートのトイレはカウントダウンカレンダーと化してますね。

早く大阪に戻りたい!というバツ印ではなく、サヨナラが近づいて寂しいなぁというバツ印だったりします。

c0113733_00213108.jpg
c0113733_00213300.jpg

なので、自宅の片付けはまだ手付かず。(きたねー)



全体送別会、管理者送別会、いろいろな人に感謝する1週間でした。

c0113733_00240244.jpg

スキーの師匠とも最後のお別れ会。

この人がいなければ絶対に2級は取れませんでしたね。ありがとうございました。(秋吉の仲良し店員さんも一緒に)



c0113733_00250270.jpg
c0113733_00250379.jpg

大阪の次の職場へ引き継ぎに出かけて、最後の金曜にまた金沢へ戻ります。

c0113733_00254189.jpg

それにしても大阪ってこんなにゴミゴミしてたっけ。


サンダーバードに揺られて3時間、冷んやりとした金沢駅のホームに降り立つと、あぁ~、帰ってきたなぁと思う。妙な感じ。




最後の最後の日にメンバー集結してくれて凝りに凝ったありがとう会をやってくれました。

半数以上がクルマ通勤の中、車を置いて、中にはホテルを予約しての参加だったりして、ホンマに有難い。

c0113733_00264615.jpg
c0113733_00264755.jpg

こんなにボロボロに泣いたのは初めてやなぁ。

受け止めきれんほどの手作りの感謝の波状攻撃。

また、最後のお別れの際もセンターの皆さんから入れ替わり立ち替わりコメント頂き、これも涙。



「単身赴任、行くも涙、出るも涙」



です。

罪な仕組みだねぇ、単身赴任は。

ホンマそう思います。




で、もう一つ罪なのが3末の異動ですな。

見事に引っ越し難民と化しました。

なんと最も早い集荷日が4月1日とな。

もう大阪に居らんなあかん日です。


なのでゴロー先生にわざわざ年休取ってもらって荷出しと空き部屋のチェックに立ち会って貰いました。

c0113733_00271728.jpg
c0113733_00271877.jpg

結構荷物あるんよなぁ。

c0113733_00274734.jpg

ゴローちゃんありがとうー!



私は3月30日(土)に7時間かけて荷造りして、行きつけの酒屋さんに挨拶に行ったら「さみしくなるねぇ」と酒粕貰いまして、そこから最後はオッキーさんとお寿司食べて大阪へ。

c0113733_00282239.jpg

この値段でこれだけのお寿司が食べれるのはもう無いやろなぁ、ほんま。お母さんありがとう。




もう軽自動車がすっちゃかめっちゃかの状態なのはこの2年9ヶ月の充実ぶりを表してると思います。

c0113733_00290371.jpg
c0113733_00290451.jpg

荷造りが終わるまで待ってくれたコジータさんありがとう。

c0113733_00325523.jpg

パンサーズのお鍋は引き継いだので残ったみんなでまた鍋をつついて下さい。



さよなら、金沢。

さよならー、皆さんー。

また遊びに行きます~。



ゴローちゃん、このカレンダー見て釣りモチベ上げて頑張って!釣果期待してます!

c0113733_00335416.jpg
アディオーース!




by ds-kyo-saku-dai | 2019-03-30 23:18 | ◆北陸日記(単身赴任) | Comments(2)

ノー休肝日

体重増間違いなしの日々です。
まちがいなーーし!
c0113733_01032771.jpg
うちのメンバーのお祝い会ですね。
みーんな集まってくれました。
c0113733_01032832.jpg
おめでとう。
メンバーのお祝い事はこんなに嬉しいもんなんだなと再確認です。

次の日は私の大好きなアロスへ。
c0113733_00575680.jpg
c0113733_00575806.jpg
c0113733_00575940.jpg
c0113733_00580118.jpg
c0113733_00580222.jpg
c0113733_01035237.jpg
送別会を兼ねて。
c0113733_01035382.jpg
ホンマに美味い、文句なしにホンマに美味いのがアロスです。金沢に来たらお寿司もいいけどスペイン料理も捨てがたいのです。

部の管理者の送別会。
c0113733_00594487.jpg
c0113733_00594586.jpg
もっといろいろ料理が出たんですけどね、送り出される側はあれこれ動き回ってると撮れないわけで。
c0113733_00594608.jpg
ありがとうございましたっ。
4月から大阪で頑張ります。

せめて朝は歩いて会社へ。
c0113733_00594818.jpg
といっても20分で着いちゃいますが。^_^
c0113733_00594918.jpg
早咲き桜が可愛く咲いてました。
満開は見れないと思うとセンチメンタルジャーニーですな。

この日はオッキーさんと2人で焼肉。
c0113733_01222164.jpg
c0113733_01222216.jpg
c0113733_01222450.jpg
・・・からの油そば。
c0113733_01222587.jpg
c0113733_01222711.jpg
片町の「鳳凰」はサイコーです。

さぁて、まだもう少し続きますねー。
でもこれには感謝しかないなぁ。



by ds-kyo-saku-dai | 2019-03-25 19:56 | ◆北陸日記(単身赴任) | Comments(0)
私のこの石川県の地図。
c0113733_02262944.jpg
赤丸の場所、「珠洲市」が未開拓なのは以前お伝えしたとおり。
c0113733_02263030.jpg
で、パンサーズとしてここにシールを貼ることも目的とした釣行に付き合ってくれるということになりました。
c0113733_02282698.jpg
しかーし、なんと積雪。
さむぅぅー。
釣りには不向き確定ですが、そんなことにはめげません。だって釣りに行く前は釣れるイメージしかないんですから。

能登里山海道をひたすら北上し、珠洲市方面へ。
雪降ってます。
c0113733_02300580.jpg
穴水の釣具屋さんで情報収集。
c0113733_02282847.jpg
この釣侍の定員さんの事情通度合いが半端なかった。
外浦の磯場でシーバスとメバル狙いのつもりでしたが、小木漁港で40センチ弱のアジがあがってるらしく、急遽のアジングとなりました。さぁ、今晩はアジのたたきとなめろうとお刺身ですかねぇ。
c0113733_02282989.jpg
小木漁港は言わずと知れたアオリイカの聖地であり、実は年中アジが釣れることでも有名です。
(ネットより)石川県鳳珠郡能登町、九十九湾の入り口に位置する漁港。潮通しがよく大物の実績もあり、遠方からも釣り人が訪れる人気の釣り場となっている。

もちろん、今回初挑戦です。
期待が膨らむ。
というから一投目でアジ釣れるイメージ。
c0113733_02283016.jpg
凪らけんいちです。
少し風はありますがスーパーライトゲームにもってこいのシチュエーション。


PE0.6号に4ポンドのフロロショックリーダー、先はアジング用の4グラムのジグヘッドとシラスパターンワームでチャレンジです。まずは深い小木漁港の底をとってから、軽くシャクってリフト&フォールで食わせます。

シュルルルルルルーー。。。。。。。ポチャンっ


底をとって。。。。。


クイッ。。。。。。クイッ。。。。。。

c0113733_22253714.jpg
ジャジャーーーーーーン!


きたっ!ビックアジ!



とは行かず。
c0113733_23294516.jpg
ポツーーーーん
c0113733_23294793.jpg
しーーーーーーん
c0113733_23294820.jpg
・・・・・・・
c0113733_23295009.jpg
し、渋い。(いつもどおり)


それでは夕マヅメまで観光に切り替えましょう。
c0113733_23414588.jpg
大家族と言う名のレストラン。^_^
c0113733_23414752.jpg
がっつり昼食。
c0113733_23414839.jpg
宗玄の蔵元見学。
c0113733_23415057.jpg
コジータさんと宗玄。^_^  デカっ
c0113733_23415134.jpg
そして念願の珠洲市に入り、名勝「見附島(みつけじま)」見物。
c0113733_23500790.jpg
そこからクルマで30分。
c0113733_23500841.jpg
石川県の最北端「禄剛埼灯台」まで行ってきました。
c0113733_23501015.jpg
c0113733_23501238.jpg
特に何もないけどねぇ。
ここにいるってのが意味がある。
c0113733_23501330.jpg
おそらく石川県民でもここまで来たことない人がほとんどないんとちゃいますかな。
 
c0113733_23543098.jpg
夕マヅメの小木漁港に戻ってすこーし釣って帰路へ
c0113733_23543280.jpg
パンサーズの皆さん。
お付き合いありがとうーー!!!!
c0113733_23544121.jpg
c0113733_23544438.jpg
金沢最後の日曜日。
受験合格のさくら🌸を呼ぶも断られ、それを待ってくれていたパンサーズの面々、感謝です。
c0113733_23544637.jpg
思い出が重なるほどに別れは辛くなる


なむー。




by ds-kyo-saku-dai | 2019-03-24 23:25 | ◆釣りに行こう | Comments(0)
私がもう最後ということでパンサーズの面々が週末に能登島まで付き合ってくれました。
c0113733_23471302.jpg
c0113733_23474131.jpg
コジータさんの越冬ギス。
c0113733_23471633.jpg
本日の能登島海釣りセンターはなかなかの賑わいですが、如何せん能登島水族館に来た家族目当ての施設なので9時オープンの17時クローズという「まずめ」を完全に外す形で運営されています。
c0113733_23471882.jpg
なのでメバル狙いだと厳しいですね。
みんなメバル坊主。
c0113733_01292549.jpg
私がついでに狙って置き竿してた仕掛けにかかったカレイ2匹とコジータさんの越冬ギス1匹のみでした。
c0113733_23480368.jpg
場所を変えて向田漁港へ。
c0113733_23480436.jpg
コジータ選手改心のタケノコメバル!
日本でも釣れる場所が限られている伝説のメバル君。
c0113733_23480737.jpg
c0113733_00454734.jpg
お昼ご飯として、昨晩のアロスのパエリアを持ち帰ったものを温めて食べました、むちゃくちゃ美味い。
c0113733_00454854.jpg
カニが入ってます、内子も。
甲殻類のダシはスゴイね、やっぱ。
c0113733_00484891.jpg
おつかれさまっ!
お付き合いありがとうございました!
c0113733_00485020.jpg
なんという清々しい1日だろう。
この楽しみ方は一番贅沢だと思うわけで。
c0113733_00485145.jpg
しかしまぁ寒い1日でしたが。

帰ってパンサーズ晩餐会の準備。
コジータさん、ちゃんとシメてないからまだタケノコメバルくんが生きてました。、
c0113733_01304870.jpg
怒っとる。。。。
まな板の上のタケノコメバル。
c0113733_01304934.jpg
この子たちはぜーんぶ煮付け。
c0113733_01305008.jpg
あとは豚野菜鍋。
c0113733_01305174.jpg
美味かったですな。
c0113733_01305284.jpg
また明日っ!

明日・・・っ!??  (^ ^)





by ds-kyo-saku-dai | 2019-03-23 23:46 | ◆釣りに行こう | Comments(0)

2年9ヶ月

ほぼ日本固有の文化とも言われる単身赴任。
c0113733_23521959.jpg
ラッキー、1人で伸び伸び過ごせるぞと思う人もいれば、家族と離れ1人見知らぬ場所で始まる孤独な生活に苦悩する人もいる。
ユニコーンの「大迷惑」(古いっ)を聞いてどう思うか、それは人それぞれ状況によりけりか。

家族からの手紙を見ながら、人目をはばからず車内で涙した京都駅21時発のサンダーバードから2年9ヵ月。

家族と一緒ではない異様な状態に少しずつ慣れていくうちに、徐々に1人が当たり前の日々が日常となっていく。
それは多分家族側も同じで、父親が居ない家、月に数日だけ滞在する日々、それが当たり前の日常となっていく。
人間、係わる人が少ないほうが楽に決まっている、それがとかく干渉しあう「親と子」なら尚更だろう。
これが単身赴任の一番の恐ろしさであり、一番の功罪だと思う。

自分はこの恐怖を人一倍感じていた。
なので自宅に手書きの掲示板を設けたり、家族新聞やピンポイントでの周知文等を作ってトイレに掲示したり、文明の利器(FaceTime)を積極的に使うなど、できるかぎりのことはやってきた。
また、2日以上の休みとなる場合や、何かの記念日等には可能な限り大阪に戻るように努めたつもりだ。

ただ、やはりそんなものでは圧倒的に失った時間は取り戻せない。
中学入学間もなかったサクラはこの春から高校生に、幼稚園に入ったばかりのケイは年長になる。
c0113733_23541856.jpg
3年は長い。それは思っていた以上に長い。
なので失ったものは大きい、一緒に居られたはずの時間は戻ってこない。

しかし、こうした暗いイメージの単身赴任も(当事者の家族との係わり方や家族状況によっても様々なシチュエーションがあると思うが)、「百害あって一利なし」というわけではなく、実はそれなりに良い面もあることは、単身赴任した誰もが感じるところであろう。

「あぁ、4月から単身赴任・・・・・俺はなんて不幸なんだ」

と思っている人がもしいれば、それは本人の気の持ちようと動き方でベクトルを上向きにすることは可能だと教えてあげたい。
事実、自分がそうだった。

金沢という風光明媚な土地柄や底抜けに優しくて勤勉なメンバーに囲まれていたのが良かったという点もあろうが、自分のこの2年9ヵ月は実に刺激的で、実に興味深く、そして健全で健康的で活気に満ち溢れたものであったと言える。それはこの私のしょーもない独りよがりなブログを見てもらえればよく分かるはずだ。
「DSさん、あんた北陸を満喫しすぎとちゃうかい?」ということである。
そりゃ、もう独りぼっちが確定したんだから、いつまでもクヨクヨしてたら勿体無い。徒歩20分圏内に兼六園・金沢城公園・21世紀美術館・片町歓楽街があり、車で20分で大海原、50分でスキー場、60分で日本3名山の白山、70分で能登島釣りパラダイスに行けちゃうんだから、家でジッとしてる理由がない。

私は「独り」が決まった瞬間から、この「独り」の時間を如何に有効に使いきっていこうかという思考が強く芽生えた。
今しかできないことをやっていこうと思えたのも、この思考のおかげなのだろう。

課長という仕事、コールセンタマネジメントというジャンル、そして職場の9割以上が女性という特異な環境での立ち振る舞い、クライアントとの付き合いなど、業務面ではほぼ全てが「初めて」の経験となった。
生活面では、「初めて」の単身赴任、独り暮らし、自炊など、ここでも初めてづくし。
趣味にいたっては初めて海釣りに時間を費やし、初めて魚を捌いた。昨年釣り上げたシロギスは推定600匹、水産加工場でバイトしているかのような捌きの連続であった。
また、初めてスキーに挑戦し、初めて2000m級の山に登り、初めて犀川と手取川を下り、初めての場所にたくさん行った。これは自分が軽自動車を所有していたことが極めて大きいが、私の欲張りな性格が功を奏したと思う。
結果として、単身赴任当初に駅前で入手した石川県のイラスト地図は「オレここ行ったぞ!シール」で埋め尽くされ、唯一石川県の最北端である珠洲市(すずし)のみが自分のトイレの地図上でノーシールで聳え立っている。
c0113733_23573956.jpg
部屋に水道すらない地獄の共同生活を過ごした1年目から、新築最新マンションに移り住むという経験も極めて印象深い。
c0113733_23582209.jpg
c0113733_23582332.jpg
今のアパートに移り住んでからは積極的にいろんな人を部屋に招き、いろんな人と楽しい時間を過ごせたが、これは地獄の単身寮ではできなかったことであろう。
c0113733_00095235.jpg

また、北陸エリアの年中行事にも参加できた(百万石まつり、福井フェニックス祭り等)し、富山のUさんのおかげでホタルイカすくいやディープな富山も体験させてもらえた。
福井弁、金沢弁、富山弁にも詳しくなった。
地方部のご老人の方言でも違和感なく聞き取れるようになった。

そして、こんな私の金沢ライフを支えてくれたのは誰だったか。
やはり嫁さんとパンサーズの面々、そして会社の上司・同僚があってこそだと心から思う。
まず嫁さんは単身赴任の分割損による経費圧迫をもろに受けてバイトをしつつ、3人の子を優しく厳しく育ててくれた。
さくらは近畿大会を優勝し、全国大会、ジュニアオリンピックまで漕ぎ着けながらも、オール5の学業成績を残し、地域最難関の高校にみごと合格。
ダイボンは中学生として立派に成長したし、ケイは幼稚園の先生から一目置かれるほどに真面目に行事に取り組んだ。
これは単身赴任の父の背中を見せたというより、母の教育の賜物であったといえる。
帰郷したら私のこともあれやこれやと気を使い、文句1つ言うことなくいろんな世話を率先してやってくれた。
まさに単身赴任妻の鏡とも言える素晴らしい動きと気遣いで家族を影から支えてくれた。これには感謝しかない。

あと、北陸パンサーズの3人(コジータさん、ゴローちゃん、日高先生」にはいろいろと助けてもらった。
c0113733_00001961.jpg
何とも言えない一体感はスピード出世してきたわけではない4人の独特の共通点が生み出すものであろう。
c0113733_00030512.jpg
特にゴローちゃんとは趣味自体もそうだが、趣味の嗜好とそれに費やす時間の考え方みたいなものがピッタリ一緒で、一緒に居ても何も気兼ねなく、楽に楽しく時間を過ごせた。
朝の4時に集合して晩20時に解散するなんて、他の誰とやったってしんどかったはずだが、これがゴローちゃんだと不思議としんどくない。
c0113733_00045633.jpg
これは彼もかなり私に気を使ってくれていたおかげであろうが、私個人としてはとても快適で楽しい時間だった、ゴローちゃんありがとう、一生この2年間のことは忘れません。

上司にも本当に恵まれた。
あんな気さくな支店長はいないし、自分のことをよく知ってくれている部長はありがたかったし、頼りになる直属上長(センタ長)は愛すべきキャラクターと迅速な判断力によりいろんな場面で助けてもらった。

同僚やメンバーにも本当に恵まれた。
北陸のメンバー全員が聞きしに勝る勤勉さと人の良さを兼ね備えており、何をやっても全力で応えてくれたし、嫌な顔一つせず頑張ってくれた。
初めて大阪人の悪さが浮き彫りになったというか、自分も含めてこの北陸の皆さんのよさは見習うべきだと心から思った。



というわけで前置きがアホみたいに長くなったが、本日の人事発令により4月1日付で大阪勤務を命ぜられた私であります。
3年居ると勝手に思い込んでいたので、残り3ヶ月のいろんな予定もあったのでびっくりしたが、とにかくこの「当たり前になってるけど異常な状況」である単身赴任が一旦解消されることは喜ぶべきことで、これに向けて尽力してくれたであろう上司や周りの人たちに感謝したい。


最後に、

「単身赴任、やってみてどうだった?」

と聞かれれば

「死ぬまでに1度はやったほうがいいと思うけど何度もやるべきものじゃないと思う」

と答えることにしよう。

単身赴任は「楽」だ。
家の面倒なことは全て妻に丸投げ、自分は一人で「楽」
妻は旦那のことを気にしなくていいから「楽」
子どもは父親に口やかましく言われることもなく「楽」
地獄の満員電車から一転、通勤は徒歩圏内で「楽」
通勤時間がないから朝はゆっくり寝られて「楽」
朝ゆっくりなので夜もゆっくりで「楽」

こんな一時的に「楽」を体感してしまうと、元に戻ったときに支障がでる。
なので何度もやるものじゃない、一度でいい。



4月からの担当は激務だろうけど、家族で一緒に過ごせる幸せを噛み締めながら、北陸でお世話になった人たちを思い出しながら、きっと前向きに仕事ができるに違いない。

また、失った3年を取り戻すべく、家族、特にケイとはトコトン付き合って、たくさんいろんな体験をさせてやろうと思う。毎週エリシオンの3列目を、取り外して、ケイと車中泊で楽しもう。


残り2週間の金沢ライフ。
更に充実させて、仕事も遊びもやりきって出て行こうと思う。
このブログの「DS金沢単身生活」もそろそろ最後の更新のときが近付いている。


長文、最後まで読んで頂きありがとうございました。













by ds-kyo-saku-dai | 2019-03-18 23:36 | ◆北陸日記(単身赴任) | Comments(8)

オーラスからのタカオカ

オーラス恋人選び。
c0113733_20484122.jpg
「オーラス(オールラスト)」を思い出したら、自然と「オーラス恋人選び」が頭に浮かぶ44歳。
昔大好きでよく家族で見てた「なるほどザ・ワールド」の最後のコーナーですな。
この頃は海外ロケの番組が珍しくて、今みたいに動画とかが乱れ飛んでないからホントにみんなでビックリしたり感心したりしながら見てたもんですが。やっぱ昔の方が情報は豊かだったなぁ。

そう、オーラス。
c0113733_21095410.jpg
今シーズンのスキーはホンマ今日でおしまいです。
c0113733_21095579.jpg
富山県南砺市「たいらスキー場」
c0113733_21102174.jpg
富山県スキー選手権開催につき、5時間券が1500円。
c0113733_21121294.jpg
これが500円引きになります。¥チーン。
c0113733_21121336.jpg
昨晩だけでこんなに降ったみたい。
五箇山付近の山はまだ雪が降るわけですな。
c0113733_21133713.jpg
ガスってます。
c0113733_21134519.jpg
c0113733_21134752.jpg
c0113733_21134969.jpg
まぁまぁ怖い。
せっかく2級取ったのに最後に骨折りましたではカッコ悪すぎますので。
c0113733_21175833.jpg
スキーの試乗会やってました。
1000円払って試乗する気にならんかったのでスルーでしたが。
c0113733_21180075.jpg
c0113733_21180254.jpg
もうホンマにオーラスですねん。
なので釣具と車の中でコラボしてます。
c0113733_21322569.jpg
ではでは、ここから高岡市へ向かいましょう。
c0113733_21325697.jpg
オッと。その前に福光のチューで天津飯。
これ絶品なのは前にご紹介した通り。
c0113733_21325833.jpg
あとは道の駅で高岡に持っていく手土産を購入。
富山の味を知り尽くしたUさんに富山の酒とはこれいかに。^_^
c0113733_21330045.jpg
途中少しアウトレットに立ち寄り、ダイスケのシューズを購入。
c0113733_21330214.jpg
ほんでもって、なぜか屋上にパトカーがいる例の建物を通り過ぎて高岡市内へ。

今日はこれまで何度もお世話になったUさんにお招き頂き、高岡の地元の美味いもの巡りに連れて行ってもらう日なり。
c0113733_22132185.jpg
「金沢が魚が美味いって言っても、やっぱり魚は富山が一番美味い」by Uさん
バイ貝、ガス海老等々、ホンマに美味かった。
c0113733_22192659.jpg
あとは3軒ハシゴ酒。
最後の締めは地元のマニアックな中華屋さんのカツ丼、餃子、春雨炒め。
これはホンマに地元の人しか知らん旨さです、強烈に美味かった。

そのままご自宅に泊めていただくという中学生のような私です、Uさん本当にお世話になりました、ムチャクチャ楽しかったです。

ほんま、北陸ええとこ、ええひとです。





by ds-kyo-saku-dai | 2019-03-16 23:37 | ◆スキーに行こう | Comments(0)

履き替え

さぁそろそろ履き替えようかなー。
c0113733_22442703.jpg
と思うのは皆同じタイミングなので、通常ガソリンスタンドなどに頼むとめちゃくちゃ混むのは必然。
金沢に来た1年目なんてのはまぁもう交換するのがめんどくさかったので、交換セットを購入し、昨年からは自分でやってます。
c0113733_22483345.jpg
もう雪も降らんしね。
c0113733_22483445.jpg
グイッグイッとあげまして
c0113733_22483730.jpg
こうかーーん。
c0113733_22483823.jpg
あとでローテーションしやすいように履いてた箇所をペタリ。
c0113733_22484035.jpg
あとあるとかなり便利で安心なのがこのトルクレンチです。車の車種によってタイヤのネジの締め付け度合いが違うのでこれで弛みすぎと締めすぎを防止。

30分で作業終了ー。

アァ、疲れた。


まぢかーっ
c0113733_22515111.jpg
c0113733_22515381.jpg
c0113733_22515447.jpg
北陸の春を舐めてはいけませんな。


でもまぁ平地で積もることはないな。
大阪に帰ってもスキー続けるのでタイヤ交換はこれからもやり続けることになるのでしょうね。






by ds-kyo-saku-dai | 2019-03-11 23:44 | ◆北陸日記(単身赴任) | Comments(0)

メバルマン

釣りの前夜。
c0113733_01411617.jpg
はやく寝ようと思ってるのに、あれやこれやで結局いつも通りの時間になるってのは釣りあるある。
海釣りにハマって誰もが思うPEラインのトラブルの多さと、ショックリーダーの結束の難しさ。
これを解消しようとあーだこーだしているとどんどん時間が過ぎていくわけで・・・・・。
c0113733_01405077.jpg
この日の集合は午前2時。
ただし寝たのは午前0時半。
しかしテンションが上がっているので全く眠くない。

SAJ検定2級のゴロー先生と2人で「凪」の聖地、能登島へ。車で1時間15分の小旅行です。
食いの渋いこの時期でも波止場から狙える春告魚のメバルがターゲット。餌ではなく疑似餌で狙ういわゆるメバリングで、これをランガンでやっていこうという計画。

夜ならガンガン釣れるという通(とおり)漁港へ。
c0113733_01405288.jpg
ガオスくんもメバル狙い?
ハシビロコウの如くジィ〜〜っとしてます。
c0113733_01405350.jpg
既に来客あり。
さて、釣れるかな。
c0113733_01405406.jpg
さっぶいです。
夜行性の魚を釣るっていうのは昼夜逆になるのでやっぱり健康的ではない。、
c0113733_01405614.jpg
入れるとすぐにコンコンっというあたりがあり、カッと合わせてスッと釣る「入れ食い」状態!

なわけもなく、しぶーーーい時間が過ぎていく。
気温3度、手がかじかむ寒さ。

何とか1匹良型をゲットし、次の漁港へ
ホントは入れ食いの予定やったのにー。
c0113733_01562994.jpg
しかーし、なかなかこれが釣れんわけで。
c0113733_01581615.jpg
さらに場所替えしてもダメ。

ならばもういくしかない。
c0113733_02020606.jpg
のとじま水族館奥の「能登島海釣りセンター」へ
c0113733_02025200.jpg
9時開場。利用料金を510円払って水深10メートルの釣り用の桟橋まで数分歩く。
c0113733_02025392.jpg
こんな感じ。
アミアミの床なので携帯落としたらアウトです。

一投目でガシラゲット。
その後ジグパラマイクロ(3グラム)でメバルゲット。
c0113733_02055138.jpg
ゴロー船長は美味しい美味しいタケノコメバルくんをゲット。
c0113733_02142478.jpg
その後もナイスサイズのメバルゲット。
楽しい釣りになりました。
c0113733_02150789.jpg
24.6センチのメバルくんは月間メバルランキングの1位らしく、記念撮影されることに。^_^
c0113733_02150861.jpg
妙な感じだー。^_^


晩はもちろん煮付けコース。
c0113733_02183523.jpg
棘だらけの彼らの棘という棘をハサミで切り落とします。
c0113733_02183609.jpg
こーんな感じです。
以前メバルの腹棘に刺さって1時間毒で痺れて痛かったので。
c0113733_02183828.jpg
生姜を入れて
c0113733_02183943.jpg
さっと湯通ししたメバルマンたちを入れる
c0113733_02184111.jpg
アルミホイルで落し蓋
c0113733_02214811.jpg
うんまそぉーー。
c0113733_02215052.jpg
煮付けは意外と簡単。
c0113733_02215127.jpg
豪華やねぇ、高級魚メバルくん定食
c0113733_02215308.jpg
24.6センチのメバルのこの部分がたまらんかったです。
c0113733_02215473.jpg
これーっ!

なんて美味いんやろね、メバリンは。

この日は死んだように眠ったことは言うまでもありませぬ。

by ds-kyo-saku-dai | 2019-03-10 23:39 | ◆釣りに行こう | Comments(0)

ラストチャンス

42歳半で始めたスキー。
スポーツデポの店員さんに「さすがに1級は無理でも、2級なら頑張ればひょっとしたら取れるかもしれませんよ」なーんてと言われて金沢在住中の2級取得宣言しちゃった私。

先々週にチャレンジするも見事桜の如く散った私とゴロちゃんの背中を押すように「再チャレンジするんやろ?」と何度も問いかけてくれたU師匠の期待に応えるべく、私とゴローさんの2人は富山県へ・・・・。
c0113733_23343615.jpg
かーなりモチベーションは下がってたんですけどね。師匠の推しをこれだけ受けたら無視できん。。
富山県福光地区、目指すスキー場は平スキー場です。
c0113733_23343837.jpg
アパートから1時間以内でこの景色になるこの変化の度合いがいつもいつもすごいと思う。
c0113733_23361043.jpg
c0113733_23361236.jpg
これだけ季節外れの温暖が続く北陸でも、朝のスキー場はこんな感じ。思いっきり凍結してます。
c0113733_23361323.jpg
なんと!国体だったとは!!^_^
c0113733_23361455.jpg
本日はスキーのレーシングの大会がありコースが規制されていたため、リフトは1日券でも2000円です。

まず受付で2級テスト会のエントリーフィーを払う。ほんでもって13時からの検定に先駆けて事前講習を受けることに。

「単身赴任で大阪から来てるんです。なので頑張りますから通してくださいね」

と、卑怯なまでに検定員に媚びを売る私とゴロー選手。ゴロー選手は住所記入欄に大阪の自宅住所を書き、私は何としてでも今日2級が取りたい旨を話す。

しかしまぁ、そんなものが通用するわけはありませぬな。
c0113733_23400618.jpg
c0113733_23400724.jpg
c0113733_23400848.jpg
しかしまぁいい天気。
おかげで午前中アイスバーンだったバーンも刻一刻と状況が変わっていくんですけどね。
c0113733_23401046.jpg
c0113733_23401142.jpg
立山連峰がきれいに見える中、事前講習と検定本番は終了。整地大回り、小回り、シュテムターン。
多分落ちたやろうと思いながら、発表時間までゴロー先生と最後の滑り納め。
c0113733_00343415.jpg
もう今シーズンのスキーは終わりでしょう。


で。。。。。


結局。。。。。。。


結果は。。。。
c0113733_00291407.jpg
う、う、う、受かりましたっ!
ゴローさんと手を取り合って大喜び!
c0113733_23434984.jpg
ダブルで2級合格ってのが嬉しいかぎりです。

頑張ればある程度はできる。
始めるのに遅いと言う事は無い。
自分にとってのこのスキー検定2級を42歳からの2年で取れたと言うことは相当な自信になりました。

ひさびさに心の底から嬉しかった〜。
44回目のスキーで上中級者の証であるバッヂテスト2級合格、いやぁ、頑張って滑ってきてよかった。

この北陸の地をもし離れても死ぬまでスキーは続けていこうと思います。最も衰えやすい太ももの筋肉を鍛え、維持するには持ってこいのスポーツだと思いますね。

c0113733_23574205.jpg
キリのいいとこで、今シーズンは終わりにしましょか。記録的な大雪だった去年と打って変わって、記録的な少雪と温暖な気候で、北陸周辺の各スキー場は軒並み閉鎖ですから。

さぁ、そろそろメバリングでっしゃろかいね。









by ds-kyo-saku-dai | 2019-03-09 23:26 | ◆スキーに行こう | Comments(2)

春の色

地元のシノブさんから聞いた「春乃色食堂」
c0113733_00032109.jpg
検定終わりにハイテンションのまんま行ってみました。もうこんないい日はあとどんなマイナス要素が来ても大丈夫やー。
c0113733_00032260.jpg
で、これです。
「春乃色食堂」
c0113733_00032422.jpg
どっかの過疎化地域で廃校寸前の分校みたいな佇まい。
c0113733_00032611.jpg
時が止まってます。
c0113733_00032832.jpg
有名人のサインがズラリ。
c0113733_00350309.jpg
なんともまぁええ雰囲気です。
c0113733_00350517.jpg
c0113733_00350798.jpg
もはやここまで古いと「売り」になる。
c0113733_00350989.jpg
名物はおでんとラーメンだそーで。
c0113733_01350696.jpg
ラーメン480円。
素朴で味わい深いお味です。
c0113733_01350934.jpg
c0113733_01351106.jpg
おでん、うんまっ。
c0113733_01351501.jpg
からしの容器味ありすぎ。


c0113733_01371480.jpg
c0113733_01371656.jpg
昭和27年から続く老舗のラーメン屋さん?でした。味はほんのり美味しくて店内はがっつりおばあちゃん家といった感じでした。

シノブさん情報ばっちりでした。


by ds-kyo-saku-dai | 2019-03-09 23:02 | ◆北陸日記(単身赴任) | Comments(0)