金沢単身赴任から帰った中年リーマンのしょーもない日記


by ds-kyo-saku-dai
カレンダー

<   2017年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

犀川チャレンジ

金沢を代表する文豪、室生犀星ゆかりの犀川。
c0113733_14274252.jpg

雄大で穏やかな流れと、広く美しく整備された芝生がコラボする河川敷は、金沢市民の憩いの場所となっている。

以前、「犀川散策」(http://dscolumn.exblog.jp/26218458/)の投稿で、犀川を自転車で遡上した結果、「ダウンリバーは基本なし」と結論付けたものの、それはあくまでも渇水時のはなしで、増水時はどうなるのか見たことがない。

そんな中、ネット上に犀川をプレイボートでダウンリバーしたという記事を発見。記事はこれ一件だけだったけど、途中には大会を開けそうなくらいのウェーブホールがあったり、スポットで遊べる瀬もあるようだ。
c0113733_14274358.jpg

こんな放水口はさすがにないやろうけど、見に行ってみたい。


日曜日は朝から出勤し、みっちりお仕事して、昼から自宅へ戻り、
c0113733_14274347.jpg

またまた自転車とカヤック乗せて、今度は犀川上流へ。
c0113733_14274451.jpg

おおおー。
コーヒー牛乳なれど比較的穏やかな流れ。
グーグルマップを駆使しながら、あっちこっちの橋から視察です。
c0113733_14274509.jpg

マップ上で狭くなってる部分には、これだけの川幅分の水が一気に流れてるわけで、要所要所はパワフルに違いない。
c0113733_14274556.jpg

この堰堤はポーテージできなさそう。
なのでこの下流からどこまで行くか。
c0113733_14274621.jpg

田んぼの脇から別の堰堤を視察。
左岸側からポーテージ可能みたい。
c0113733_14274758.jpg

ここが恐らく核心部。
c0113733_14274773.jpg

複雑に入り組んでいる。
有田川の明恵峡にも少し似ている。
恐らく大丈夫かな。
c0113733_14274811.jpg

スタート地点にカヤックを置いて、ゴールは山側幹線の橋の下。
全長6キロ程度のダウンリバーかな。
ゴール地点にクルマを置いて、自転車でスタート地点へ。

なんせ1年ぶりのカヤック。
最初はグラグラと落ち着かない。
こんなに不安定やったっけ?

徐々に思い出す。
途中いい感じのウェーブが何個かあって、久々に波に乗る感覚を楽しむ。
「やっぱこれやな〜」
楽しいなぁ、カヤックは。

その後も見事なウェーブホール。
落差があって入るのが怖いくらいだったが、恐らくこれが大会を開けるくらいのスポットなのだろう。

二股に分かれる川をどちらか選択するドキドキ感は久しぶり。
右岸!と決めて下ったらマキマキのホールと岩でポーテージしたくなる3.5級の瀬が。
斜面はうっそうとした森、流れが速くて引き返せず、思い切って突破。(怖〜)

なんだかんだで2時間ほどのダウンリバーは無事終了。
カメラがないので瀬の写真は撮れなかったけど、最後にポーテージしたビッグホールがあり、もう少し水量が少なければ遊べるポテンシャルを秘めてそう。
c0113733_14294426.jpg

ゴール地点では大学生と見られるパーリーピーポー達が飲酒運転丸出しで河原占拠のBBQをしていて、いきなり上流から流れてきたので、かなりびっくりされました。
やはりこの辺ではカヤックを見かけないみたいだ。
c0113733_14294549.jpg

マンションに戻り、自転車で身体をほぐしに夕暮れの「しいのき迎賓館」へ
今日はアカペラ選手権をやっていたみたいで、金賞を取った同志社大学のアカペラサークルが鳥肌もので上手かった。
c0113733_14294593.jpg

晩はスーパーのお刺身。
20%引きでも金沢港朝獲れ。
うまいね、金沢。






by ds-kyo-saku-dai | 2017-08-27 23:04 | ◆カヤックに乗ろう | Comments(3)

手取川チャレンジ

木曜日に福井で一時避難命令が出るほどの大雨。
金沢居残りの今週末は、手取川あたりがカヤックにはちょうどいい水量になってるかも。

天気も良いし、水量が多ければサイクリングに切り替えよう。


ということで、マンションの納屋から
c0113733_22533016.jpg

愛艇を引っ張り出しまして(ほぼ納屋入口満タン)
c0113733_22533145.jpg

ムーヴに乗せて、自転車も乗せるとこんな感じ。
何でも乗るもんです、軽自動車やるな。
c0113733_22533110.jpg

大好きな白山市へ向かいます。

車で40分ほど。
c0113733_22533266.jpg

予想通り、下流はコーヒー牛乳。
こりゃあかんかなぁ。
c0113733_22533307.jpg

おー。
支流から本流へ流れ込む部分。
支流のほうがやはり少し水がキレイだ。


私は知っている、橋の上から見るのと実際に下るのとでは印象が5倍以上違うことを。

ここで沈して起きれなかった場合、脱艇したあとは天然のボディジェットコースターが待っている。

その後も車を走らせて、
c0113733_22533306.jpg

スポットプレイでその場で遊べないかと支流を遡るが、これもなかなかの迫力。
c0113733_23121945.jpg

狭い川幅に集中するのはやはりpowerful。

うわー。
c0113733_22533466.jpg

こっちにルート取ってたら死んでるな、これ。
私は知っている、こんなコーヒー牛乳のような大河川は基本的に1人で下ってはいけない。


手取川は堰堤が多い。
c0113733_22533595.jpg

こんなシュートにハマったら最後、いや最期。
見ているだけで怖いな。

c0113733_22533581.jpg

いろいろ支流も見てみたけど、自分1人では自殺行為ということでダウンリバーは断念。

自転車を取り出しまして、
c0113733_22533691.jpg

手取渓谷から一里の温泉までのヒルクライムとしました。

青い空、白い雲、黄色の稲穂、緑の木々。
c0113733_22551471.jpg

登れば登るほどに気温が少しづつ涼しい。
c0113733_23122027.jpg

と言っても真夏は真夏。
c0113733_22551525.jpg

2時間登って気分が悪くなりかけたので、43歳のおっさんは無理せずに山道を颯爽と下りました、気持ちええ〜〜。


黄昏の金沢西町。
c0113733_22551663.jpg

しいのき迎賓館でフラとウクレレのイベントやってました。ここは夕日がキレイですわ。
c0113733_22551659.jpg



晩は牛肉と玉ねぎの炒め物とトマトと冷奴。
c0113733_22551763.jpg

ほんで晩酌は氷見漁港朝獲れアジのお刺身(おつとめ品」と日本酒。

寂しいが楽しい土曜日でした。









by ds-kyo-saku-dai | 2017-08-26 22:48 | ◆カヤックに乗ろう | Comments(0)

小倉へ

珍しく出張です。
c0113733_23532085.jpg

飛行機も久々。(^_^)
c0113733_23532086.jpg

北九州は小倉市へ。
集合会議です。
たまたまですが、私の誕生日だったりします。

小倉は初上陸。
ヤクザ屋さんの街という印象しかない。

仕事はもちろん超真剣にがんばりましたよ。
c0113733_23532149.jpg

ゴマサバ、美味かったです。
c0113733_23532227.jpg

ホッケもね。

街全体は「昭和」といった雰囲気。
c0113733_23532279.jpg

金沢のような情緒はなく、昭和で止まってしまったような、そんな街並みが印象的です。
やっぱり金沢の雰囲気はなかなかよそにはないなと。
c0113733_23532393.jpg

昼休みがてら、気になっていたTOTOミュージアムへ。
c0113733_23532349.jpg

c0113733_23532471.jpg

過去最高評価なり。
c0113733_23532491.jpg

こんなデキのいいミュージアム、有料でも他にあるかな?
c0113733_23532507.jpg

ちなみに無料。
パッと見ただけで10人は案内の方々いてはりましたね。TOTOさん、儲かってるとみました。

とにかく充実のミュージアムです。
なかなか行けないと思いますが、近くにと立ち寄った際には行くべきでしょう。

サッと見れば1時間程度で見れますが、じっくり見るのもいいと思います。
TOTOって凄いなと純粋に思いました。
トイレ、キッチン等の水まわりを制するものは強いわ。
c0113733_23555760.jpg

バイク?
c0113733_23555763.jpg

ベンキーバイク。
これで1400キロ日本縦断したそーな。

c0113733_23555882.jpg

c0113733_23555811.jpg

いろんな展示があって、ホンマにええミュージアムでした。







by ds-kyo-saku-dai | 2017-08-23 23:04 | ◆北陸日記(単身赴任) | Comments(0)

比例

家にいる時間と単身赴任先に帰る時の寂しさは比例する。
c0113733_22131690.jpg

ですね、チビがいると尚更。
夏休み・・・・あっという間ですねぇ。
c0113733_22131684.jpg

そうそう、最終日に衝動的にいきなりステーキいってみました。
c0113733_22131747.jpg

うまい!が。
やはり能登牛のほうがうまい。
そりゃそーか。
c0113733_22131816.jpg

ケイは晩の手巻き寿司の酢飯を食べまくってました。
c0113733_22131801.jpg

うまいんだなぁら、これが。

c0113733_22131956.jpg

こうしてあっという間に単身赴任生活へ。
c0113733_22131992.jpg

c0113733_22132003.jpg

これはこれで寂しくもあり、楽しくもある。
微妙な状況やね〜。

がんばりま!


by ds-kyo-saku-dai | 2017-08-20 23:04 | ◆北陸日記(単身赴任) | Comments(0)

川遊び

ケイと2人で朝から奈良の山奥へ
c0113733_18333952.jpg
ドラえもんのDVD3枚とDSとブロックとエグゼイドを装備して、お座敷列車並みの待遇で搬送されるケイ坊。^-^
c0113733_18334076.jpg
c0113733_18333967.jpg
もはやメジャーとなってしまったか、奈良県N奥川。
珍しく帽子を被るケイ、珍しくライジャケを嫌がらなかったケイ。
c0113733_18400002.jpg
いつになく逞しくお稲荷さんを頬張る。
c0113733_18395976.jpg
冷え冷えのノンアルうめぇ
c0113733_18395923.jpg
おそるおそる川へ入るケイ坊。
その後はせっかくのKEENを脱ぎ捨てて裸足で歩く歩く・・・。
c0113733_19224282.jpg
よいしょ
c0113733_19224205.jpg
うんしょ
c0113733_19224259.jpg
そして見る
c0113733_19224154.jpg
のぼる
c0113733_19254228.jpg

3点で支えながら旨く歩くのに感心。
c0113733_19254256.jpg

2時間で「もうかえろ」と言うと思ってたのに、4時間半も居ました。 ^-^
c0113733_19281315.jpg

前来たときはこんなのだったんですけどね。
c0113733_19281294.jpg

c0113733_19281289.jpg
大きくなったもんです。

終始ごきげんで終了。
c0113733_19254236.jpg
エエ川です。ここは。
残念ながら直火でのBBQ、その後の網もコンロも捨てっぱなし等、ゴミが増えてました。
極めつけは道端に大便とトイレットペーパ・・・・もう死んでくれ。


2人で馬酔木で焼肉。

c0113733_19281256.jpg
楽しい1日でした。
やっぱ綺麗な川で遊ぶのは最高。
c0113733_19503595.jpg
またこような。







by ds-kyo-saku-dai | 2017-08-19 22:33 | ◇ケイこらむ | Comments(4)

灼熱のひらぱー

灼熱のひらぱーへ
c0113733_18173629.jpg
ケイと大と3人で行ったんですけどね。
ひらぱーは鈴鹿サーキットモートピアと大きく違って、自走系の乗り物が極端に少ないわけで。
ケイが1人で乗れるのはたったの2アトラクションのみ。
あとは「15歳以上」の付き添いが必要。
この「15歳以上」の制限が、今回の我ら3人を苦しめる・・・。
c0113733_18173716.jpg
c0113733_18173766.jpg
わが子が歴代乗ってきた「サーキット2000」
これに乗っているケイが見たかったのが今回の目的。
楽しそうでした。 ^-^
c0113733_18173644.jpg
あとは何をするにも15歳以上=つまり私の同乗が必要で、ダイスケに任せられないジレンマ。
結局私はレッドファルコンに1回乗っただけ、あとはケイのおこちゃま乗り物に乗りっぱなし。
c0113733_18173699.jpg
c0113733_18173668.jpg
しかしまぁ暑かった、なんせ暑かった。
選択としては失敗やなぁ、真夏のひらぱー、もう行きません・・・。
c0113733_18225448.jpg
マイナス20度の世界を体験できるカチンコチンが一番盛り上がった。 ^-^

c0113733_18225401.jpg
2017年、夏の良い思い出です。


by ds-kyo-saku-dai | 2017-08-17 22:17 | ◇子供と施設へ | Comments(0)

真夏の公園の遊び方

気温35度を超える猛暑日。
公園でバーベキューする家族や、虫取りをする家族などを見かけるけど、子供の顔は真っ赤で、何だか目もうつろなような・・・・

大人よりも暑さに弱い子供を真夏の公園で遊ばせるなら、親水公園(噴水とかで濡れて遊べる)などで濡れて遊べるところを選ぶべき。
c0113733_03254049.jpg
とにかく濡らすのが良いですね。
バザーで買った噴水ポンプが大活躍。
(できれば服を着たほうがいいですが、このときのケイはハダカを希望)
c0113733_03254013.jpg
大とケイとパパで蝉を水鉄砲で何匹びっくりさせられるか選手権で盛り上がりました。
やはりかなり楽しいっす、これ。
c0113733_03254003.jpg
もうこの子を背負って自転車に乗るのは限界。
さすがに危ないのでやめときます~。



この日は昼からボーリングでした。
c0113733_03374861.jpg
c0113733_03374878.jpg
c0113733_03374714.jpg
テッパンやね、ボーリング。
できればボロボロのシューズは無料で貸し出してほしいもんですが。 ^-^:



by ds-kyo-saku-dai | 2017-08-16 22:32 | ◇子供と公園へ | Comments(0)

ミナミぶらり

気温25度の天川村から、気温35度、体感温度40度の大阪市内へ
c0113733_03155904.jpg
私の腕時計を散策しに、ミナミをぶらり。
c0113733_03155876.jpg

すんごい人で更に暑さが増す。
c0113733_03155880.jpg

盛り上がらんぶらり旅となりました。 ^-^
なんせ暑いわ~。
c0113733_03155939.jpg

家族の皆さん、お付き合いありがとうございました~。


天川村に戻りたい・・・・・ ^-^
なんでわざわざこんな暑いところに自分は住んでるのか分からんようになりますな。


by ds-kyo-saku-dai | 2017-08-15 23:15 | ◇子供と歩く | Comments(0)
3日目の朝です。
綺麗な朝の景色に怪しげな煙を発見。
朝の6時半から川原でバーベキューするバカを発見。
川原でのバーベキューは禁止なんだけど、どうしても後を絶たないみたい。
c0113733_02503095.jpg
終わった後の炭は是非カバンに入れて持って帰ってもらいたい。
c0113733_02503046.jpg
しかしまぁ、これだけ雨に降られない白の平は記憶が無いです。
今回はまさに快晴のキャンプでした。
雨も風も羽蟻の大量発生も無く、蚊にもブヨにもアブにも噛まれず、無傷のキャンプ。
c0113733_02502937.jpg
こんなに快適なキャンプは久々かも。
どうしてもキャンプは「楽しい」と「辛い・面倒」が半々なので。

2人にフルで手伝ってもらって撤収。
c0113733_02561358.jpg
昨日ダイスケが捕獲したカナヘビを逃がす儀式を開催。
c0113733_02561397.jpg
ダンゴムシも触れなかったケイが暴れるカナヘビを笑顔で摘む。
今回のキャンプの目的を1つ果たした瞬間。
c0113733_02561217.jpg
チェックアウト後は川で遊んで、遊んで、遊んで帰りました。
c0113733_02585505.jpg
c0113733_02585575.jpg
c0113733_02585472.jpg
何度も書きますが、ホンマにチベたいお水です。
一体何度くらいなんだろか。
スイカが冷えます、普通にね。
c0113733_02585405.jpg
昼ごはんはお揚げさんと豆腐と・・・・・その他もろもろ。
c0113733_03010492.jpg
というわけで、7年連続9回目の白の平オートキャンプ場へのママ抜き4人旅は無事終了。
天候に恵まれ、冷たい水遊びや昼夜の寒暖差に体調を崩すこともなく、更に虫刺されゼロで楽しく過ごせました。
勉強と水泳部とスイミングクラブの掛け持ちでマジで3日しかないオフを快く全てキャンプに費やしてくれた姉ちゃんと、喧嘩しながらもよくケイの面倒を見てくれたダイボンに感謝。

来年は最悪ケイと2人になるかもしれませんが、キャンプは続けて行きたいと思える良いキャンプでした。
来年でキャンプを始めてちょうど10年。
テントやタープの痛みが激しくなってくるのも納得ですが、しばらくこのまま頑張って続けていこうと思います。


カキさん、いろいろ差し入れありがとうございました。

by ds-kyo-saku-dai | 2017-08-14 23:47 |  ⑫白の平AC | Comments(4)
爽やかな朝です。
昨晩は裏のサイトの親子が12時までテントの中で風船で遊んでたり、前のサイトのグループが21時から宴会開始となったり、普段からキャンプしない人たちの存在を感じた晩となりましたが、熱帯夜とは真逆のとっても寒い晩に感動し、体調を崩しそうになる自分に歯止めをかける夜となりました。


朝ごはん食べたら山上川上流へ探検。
c0113733_02281113.jpg
相変わらずのいい景色です。
山間部の支流をカヤックで下るときに見える景色のような。
c0113733_02281224.jpg
水は綺麗、だけど泳ぐには冷た過ぎるのが難点。
c0113733_02281269.jpg
c0113733_02281106.jpg
のどかな時間でしたね。
ゲームで負けたら、勝った人が投げた魚取り網を潜って拾いに行く罰ゲームをダイスケとやりましたが、さすがに体に応えましたね。
おそらく寿命が2ヶ月ほど縮んだはず。
c0113733_02414787.jpg
なんか見つけたみたいです。 ^-^


c0113733_02281205.jpg
昼は素麺。
簡単に~。
c0113733_02281148.jpg
カキさんから鯛を生ハム仕立てにしたおつまみの差し入れ。
これ、旨いっす!
サラミも頂きまして、何やら貰いすぎの我が家。


ぶらぶら温泉街を散策しながらお風呂に行くのが我が家の定番。
c0113733_02363365.jpg
あ、寝た。
この後、3人の子供達は全員昼寝となりまして、初めて車で温泉へ。
c0113733_02363367.jpg
ちょっと並びましたが駐車場には入れました。
洞川温泉センターは大繁盛。
男性の洗い場で15分待ったのは生まれて初めてかも。
c0113733_02363260.jpg
橋の下のアマゴに食パンをあげるのも定番です。
c0113733_02370552.jpg
晩はBBQ。
ママがこれなかったので少し寂しいBBQでしたが、ハイテンションのケイが大いに盛り上げてくれました。
c0113733_02363286.jpg
ここでまたまたカキさんから、スモークした生クリームを使ったアイスとイチジクのスイーツの差し入れが・・・・。
おそらく高級料亭やホテルのレストランで出てきても全く遜色のないハイレベルな逸品でした。
ホンマ、ありがとうございます。
c0113733_02414212.jpg
お兄ちゃんになってきたな~。
楽しそうにすごす次男坊を見てそう思う。
c0113733_02414333.jpg
花火で締めくくりです。
姉ちゃんの格好を見ても気温の低さがよく分かる。


空は星だらけ。
ペルセウス流星群、パパだけ見れませんでした。



by ds-kyo-saku-dai | 2017-08-13 02:26 |  ⑫白の平AC | Comments(0)