金沢単身赴任中のリーマン日記


by ds-kyo-saku-dai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2016年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

BOKETE

優良アプリの「BOKETE」をご存知でしょうか。

お題の写真に対してボケを投稿し、ネット上で採点していくものです。
c0113733_2356461.png

c0113733_235986.jpg

c0113733_2359151.png

c0113733_23592335.png

たまに電車で見るとプッと噴出しそうになる。
大好きなアプリです。


この写真に何かボケを入れれないかなぁ
c0113733_041045.jpg

こうして入れてみるとなかなか難しいものです。


こんなのも全てひっくるめて「センス」なんですね、センス。
by ds-kyo-saku-dai | 2016-06-29 00:04 | ◇DSリーマン日記 | Comments(0)
我が社の6月末は別れのとき。

必然的にリーマンたちの集いが増えます。
c0113733_23255870.jpg

あ、これは昼の社員食堂でのおいちくないメニューですが。
c0113733_23262991.jpg

タルタル好き・マヨ好きの坊くんにかかるとこんな感じ。
スノーカツと呼ばれておりました。(しぬぞ)

死ぬぞと人に言ってる場合じゃなく
c0113733_23271832.jpg

最近の私の血圧はうなぎ上り。
先日心臓の検査を受けましたが異常なし。
とりあえず軽い降圧剤を飲みだすというオッサンっぷりです。
金沢行ったら痩せよっと。


先日は旧部署で送別会を開いてもらいました。
c0113733_23283581.jpg

c0113733_2329563.jpg

マカオの星、タティンポーハゲタケさんです。
c0113733_23294630.jpg

c0113733_23295868.jpg

いやぁ、まぁなんとも楽しい会、大切な時間でした。
c0113733_23314562.jpg

c0113733_23315681.jpg

こうしていつも集まってくれる先輩と後輩がいるってのはいいですね。
しっかり次のステップへ送り出してもらえる感じがします。
c0113733_2335839.jpg



この他にもいろいろ飲み会はあったんですけどね。
うちの担当で行った飲み会では、ナカッチとペス太郎のサプライズな仕掛けに思わず泣きそうになってしまったオッサンです。
c0113733_23362739.jpg

ほんま、この2人には助けてもらってばかりです。
優秀で忠実で謙虚で楽しい仲間。
c0113733_23371955.jpg

c0113733_23373191.jpg

血圧上がりそうな・・・・^-^ うまいものだらけ。

部全体の送別会もありましたね。
c0113733_2338360.jpg

c0113733_23384123.jpg

うどんやで二次会。 ^-^
このままキャバクラとかに連れて行かれる上司じゃなくて本当に助かってます。


今日は兼ねてから一緒に飲もう!と言っていた豪傑M嶋くんとJIROさんとの飲み会。
c0113733_23392827.jpg

推定合計体重300kg弱の巨体が谷町4丁目方面へ向かう姿は勇壮でありました。
聴けばこのM嶋くん、度肝を抜くほどの食欲の持ち主だとか。
c0113733_23411326.jpg

この腹でまだ30代前半と来たモンだ。
豪傑を地で行ってる感じの風貌と、中身を備えたナイスガイです。
c0113733_23421425.jpg

さぁ、一軒目!!飲むぞ!!
c0113733_23424376.jpg

の前にラーメン。
飲み会の前にラーメンは私史上初です。
c0113733_2343136.jpg

旨い・・・・ここはうまい。
c0113733_23434374.jpg

僕が3分の1食べる前に食べ終えていたM嶋くん。
早速替え玉を2つ投入。

この一軒目の時点でもはや終了しても良いくらいの腹いっぱい状況に。
c0113733_23445124.jpg

で、秋吉です。
既に帰ってもいいなという気持ちが背中に溢れ出てるペス太郎。
c0113733_23453559.jpg

もはや食欲のなくなったペス太郎、食傷気味の坊を尻目に、推定300kコンビは40本単位で串を追加していきます・・・・。

更にどんどんと串が追加される中、
「とり10!大!」というM嶋くんの注文が・・。
鳥を10本?んでもって大きな奴が来るのか?
c0113733_23483113.jpg

違った・・・・・やきとりのお重だったんですね、これの大か。
今から 「コメ」 は無理だ。
c0113733_23493173.jpg

上から串から外した鶏肉をふんだんにかけてほくそ笑むM嶋くん。
これをペロリンチョ。

あまりに食べ疲れたので優先座席に一時的に座らせてもらいました。
c0113733_2350562.jpg

こうして見ると私もまだまだ小さい!?

楽しい会でした。
苦しかった今の職場もあと2営業日。
明日は金沢へ引継ぎに行ってきます。
by ds-kyo-saku-dai | 2016-06-28 23:51 | ◇DSリーマン日記 | Comments(4)

父との思い出とか

団塊の世代だった父は、いつも家にいなかった。
たまの休日は昼前まで寝てたし、起きたら1人でパチンコへ。
今思うと高いプレッシャーの中で必死で頑張ってたのだろうと思う。
サラリーマンとしては十分成功を納めた父、本当にお疲れ様と言いたい。

でも、父と遊んだ思い出があまり無い。
一緒に自転車に乗ったとか、一緒に山を登ったとか、一緒に何かを作ったとか・・・。

それと合わせてなのか、5歳下の妹と遊んだ記憶も少ない。(というかほぼない)
家族であっちこっちへ行ってたら、もっと妹との思い出もたくさんあったのかもしれない。

なので自分は、子供が精神的に自立する中学生くらいまでは、子供達の記憶に残る父親になろう、そして姉と弟が大きくなった時に共有できる楽しい・苦しい思い出をたくさん作ってやろう、写真もたくさん残してやろう。
そう思ったことを思い出す。



京都に異動になったのが2010年。
このタイミングで単身赴任になるかもと思い、2009年からは年間50回以上行ってたカヤックの回数を減らして、本格的に家族での時間を過すようになった私。

制覇した公園は数知れず、登った低山数知れず、歩いた里山のキョリ数知れず、キャンプと車中泊等で100泊以上、カヤックに行った日も帰って日が暮れるまで公園で遊び、各地の水族館、科学館、イベントには顔を出し、○○作り体験と名の付くものは随分と経験させて、運動会とお遊戯会、授業参観等はおそらく皆勤賞。

それに伴う出費も嫁さんに無理行って捻出してもらってた。
特にケイが生まれる前の年の2012年「20泊21日」は相当お金がかかったと思う。
愚痴を言いながらも着いてきてくれた嫁さんにはホント感謝しかない。

「パパとどんなところに行ったか覚えてる?」
「あそこと、あそこと、あそこと・・・・・もうたくさんありすぎて分からん」

いつか、こう言わせたかった。
あと、パパから苦しい負荷をかけられた思い出とか、忘れられない思い出も残したかった。

全ては単身赴任に向けての準備だった気がします。
これだけ遊んだんだから十分離れても暮らしていけるよな!みたいなね。 ^-^


異動が決まった週の土曜日は実家で転勤のお祝いをしてもらいました。
c0113733_23253050.jpg

何度言っても大きな机に買い換えないオヤジの頑固さは筋金入り。^-^
この人数でのこのテーブルは小さいんですけど、意外と密着感が良かったりします。
c0113733_23264596.jpg

パパの転勤など露知らずのケイ坊はケーキに夢中。(特に生クリーム)
もうすぐ3歳。
c0113733_23273325.jpg

兄ちゃんと一緒ならサポートしてもらえるので、スーパーマリオができるようになってきました。 ^-^


で、次の日曜日は大佑と2人で先日からの雨続きで増水中の奈良県吉野川へ
姉ちゃんは期末テストに向けた大詰めのため自宅待機。 ^-^
c0113733_23285714.jpg

例のごとく、スタート地点にカヤック一式を置いてゴールへ車で向かい、自転車でスタート地点へ。
c0113733_23294229.jpg

大佑とこうしてゆっくり川沿いの山道を自転車で回送するのは、僕の楽しみの1つ。
c0113733_23301771.jpg

こんな景色を見つつ、木陰の涼しい山道をポタリング。
c0113733_23313273.jpg

これからはそう簡単にこうして自転車にも乗れないのかと思うと寂しくなりました。
寂しくなるとあきませんね、なんか昔の大佑の姿が目に浮かんできて。
c0113733_23324558.jpg

無理させた彦根~長浜のときの自転車を漕ぐ姿とか
c0113733_23332437.jpg

京都四条まで行っちゃった淀川サイクリングのこととか。

離れて暮らすだけで、死ぬわけじゃないけど、こうした何気なく一緒に過せた時間がなくなるのが単身赴任の一番罪なところなんでしょう。

さぁ、張り切っていきましょう!
c0113733_2335148.jpg

1つ目、2つ目の瀬を乗り越え、テンションマックス。
c0113733_23353545.jpg

c0113733_23364487.jpg

次は左がわにヤナ下の瀬!
c0113733_23381838.jpg

c0113733_23385287.jpg

漕いでないように見える彼ですが、実は漕いでません。 ^-^
c0113733_23392214.jpg

さすがに芝崎の瀬は漕げよ~!!
c0113733_23395235.jpg

いやぁ、楽しい楽しい。
いろんな話をしながら、大佑のいろんな唄を聴きながら下る初夏の吉野川。
c0113733_23405267.jpg

ちょい休憩。
c0113733_2341395.jpg

「あの雲、恐竜に見えるな」 などなど。
のんびりした時間が、ぷかぷかと。

c0113733_234156100.jpg

ツジンコさんファミリーにお会いできました。
c0113733_23421940.jpg

こちらも「ケイくん」です。よろしく。 ^-^

今日はヤスイさん(板長)、フクさん、シンノさんご夫妻にもお会いできました。
転勤の報告もできてよかったです。
皆さん悲しそうな顔をしてくれました。 ^-^


c0113733_23443713.jpg

c0113733_23444712.jpg

2時間ちょいの船の旅は無事終了。
大好きな水泳の練習を休んで付き合ってくれた大佑、ありがとう。


あとは家族に桃のお土産を買って
c0113733_23454621.jpg

c0113733_23455332.jpg


下市温泉でゆったり
c0113733_23462386.jpg

c0113733_23464439.jpg

ここまで来ると洞川温泉の白の平ACを思わずには居られませんね。
今年の3連休は行けないかなぁ・・・
c0113733_2348880.jpg



で、お約束の「馬酔木」にて焼肉。
c0113733_23482848.jpg

むっちゃ旨かったのは言わずともわかる。 ^-^
以前、君が津の「うなふじ」でうなぎを食べたときの顔と同じ顔してたから。
c0113733_23502994.jpg

c0113733_23484271.jpg



んで君の大好きな・・・・
c0113733_23513127.jpg

ラッキーボールへ
c0113733_235222.jpg

c0113733_23521038.jpg

c0113733_23523087.jpg

今日はこれでも混んでるほうでしたね。
楽しそうに投げる姿が印象的。


よ~遊んだ。 ^-^
でも今度はいつ遊べるかなぁ


帰り道
c0113733_23532678.jpg

「ダイちゃん、これまで、パパとどんなところに行ったか覚えてる?」
「うん、覚えてるよ」
「例えば?」
「そやなぁ・・・・・・・・いっぱいありすぎて説明できへん」


そうかそうか ^-^
このときのためにパパはいろいろやってきたんやで。


「パパは今週から別で暮らすけど、しっかりケイにも同じことをしてあげてな。」
「うん、どこに連れて行けばいい?」
「そやな、裏の公園でもいいよ。滑り台でもいいから、家でYoutubeばっかり見る子にならないように」
「わかった、連れて行く」


充実の日曜日なのに、何だか寂しくなった帰り道。
やっぱり単身赴任なんかしないほうがいい。

でも頑張るしかない。
その後姿をきっと子供達は見てると信じてね。
by ds-kyo-saku-dai | 2016-06-28 00:00 | ◆DS金沢単身日記 | Comments(3)

カウントダウン

いつか来ると思っていたこの日がやってきました。
7月から、北陸・金沢へ異動が決まった私です。

「ご栄転おめでとうございます」
な~んて言われても複雑な心境。
家族丸ごと移転するか、単身赴任するか・・・・。

家族は切っても切れない最小単位。
父の仕事についていくのが基本であり、単身赴任は最終手段。
c0113733_23381967.jpg

(遊牧民のお父さんにみんな着いていくでしょう~)
友達も習い事も持ち家も何も関係ない、家族が一緒にいるのが最優先。
自分自身が強くそう思っているだけに、高校入試のタイミングや、持ち家のこと、スイミングのこと・・・。
久々に悩みましたね。

合計3回の家族会議を経て、いろいろ検討した結果、
最も恐れていた「単身赴任」という決断を下しました。


「お父さんがいないこと。これを当たり前だと思わないこと」
「自分達のために父1人が不便な生活を強いられていることを日々考えること」
「姉弟は常に仲良く喧嘩せず、お母さんの支えになること」
「これまで自分がしてきてもらったことは、お父さんの代わりにケイにしてあげること」
「水泳、高校入試、日頃のテスト等、目標を宣言し、必ず成果を残すこと」

これが彼らへ提示した条件です。
さぁ、どうなるか。


離れてみて初めて分かることもある。
この単身赴任で、家族の絆が強まるよう、いろいろやってみようと思います。
これまで家族でべったりやってきた我が家ですので、未知の世界です。

たまご焼きしか作れない私が、単身どうやって生活するのかも未知の世界。
41歳にして初の1人暮らし、そして初の金沢。
c0113733_2319024.jpg

c0113733_23191010.jpg

c0113733_2319255.jpg

c0113733_23194352.jpg

行くからには楽しまなきゃ。

よくよく調べてみるとやりたいことは山ほどある。
北陸はアウトドアの宝庫、旨い魚の宝庫です。

ということで、新たなカテゴリ
 「DS金沢単身日記」 がスタートします。
単身赴任の寂しい食事風景のみにならないよう、しっかり動いていこうと思います。
by ds-kyo-saku-dai | 2016-06-26 23:37 | ◆DS金沢単身日記 | Comments(10)

飛騨高山の旅(2日目)

飛騨高山2日目。
c0113733_15121.jpg

朝風呂と朝食バイキングで大満足。
c0113733_152036.jpg

c0113733_152944.jpg

また来たいホテルとなりました。
飛騨高山は奥が深いので、2~3日の散策では回りきれない。
またいつか来よう。

このホテルから車で5分の「リスの森」へ
c0113733_163476.jpg

c0113733_16443.jpg

それなりに有料の施設ですが、リスの数が多くて楽しい。
c0113733_172043.jpg

しかも「タイワンリス」じゃなくて「シマリス」がメイン。
c0113733_174461.jpg

c0113733_175565.jpg

「注意書き①リスを踏まないでください」
これ、マジで踏んじゃいます。
お気をつけあそばせ。
c0113733_184270.jpg

とても人に懐いていて癒されます。
c0113733_192240.jpg

c0113733_1940100.jpg

c0113733_117158.jpg

c0113733_1145598.jpg


非常に楽しいリス園でした。

9時開園なので、開園と同時に行くのがベストなのは大阪狭山のリス園と一緒です。
10時過ぎに行ったらもはや乗ってきてはくれませんね。
おなかいっぱい。


そこから車で50分のクマ牧場に行く前に、再度高山市内へ立ち寄り。
c0113733_1174381.jpg

c0113733_1181036.jpg

c0113733_1182771.jpg

いいね、やっぱり落ち着く街並みです。
c0113733_1205137.jpg

c0113733_121382.jpg

子供達は鯉への餌やりに夢中・・・・^-^
c0113733_1202463.jpg

c0113733_1203682.jpg

c0113733_1214529.jpg



そこから車で50分
更に奥地へ、平湯温泉方面へ向かいます。
c0113733_2384626.jpg

目的地はココです。
「奥飛騨クマ牧場」なり。
c0113733_2392568.jpg

大人1,100円の入場料も割引券があれば少しだけ安くなります。
c0113733_23101118.jpg

雨でも一定平気な施設。
しかし寒いです。気温はなんと14度。
それもそのはず、ココの標高は既に1,100mを超えています。
言わば金剛山の上っちゅうことですね。
c0113733_23112979.jpg


一箱100円のクマさん用クッキーを投げるとキャッチしてくれます。
c0113733_23114733.jpg

c0113733_23115424.jpg

可愛いけど、やっぱり猛獣の要素はたっぷり。
鋭い爪と荒い気性、たまに仲間同士で喧嘩する姿を見るとやはり怖い。
c0113733_23133591.jpg

ここに見えてるのはすべてツキノワグマなんですけどね。
この奥にいたヒグマがホンマにデカくて怖かった。

あとはB級の香りが漂うクマのショーです。
c0113733_23142191.jpg

c0113733_23162045.jpg

パラパラと・・・・・お客様。

ショーがスタート
c0113733_23164677.jpg

c0113733_2317081.jpg

ほのぼのとした良いショーでしたよ。
飼育員のおっちゃんの昔ながらのトークと、自由気ままなツキノワグマとの掛け合い。
鉄棒と三輪車と玉乗りが楽しいショーでした。
c0113733_2334176.jpg

おぉ~い!帰るぞっ
勝手に逆流しまくるケイ坊・・・・


c0113733_23181842.jpg

カラッと晴れていたらちょうど涼しくて気持ちよかったんでしょうね。
クマ牧場、僕はこんなB級の雰囲気が好きなので気に入りました。
小グマと写真撮影が1枚1,000円だったのが残念。
これを無料で撮影してくれるのなら、かなり優良度合いはアップすると思いました。
c0113733_2320835.jpg

c0113733_23202351.jpg



帰り道、高山市内にて、高山ラーメンの有名店でお試し。
c0113733_2320507.jpg

c0113733_23211221.jpg

あっさりとした魚介のダシが効いたスープと麺が絡み合って旨かったですね。

飛騨高山の旅は、ここまで。
本当は新穂高ロープウェイや平湯温泉、乗鞍岳等、山のほうへ行ってみたかったんですけどね。
c0113733_23292166.jpg

c0113733_23295288.jpg

c0113733_23301124.jpg

クマ牧場から枚方をルート設定したら「5時間30分」と来た。
c0113733_2331187.png

ひょぇ~っ!!

あとはボチボチとゆったりと帰りましたね。
c0113733_23414816.jpg

c0113733_23314936.jpg

帰り道は応えました、ケイちゃん以外の家族全員グロッキー。
c0113733_23453340.jpg

これだけ小さい子を連れての670キロはなかなかヘビーでした。

いい思い出がまたひとつ。
もう当分は土日にこんな形で旅行するのは難しいかなぁ (涙)
by ds-kyo-saku-dai | 2016-06-19 23:05 |  ・ちゃんとお泊り | Comments(0)

飛騨高山の旅(1日目)

どうしても家族で旅行がしたかった私です。
この梅雨の合間に、わざわざ行かんでもよかったんですけどね。

どうせなら行ったことのない場所へ。
そして前々から行きたかった場所へ。
c0113733_22561963.jpg

c0113733_22562932.jpg

c0113733_22545632.jpg

高速を飛ばすこと4時間ちょい。
岐阜県北部、飛騨高山まで行ってきました。
c0113733_22553928.jpg

小さい子連れは普通こんな遠いところまで行きませんけど。
ケイはゆったりプレイルーム仕様で。 ^-^

着いたらあとは行き当たりばったりで。
c0113733_22563594.jpg

c0113733_2257776.jpg
c0113733_22572180.jpg

くまだらけのぬいぐるみ屋さん。
ケイは今くまのぬいぐるみが大好きなので。 ^-^
c0113733_22575911.jpg

1つ買ってあげた財布の紐の緩んだパパです。

c0113733_22592088.jpg

高山は標高が既に300mなので涼しい。
c0113733_230495.jpg

こうして見ると、ずいぶん遠くにやってきたんだなぁと思います。
上高地て・・・・。

まぁ、今回思ったのは「岐阜県って縦にながっ」ということでしょうか。
岐阜市内から高山まで随分とあった気がします。


あとは一度行ってみたかった高山の古い町並み。
c0113733_2312546.jpg

c0113733_2315484.jpg

まぁ、かなり観光地ナイズされていますが、相当綺麗でレベルの高いぶらぶら通りなり。
c0113733_2322732.jpg

c0113733_2323732.jpg

c0113733_2324970.jpg

c0113733_2325790.jpg

お店がわんさかです。
どのお店もお洒落で雰囲気のいいお店ばかり。
c0113733_23161258.jpg

ママとさくらはナンボ時間があっても足りない感じでしたね。
c0113733_2334544.jpg

c0113733_2335668.jpg

c0113733_23264224.jpg

すべてこの方を中心に物事が進みます・・・・。
c0113733_2342370.jpg

なのでかなり疲れる。 ^-^
c0113733_2345566.jpg

c0113733_2344758.jpg

まぁ元気なのはいいことです。 ^-^

c0113733_2352863.jpg

c0113733_2353872.jpg

夕方になって更に涼しさを増す高山市内。
そよそよと吹く風が最高に気持ちよかった。


今日の宿泊は「飛騨高山 ホテルアソシア高山リゾート」
c0113733_236146.jpg

当日の朝7時に予約するという無計画っぷりですが。 ^-^

しかしまぁ、ここのホテルは大当たりでしたよ。
c0113733_2395321.jpg

きれい!
c0113733_23102624.jpg

ひろい!
c0113733_23124929.jpg

バイキングあり!
c0113733_23104497.jpg

c0113733_2313825.jpg

十分旨い!

ということで文句なし。
コストパフォーマンスもかなり高いので納得した宿泊ができます。
サービスも丁寧で、帝国ホテルを彷彿とさせました。

お風呂も申し分のない広さと種類、そして眺望もスゴイ。
c0113733_2314183.jpg

c0113733_2257892.jpg

大満足のお泊りでございました。


晩は部屋に戻って大事な家族会議。
全員号泣の会議となりました。
その訳はまた後ほど。
by ds-kyo-saku-dai | 2016-06-18 22:51 |  ・ちゃんとお泊り | Comments(0)

世界の果てのこどもたち

戦時中、高知県から親に連れられて満洲にやってきた珠子。
言葉も通じない場所での新しい生活に馴染んでいく中、彼女は朝鮮人の美子(ミジャ)と、恵まれた家庭で育った茉莉と出会う。
c0113733_003627.jpg

お互いが何人なのかも知らなかった幼い三人は、あることをきっかけに友情で結ばれる。
しかし終戦が訪れ、珠子は中国戦争孤児になってしまう。美子は日本で差別を受け、茉莉は横浜の空襲で家族を失い、三人は別々の人生を歩むことになった。

あの戦争は、誰のためのものだったのだろうか。
『きみはいい子』『わたしをみつけて』で多くの読者に感動を与えた著者が、二十年以上も暖めてきた、新たな代表作。


ハードカバーだったので通勤には重かったけど、本日読み終えました。
初めて、通勤途中に泣きそうになってしまった・・・・あぶねぇ

戦争中の悲惨な物語は沢山聴いたり見たりしたけど、終戦後は更に混沌とした惨たらしい日々だったんだなと改めて感じる作品でした。

幼い日に見た「中国残留孤児」、知識としては認識している「朝鮮人差別」、言葉だけ知っている「文化大革命」、「満州からの引揚げ」・・・・・・ようやくこの本で全てが重なった気がします。

日本人の珠子が、長い年月を経て日本語や故郷のことなど、ほとんどを忘れてしまうという現実。
戦争と、それが生み出す狂気、それに翻弄される罪もない人たち。

改めて今の時代の裕福さ、先祖への感謝を感じずにはいられない超名作だったと思います。

描写がリアルで、ところどころ目を背けたくなる場面も多数あります。
それでも一度は読んでおいてもらいたい、そんな本でした。
by ds-kyo-saku-dai | 2016-06-14 00:06 | ◇DS本を読む | Comments(0)

国体選考会

行ってきました、姉ちゃんの国体予選の応援。
c0113733_23585488.jpg

c0113733_23592923.jpg

みんな体をバシバシと叩いて気合を入れています。
バシバシが重なってそこらじゅうでバシバシバシバシ・・・^-^

c0113733_23593812.jpg

c0113733_002321.jpg

ケイも応援中?


お見事、50mバタフライで初の表彰台でした。
c0113733_005117.jpg

やるねぇ~さくちゃん!!


朝に頑張って山早歩き、自転車鬼漕ぎで疲れたパパなのでした。
c0113733_014354.jpg

c0113733_015483.jpg

c0113733_02293.jpg

c0113733_021033.jpg

汗がボットボトになるまで歩くってのは本当に気持ちがいい。


これ、新しく池の横に作られてたんですけど。
c0113733_025356.jpg

なんなんでしょうかね??
by ds-kyo-saku-dai | 2016-06-11 23:03 | ◇子供とイベントへ | Comments(6)
立ち飲み=安い
c0113733_235340100.jpg

京都時代によくよく行ってた松川酒店なんかは典型的な例です。
立ち飲みは言わずもがなで安い。
ただ、乾き物などが多いイメージ。

最近、これを越える「座ったままでムチャ安い」飲みを頻繁に敢行しております。
c0113733_23552269.jpg

モール内のこんなスペースでしっぽり飲む。

お刺身など、全て30%引きで買うのでホンマに安いです。
c0113733_23564526.jpg

この日もサトちゃんナカッちゃんと3人飲み。
c0113733_23571797.jpg

あとから部長と坊が参戦して楽しい会となりました。

ひとり1,000円弱でフィニッシュ。
ビール1缶100円ってのは強いね~。
by ds-kyo-saku-dai | 2016-06-10 23:52 | ◇DSリーマン日記 | Comments(0)

時は金なり

17時半に仕事を終えて、18時過ぎに帰宅。

そんな「奇跡」のような早帰りができた日は、まだ日の高い公園に散歩に行けたりします。
c0113733_23491546.jpg

雨ですけどね、そんなの気にしない。

「これいらん!」
c0113733_23493591.jpg

傘をパパに強引に押し付けて、雨フル公園を堪能する次男坊。


あ、西の空が晴れてきたね。
c0113733_235023100.jpg



姉ちゃんと兄ちゃんのお迎えの車の後ろに隠れるのもまた楽し。
c0113733_2351578.jpg

えええ~~!!なんで!早いやん!!

この驚きは普段の努力?の賜物ですな。


時は金なり。
夜の時間はとっても長いっすね。
by ds-kyo-saku-dai | 2016-06-09 23:47 | ◇子供と公園へ | Comments(0)