金沢単身赴任から帰った中年リーマンのしょーもない日記


by ds-kyo-saku-dai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2011年 08月 ( 32 )   > この月の画像一覧

川でビールは冷やせるか

最近の淡麗のCM見ました?

c0113733_23423296.jpg


佐藤浩一さんらが川で冷やしたビールを「おぉぉ!!つめてぇ~!」と言ってから

「飲もうよ!」 というCMです。


果たして川でビールは冷えるのか??


川でビールをキンキンに冷やすには、相当低い水温が必要。
恐らく足を浸けてるだけで辛い川でしょうなぁ。
天川村の山上川(標高800m)でもキンキンには冷えませんでしたし。

結論 : 普通の川じゃビールはキンキンに冷えましぇん。 ^-^




これくらい行かんと冷えんですな。
c0113733_2347422.jpg

これなら分かる。 ^-^
by ds-kyo-saku-dai | 2011-08-01 23:47 | ◇DSのひとりごと | Comments(0)

カヤッカー頑張る

屋形船座礁、投げ出された1人救助
c0113733_124403.jpg

奈良・吉野川浸水した屋形船=31日午後4時すぎ、奈良県五條市の吉野川、朝日新聞社ヘリから、竹花徹朗撮影

奈良県警五條署によると、31日午後1時50分ごろ、同県五條市六倉町の吉野川で遊覧中の屋形船が岩場にぶつかったあと座礁、乗船していた15人のうち1人が川に投げ出され、付近でカヌーをしていた人に救助された。残る14人は座礁したあと自力で下船した。けが人はなかった。船が速い流れに巻き込まれたという。(asahi.com)


DSです。
今日は偶然この現場に居合わせました・・・・っていうか完全に係わってました。 ^-^

こんな感じで遊んでいたわけです。
c0113733_1305028.jpg

少し増水気味なので水が濁り気味。
でもアヒルウェーブはエエ感じでした。
c0113733_132923.jpg

「パパぁ!カヌーはええから遊ぼうやぁぁぁ””」
c0113733_152884.jpg

よっしゃ、今日こそ小魚満タン獲ってみよっか。
c0113733_1333521.jpg

この瀬の上流はトロ場になっていて、そこに仕掛けをセットしたいんだけど、今日は地元の屋形船が近くまで来ていて、魚が散って仕掛けられない状況。

屋形船は満員御礼。
ワイワイとビールなどを飲んでましたが・・・・


さくら、あれ危ないと思わへん?
ちょっと・・・・・・・瀬に吸い込まれるぞ・・・・

あ、ヤバい


船頭さんがボーッとしていたのか、船の船外機を過信していたのか、アヒルウェーブ上流に徐々に吸い込まれる屋形船

船外機をフルスロットルするも、船外機を中心にコンパスで円を描くように船の先端が下流へ。

キャァァァ~
ウァァァ~
船の上は一瞬でパニックに。

おっちゃんが一人船から投げ出されながら、満員の屋形船が保津峡下りの遊船のように下り始めた。


ヤバイぞ、こりゃ。

カヤックまでダッシュする私。
屋形船はあっという間に浸水し、瀬の最後で座礁。
ビールや紙コップなどが一瞬で川にザザザ~っと流される。

現場は騒然となりました。

これは警察と消防が来た後の写真ですが
c0113733_1432119.jpg

この時アヒルウェーブにいた10名程度のカヤッカーは協力し、赤矢印の方向へ乗客を誘導。

乗船していた15名はほぼ全員が高齢者。
屋形船なのでもちろん普段着。
しかも靴も鞄も全部流されており、腰まで水に浸かってパニック状態でした。
中にはかなりの高齢者もおられて、赤矢印の部分を泣きながら肩を担がれて誘導されてました。

命に問題がなかったオバちゃん達は
「にいちゃん、財布とかネックレスとか全部流れてんねん。探してきて~!」
などなど、好き勝手な注文の嵐でした。
命が助かっただけマシだと思いなさい。 ^-^:

瀬の最後に屋形船が横に川を塞いでる。
後続のラフトなどが突っ込むと危険なので、消防や警察が来るまでの間、僕とルカくんが上流で案内していました。
c0113733_1471599.jpg

そうこうしているうちに消防や警察の人たちがゾロゾロと到着。
c0113733_1475913.jpg

c0113733_1534448.jpg

上空には報道ヘリも含めて4台のヘリコプター。
c0113733_281381.jpg

こりゃ凄い大事になってきたぞー。

ま、子供らには関係ないですが ^-^
c0113733_1543819.jpg

この事故現場と子供達の呑気な対比が面白かった。

このブログにもよく書き込んでくれる天満人さんが消防隊へロープを渡しに行きます。
c0113733_1553489.jpg

カヤッカー、かなり役にたってるぞ~。
c0113733_1563836.jpg

特殊な道具で船をこっちへ引っ張るようです。
c0113733_1574288.jpg

結局ワイヤーが切れてダメでした。
その後も何度か挑戦するも失敗。

既に夕方4時半。
ここでDS家は帰路につくことにしました。
c0113733_1583778.jpg

あとで御礼がしたいとのことで、救助に携わった人は名前等を聞かれました。
さくらがパシャリ。
ナイスタイミング!




というわけで、今日はブログネタとしては最大級の一日となりました。
c0113733_1593396.jpg

とにかく死亡事故を目の当たりにせずに済んでよかった。
あの船頭さんの責任は重大やなぁ、しかし。

ちょうど先週末にこの上流で流された22歳の男性が昨日発見されたらしく、川の怖さを再確認したDS家なのでした。子供達もかなり貴重な体験をして、川の怖さを肌で感じたことでしょう。

去年は人工呼吸している最中に出くわすし、川に頻繁に出向いているとこういう事態に遭遇することが多いなぁ。

c0113733_26039.jpg

以前参加したレスキューミーティングの経験が少しでも活かされたかな。


皆さん、くれぐれも川の流れには気をつけましょう。
by ds-kyo-saku-dai | 2011-08-01 01:00 | ◆カヤックに乗ろう | Comments(7)