金沢単身赴任から帰った中年リーマンのしょーもない日記


by ds-kyo-saku-dai

<   2011年 08月 ( 32 )   > この月の画像一覧

ムササビホール復活作戦

5泊6日のキャンプから帰って、中1日で再度キャンプです。
車の中の荷物は積んだままで、また南へ。
嫁さん、よく頑張りました!! ^-^ ヨーヤッタ!

カヤックとキャンプが融合できる和歌山県北山村へ。
c0113733_252889.jpg

c0113733_2512310.jpg

枚方から4時間。
山道を抜け、ようやく到着です。
何度訪れてもココはエエとこですが遠いですね。

この9月の3連休
JFKA(日本フリースタイルカヤック協会)と北山村商工会の皆さんとを仲介する形で関西実行委員会として話を進めてきたJFKAフリースタイルカヤックサーキット関西大会。

これが不幸にも大会開催予定だったムササビホールが先日の台風6号で壊滅的打撃(小森ダム放水量4400トン)を受け、観るも無残な状況になってしまったため、『8/21の朝6時にムササビホール前集合』というトンでもない集合案内をネット上で回して、みんなの「手」で治そう!というのが今回の狙い。

朝6時にムササビホールってのは無理があるので、もちろん前泊です。
c0113733_2554910.jpg

マムシに注意しようがないけど、出会ったら逃げるべし!?
ちょうど村内放送で、前日に熊が出たという情報も流れ、山奥の凄さを実感です。^-^
c0113733_2573249.jpg

設営を終えたら14時過ぎ。
漕ぐにも時間がないので、地元のプールを使わせてもらいました。
c0113733_2581154.jpg

c0113733_2582270.jpg

c0113733_258331.jpg

ダイボンくん、君がスイミングの試験に落ち続けている理由がよ~く分りました。^-^
ライフジャケットがなかったら、銚子川1日目で命を落としていたでしょう。
全く泳げてないやんか~

夕方。
商工会の皆さんと、筏師代表者の方とのミーティング。
折りしも天竜川での痛ましい事故があったばかりで、カヤッカーが川を触ることにはナイーブになられていたのですが、カヤッカーの熱意と商工会の方々の後押しもあり、『筏下りの安全を第一に慎重に石を動かす』ということを条件に英断頂きました。これで明日の朝に集まってくれるであろう?名のカヤッカーと力をあわせることができます。

夜は世界のカズヤくんも加わっての宴会。
c0113733_2594657.jpg

ワイワイと賑やかでしたね。

翌朝は5時起きでムササビへ。
c0113733_34737.jpg

これが今年5月の映像。

で、今日のムササビがこれ。
c0113733_343315.jpg

大量の砂利が川幅を狭め、全体的にかなり浅くなっています。
これ・・・・・・正直言って治せるとは思えん。ってのが第一印象。

しかし、しかし、しかし。
皆さん集まってくれました、総勢30名弱。
c0113733_354443.jpg

千里の道も一歩から。
ひとつひとつ石を取り除いていきます。
c0113733_361668.jpg

予想よりも放水量が多く、水圧に耐えながらの石拾いは想像以上に応えます。
体が冷える、腰が冷える、足と腕がみるみる疲れていくのが分る。
c0113733_371641.jpg

カズヤくんの指示に従い、ダム放水量が通常水量になった際にちゃんとホールになるように、石を積んだり掘ったりの繰り返しです。
c0113733_38757.jpg

これは相当キツイですね。

水量が徐々に増えていく中、ホールの中心部分の岩を取り除く作業が難航を極めます。
c0113733_391048.jpg

前列が人柱となって水を堰き止めて、その下の人が石を拾って投げる。
人柱は全員肩を組み、押し合って、支えあって耐える。
江戸時代の治水事業ってこんなんだったんでしょうね。
c0113733_3103085.jpg

足がプルプル振るえながら水圧に耐え、流れる仲間を助け、延々と4時間以上作業は続きました。
c0113733_3111672.jpg

皆さん、本当にお疲れ様でした。
遠くは関東の方からも来て頂いた方もいて、カヤッカーのつながりを感じたDSです。
c0113733_313590.jpg


心配していた筏のほうは問題なく下れました。
c0113733_3125455.jpg

そしてムササビホールは・・・・・・????

完全とは言えずとも、一応は復活してました!!
世界のカズヤくんの見立ては間違ってなかった、さすがです。
c0113733_3132276.jpg

以前に比べてエントリーがかなり厳しい状況で、左岸側の巻きが弱くてフラッシュしやすいですね。
ただ、以前よりも落差があるウェービーなホールになっており、ブラントやバックスタブなど、ウェーブ系に強い人には嬉しいかもしれません。
c0113733_315783.jpg

ルカくんのようにね。 ^-^
c0113733_3152761.jpg

ただ、かなり忙しいウェーブホールです。
僕は運動不足でとても付いて行けませんでしたわ。
c0113733_316644.jpg

しかし、今回集まって頂いたカヤッカーの皆さんのおかげで、見事9月の大会が開催の運びとなったことは嬉しいことです。

以下、チッチ氏からのコメントを転機しておきますね。
--------------------------------------------
筏運行のからみもあって、2日間に分けて大会があるのですが、放流時間と筏ラフトも考慮し従来の大会と違って、人数制限を設けるはずです。

それが、先着何名様までとなるか未定ですが、もし大会エントリーの予定の方は、JFKAのHPをこまめにチェックしてた方が良いと思います。

通常1ヶ月前にエントリー募集です。
今回のホール改修工事に方向によっては中止の可能性も高かったので、遅れてた次第です。

モチのロンですが、ホール改修に起こし頂いてない方でも先着順エントリーなら早いもの勝ちで出場OKです!それも勝負のウチだと思います。

なんとか初心者クラスの方もエントリーできるような瀬に出来たらと考えておりますので。ふるって御参加のほど
御願い申し上げます。

ちなみに、道の駅おくとろの真ん中の芝生貸しきって格安のキャンプも出来ます。さらに、開会式閉会式は、道の駅おくとろのど真ん中の舞台を使用してやります。

--------------------------------------------

皆さん、記念受験でもいいので参加してみましょう。
せっかくあれだけ苦労して直したので、全員参加してもらいたい気分です。
by ds-kyo-saku-dai | 2011-08-23 03:18 |  ⑥おくとろ公園キャンプ場 | Comments(2)
撤収の日です。
2年連続の5泊6日の行程が終了しました。

6日間ともに快晴。
途中ゲリラ雨にも1度遭いましたが、ALL快晴の最高の夏キャンプでした。
c0113733_2302745.jpg

タコ部屋で深夜まで働いていたときとは180度違う世界で、充電電池は満タンになりました。

また来年もココで遊べるように頑張るか~。
c0113733_231359.jpg

京都のお土産屋さんで買った風鈴は6日間いい音を出し続けてくれましたね。
あ~これでまたプラスイオンと埃たっぷりの蒸し暑いオフィスに戻るのかと思うと泣けてきますなぁ ^-^:

また泳ぎますか~
c0113733_2331413.jpg

っていうか、泳ぐしかない暑さです。
泳ぐと一気に体がキンキンに冷える。
河原でカラダを温めて、また泳ぐ。
c0113733_2344568.jpg

サウナと水風呂の往復ですな。
クチスポダムの底水で成り立っている銚子川の水は最後まで冷たかったっす。

滞在中に確保したバッタなどの昆虫を逃がしています。
c0113733_235956.jpg

持って帰っても可愛そうやしな。
といいつつ、テナガエビは小さいのを6匹持って帰りました。

そしてまた川へ
c0113733_2361078.jpg

濡れたと思ったら直ぐに乾いて、また川へ。
こんな生活は意外と幸せです。

c0113733_2365426.jpg

12時に撤収完了。

センターハウスでカップラーメンを食べて、お気に入りの石にペイント
c0113733_2374010.jpg

c0113733_2433414.jpg

いい思い出になりました。
100円ショップで油性のポストマーカーを何本か買えば、後は天然石がいい感じのキャンパスになるのでお得で楽しいっす。

ただ、スタッフから
「チェックアウト後にゆっくりされる場合は駐車料金500円頂くことになってるんですが・・・」
と言われちゃいました。

6日間も泊まってたんやから、最後の数時間くらいでお金取るなよなぁ~
杓子定規な対応に少し残念な気持ちでキャンプ場を後にしたDS家です。


平日の高速料金が3000円を超えるため、意外と近いんじゃないか!?という憶測のもと、尾鷲から北山村を抜けて山道縦走で帰るルートを選択。

しかし425号線が超クネクネの山道で撃沈。
c0113733_2413919.jpg

高速利用なら3時間で帰れた道を6時間かけてやっと自宅に到着です。

疲れた~ 

相当楽しい6日間でした。
キャンプinn海山、お勧めですよ、やっぱり。
by ds-kyo-saku-dai | 2011-08-18 23:42 |  ⑤キャンプinn海山AC | Comments(0)
5日目。
今日は何日やったけ???

このブログは後から遡って書いてるのでこの日が8月17日だと分りますが・・・・
c0113733_0524430.jpg

とにかく5日目です。
今朝も快晴~ ^-^

ずっと書き忘れてましたが、毎晩ヘッドライトを付けて子供らとテナガエビ獲りをしてました。
c0113733_0525925.jpg

これが昨晩のアガリです。
これまで獲りためてたエビ達は誰かに逃がされてしまいましたが。^-^

今回のキャンプデビューのユニフレームのfanマルチロースター
c0113733_0531691.jpg

かなりいい感じです。
ちなみにもう一つデビューしたコールマンのアルティメイトエクストリームクーラーは抜群の保冷力でした。
4日目の晩までペットボトルの氷が溶けなかったのは凄い。

朝から今日は川には入らず・・・・・
c0113733_0533224.jpg

c0113733_0534530.jpg

ドンジャラね。
これ、いろんなゲームも付いてるのでかなり楽しめます。

昼前に車で5分の魚飛渓へ
c0113733_05409.jpg

c0113733_0541172.jpg

飛べっ!
やはりダイボンは思い切りがええわ~。
(このあと顔面からダイブして泣きますが)

有名な天然の滑り台。
c0113733_0542338.jpg

下がアンダーカットになっていて、とても危険な滑り台です。
ただ、本流の右からの流れ込みで岩の寸前で押し出されるため、岩の下に押し付けられて出られなくなるということはなさそうですが・・・・。
c0113733_0543658.jpg

行くね~!!
僕もやってみましたが、結構浅くて危なかったっす。
さすがに子供らに勧められなかったなぁ

昼過ぎにサイトへ戻り、遅めの昼食

暑い~!!
c0113733_0544957.jpg

服のまま川に飛び込んで帰ってきました。 ^-^
綺麗な川だからこそできるなぁ、こりゃ。
c0113733_055165.jpg

また川ですか ^-^
この光景を何回みたかな。(笑)

あまご釣りはしたいけど、獲った魚を食うのが嫌らしい。
c0113733_0551332.jpg

ついでにスタンプラリーに付き合いました。
c0113733_0552469.jpg


いよいよ最後の晩餐。
c0113733_0554233.jpg

5泊6日はやはり長かったなぁ~
c0113733_056840.jpg

どうやった???
あ・・・
c0113733_0562673.jpg

寝た ^-^

姉ちゃんも寝ました。

疲れが溜まってきたな。
これだけ暑い→冷たい→暑いを繰り返すとさすがに大人でも応えます。
よく熱も出さずに元気に過ごしてくれたと思う。

さぁ、明日は撤収だ。
by ds-kyo-saku-dai | 2011-08-17 23:36 |  ⑤キャンプinn海山AC | Comments(0)
4日目です。
『3泊4日 尾鷲の旅』というパンフレットがあったとして
「※ただし、宿泊はテントとなります」
と書いてあったら、ほとんどの人は予約しないやろうなぁ(笑)

c0113733_23591332.jpg

おかげさまでまたもや快晴です。
c0113733_0111068.jpg

晴れる。
これが夏キャンプの最低条件のような気がします。
c0113733_0114147.jpg

一日雨だと夏は特に辛い。
テントの中は蒸し風呂になるし、川の水位は増すし。
c0113733_0123391.jpg


今日でRyoくんとはサヨナラ。
c0113733_0132219.jpg

5歳同士の彼らの中にも思うところがあったのか、朝から仲良く遊んでました。
c0113733_013547.jpg

また来年一緒にキャンプしような~。

朝からカヤックで遊ぶ。
c0113733_23595881.jpg

c0113733_001944.jpg

ずいぶん漕ぐのもサマになってきたサクラ姫です。
c0113733_06779.jpg

空に浮いているような感じ。
逆に言えば今年の銚子川は渇水気味で、昨年よりも浅めでした。

昼には2家族で尾鷲市内へ
c0113733_0143480.jpg

3年連続の「尾鷲のおばちゃんの家庭料理バイキング」です。
c0113733_0204146.jpg

ココの料理はホンマに旨い。
c0113733_020978.jpg

写真では伝わらないけど、一品一品が絶妙です。
c0113733_0205371.jpg

締めのマンゴーかき氷は親子でケンカになりそうなくらい旨かったです。

ここでRyoくん一家とはサヨナラ。
「夢古道の湯」で久々にしっかりお風呂に入ってサイトへ戻ります。
c0113733_0214495.jpg

さぁ、勝負!!
c0113733_0252443.jpg

c0113733_0254621.jpg

最近のDS家の大流行である「ドンジャラ」です。
30年間愛され続けているのがよく分る面白さですな。
c0113733_031713.jpg

「お前の物は俺の物、俺の物も俺の物セット」を狙ってます。^-^

さぁ、飯にするかぁ~
c0113733_03153100.jpg

今がもう何曜日なのか、平日なのか休日なのかよく分らんようになってます。
自分が一体何者なのかもよく分らんようになってきました。
日も時間もどーでもええわ、もう。

これが長期キャンプの醍醐味!?かも。 ^-^
by ds-kyo-saku-dai | 2011-08-16 23:33 |  ⑤キャンプinn海山AC | Comments(0)
3日目です。
普通ならそろそろ帰る2泊3日の朝。

でもまだまだ帰りませんぞ。
c0113733_2354280.jpg

昨晩も寒いくらいでした、尾鷲の朝です。
c0113733_23542251.jpg

日本有数の多雨地帯だけに、快晴がありがたい。
日頃の行いの良さ!?かな。 ^-^

朝8時にはもう川にいます。妙な感じです。
c0113733_23543998.jpg

Ryoくんも一緒に川遊び。
c0113733_23544826.jpg

c0113733_2354583.jpg

何やら採れたようです。 ^-^

ちょっくら車に乗って海へ
c0113733_2355957.jpg

昨年と違って今年は混んでました。
そりゃそうだ、まだ盆ど真ん中だった。
c0113733_23552151.jpg

c0113733_23553377.jpg

ホントはこんな感じ(以下)だったけど、カメラがどうもイマイチでして・・・
c0113733_23344249.jpg

と言ってたらついに5年使ったデジカメがこの2日後に壊れました。 ^-^:

14時にはキャンプ場へ
c0113733_23554540.jpg

大人も子供もトンボ獲りに夢中。
パリッシュ(古い!)のような構えのダイボン。
トンボは追い掛けてもダメやで~

その後も卓球やら何やらかんやら ^-^
c0113733_23555845.jpg

涼しいので過ごしやすくてええね。

Ryoくん一家との最後の晩餐
c0113733_23522041.jpg

天気も良さそうなのでタープを取っ払って食べると更に気持ちよかったです。

3日目も無事に終了~ ^-^
by ds-kyo-saku-dai | 2011-08-15 23:46 |  ⑤キャンプinn海山AC | Comments(0)
058.gif 朝です。
c0113733_10122779.jpg

プチサマータイムのおかげ?か、早起きのDSです。
c0113733_1013896.jpg

5時からランニングで汗を流し、そのまま川へドボン!でした ^-^。
c0113733_10134224.jpg

日が少し昇ってきて、気温が24度まで上がってきました。
c0113733_1014938.jpg

7時を超えると一気に気温は上昇~~!!
c0113733_10143822.jpg

ライジャケさん、出番です!
c0113733_1015124.jpg

朝の7時半から川で泳いでるのも妙だけど、そうでもしないと日差しが暑い。
c0113733_10154650.jpg

脱いだり着たり、脱いだり着たり
その連続がキャンプinn海山の生活の基本です。
c0113733_10162217.jpg

c0113733_10163262.jpg

8時過ぎにはもう耐えられない暑さに~ 058.gif058.gif

昼前にRyoくん家族が到着。
c0113733_10272066.jpg

ダイの親友です。
c0113733_10175920.jpg

テンションが異様に上がった2人は走り出す。 ^-^
c0113733_1027355.jpg

c0113733_10241369.jpg

c0113733_10282911.jpg

c0113733_10284087.jpg

そろそろ飯にしますか~。

時計も何もいらない世界。
エアコンも扇風機もテレビもパソコンも無い世界。
これが一番快適なのかもしれませんね。

ヒグラシの鳴声がさらに涼しさを増す日暮れ時。
c0113733_10295432.jpg

c0113733_103026100.jpg

2家族でのBBQって、家族だけのときとは違う雰囲気があって楽しいもんです。
ノー蚊取り線香で快適、しかもかなり涼しいっす。

明日も晴れの予報です。
by ds-kyo-saku-dai | 2011-08-14 23:10 |  ⑤キャンプinn海山AC | Comments(0)
行ってきました~058.gif
3月の電話予約戦に打ち勝ち、ゲットした夏キャンプ。
c0113733_9481024.jpg

3列目シートを外してこの積載量。
なんでもかんでも持って生き過ぎですわ。

c0113733_9494386.jpg

高速1,000円終了もなんのその。
瀬田東ICから紀伊長島までは1,700円
c0113733_10481414.jpg

3年連続のキャンプinn海山です。
今回もラッキーなC-6サイトで、サニタリーにもセンターハウスにも川にも近かった。 ^-^

ゆっくり設営はいつものDS家のペース。
c0113733_9523886.jpg

ここはサイトが広いから余裕があります。
少し曇り気味だったので楽チンでしたが・・・・・やはり日中は暑いっす。
c0113733_953346.jpg

子供らは既に泳いでます。

c0113733_9535872.jpg

c0113733_95453.jpg

夕方になるにつれ、どんどんと涼しくなります。
c0113733_9543034.jpg

たっぷり川で遊んで1日目は終了。
c0113733_9552454.jpg

なんでフルチンやねん” ^-^

晩御飯はまたもや手抜きのカレーライス
c0113733_956101.jpg

まぁ、これが最高に旨いのがキャンプマジックでしょうね。
c0113733_9563335.jpg

満員御礼は毎度のことです。
このキャンプ場が毎年満員になる理由が分りますわ。

少し湿度は高いような気はするけど、かなり涼しい26度。
c0113733_9582224.jpg

エアコンの26度とは全く違う山の空気の26度はエエ感じ。
山側から吹いてくる天然の扇風機の風が何とも心地よい。
まったく枚方市のあの蒸し暑さは何なんでしょうかね。

夜は寒くて起きるくらいでした。

蚊はゼロで今年はアブも少なめ。
超節電☆キャンプ生活スタートです。
by ds-kyo-saku-dai | 2011-08-13 23:59 |  ⑤キャンプinn海山AC | Comments(0)

いよいよ

今晩は若手社員との飲み会でした。
この7月にある部に入ってきたメンツとも初顔合わせ。

やっぱりフレッシュな顔ぶれはいいですね~。
会社全体に力がみなぎる感じです。

飲み会の場所はココ
c0113733_23462944.jpg

「忍者京都迷宮殿 NINJA KYOTO」だそーです。

のっけから女忍者が案内してくれますが、我々との温度差が激しく、終始ヒキ気味で進みます・・・・・
c0113733_23472810.jpg

入ってみれば何のことは無い居酒屋ですが、入口が迷路になっていて、かなりスペースを使用している贅沢な居酒屋であると言えますね。

店員が全員忍者。
途中で大道芸をしてくれる忍者が来てくれましたが、どうも落ち着かんなぁ~

アトラクションはそこそこでええから、料理頑張ってくださいね~。(21点/100点)

やはりオッサンには少々古くて汚くてもアジのある居酒屋がええです。


というわけで先程帰宅。

いよいよDS家恒例、夏の野人キャンプが明日開幕っす。
既に昨日の晩に全ての荷物を車へ積み込んだDS家です。
今年はダイボンの幼稚園のお友達家族も途中合流で賑やかになりそう。
c0113733_23551399.jpg

川と海で悔いのないように思い切り遊んできますわ。

超節電生活スタート!!!
by ds-kyo-saku-dai | 2011-08-12 23:57 | ◆キャンプへ行こう | Comments(0)

SP~劇場版~

観ましたよ~

「SP劇場版」です。
c0113733_033628.jpg

もとは言えば、嫁さんのリクエストで借りたものです。
枚方出身のV6岡田君がかっこええとか。

確かにこの映画での岡田君は超シブイ!
ただ

「お前はジャッキーチェンかっ!」

と言いたくなるようなアクションが目白押しで、ひ弱なV6のメンバーにそんなことできるはずないやろうという先入観が邪魔をしてしまいます。

でもまぁ、アクションシーンはカメラワークも含めて見ごたえありますよ。

ね、嫁さん


・・・・・って寝てるやん!!


そうです・・・・・・ストーリーがショボイんす。
回りくどい設定が眠気を誘いまする。




51点/100点  ★★☆☆☆
by ds-kyo-saku-dai | 2011-08-11 00:35 | ◇DSと映画 | Comments(0)
カヤッカーにとっての増水はサーファーにとっての高波と一緒で、まさにヨダレが出る状況・・・・・なのかもしれません。

しかし、時と場合によっては増水した河川でのカヤックは付近の住民や取り巻く環境に著しい悪影響を与えることもあるものです。

チッチ氏からの情報によると、関西カヤッカーの聖地である和歌山県北山川は、原発停止の影響か、発電のための放水を絶えず行っているようです。

川の看板に「発電放水に伴う増水時のカヤックは自粛」となっている以上、『知らなかった』ではすみません。

良識のあるカヤッカーの皆さんはこのような状況下での北山川でのカヤック(ダウンリバー、スポットプレイを問わず)の自粛をよろしくお願いします。

このようなカヤッカーの行動は危険を伴いますし、関西大会の開催に向けて動いてくれている村の方々の立場をも危うくしてしまいますので、是非是非よろしくお願いします。

この情報は口コミでいろんな人に回してもらいたいですね。
by ds-kyo-saku-dai | 2011-08-10 00:40 | ◆カヤックに乗ろう | Comments(1)