金沢単身赴任から帰った中年リーマンのしょーもない日記


by ds-kyo-saku-dai

<   2011年 02月 ( 33 )   > この月の画像一覧

城崎珍道中(2日目)

朝7時半起床。
c0113733_23183966.jpg

c0113733_2319111.jpg

子供達は1回も起きず。
パパもママもなかなか快適な晩でございました。
c0113733_23201836.jpg

チビーズに旅館は猫に小判。
違いの分る年になるまでは勿体ぶる予定です。

8時半に津居山漁港へ。
第20回津居山漁港かにまつりを見に行ってきました。
c0113733_23205375.jpg

実行委員のおっちゃんたち。
c0113733_23225267.jpg

おおっ!?なんだなんだ・・・??
c0113733_2323151.jpg

ソイヤッ!ソイヤッ!ソイヤッ!ソイヤッ!
一世風靡セピアな一時でした。
c0113733_23235359.jpg

かにむすめもパシャリとストーキング。 ^-^
c0113733_23242795.jpg

ナンジャコリャ???
c0113733_23245099.jpg

c0113733_2325988.jpg

まつりというより、市場どす。
c0113733_23253289.jpg

青い鑑札付きの津居山蟹を持たせてもらったダイボン。
c0113733_2326479.jpg

サンテレビのニュースで使われるようです。
c0113733_23263131.jpg

かに味噌汁(100円)待ちの行列がズラリ。
c0113733_23265620.jpg

身が意外と多くて大満足。
これは100円ではなかなか堪能できるもんじゃない。
c0113733_23275548.jpg

玄武洞の「玄さん」に別れを告げ、いざ出石へ。

c0113733_23283540.jpg

11時過ぎから散策。
c0113733_2329152.jpg

城山公園横の鳥居を超えて更に上へ。
有子山(標高321m)の頂上を目指します。
c0113733_23305819.jpg

これがまたキツイ。
登山道というより、崖を登ってる感じ。
脚を滑らせると下までゴロゴロと落とされそうだ。
ホンマに危ない。
c0113733_23321294.jpg

上から降りてきたオッちゃんに「子供には無理だから引き換えしたほうがいい」と言われたものの、行けるところまで行ってみようということに。
かなり暑くなったのでジャケット類を脱ぎ捨て、案内板の上に掛けて上へ。
こんな険しい山道、誰も登ってこないからええか。

降りるのがまた大変。
c0113733_23345711.jpg

ホンマに下手すると大怪我するような角度です。
途中すれ違った中年男性・女性・女性の3人チームにも、「よく登ったねぇ」と褒められたダイボン氏であります。
c0113733_2337460.jpg

逞しくなったもんだ。

で、さっきの場所に来たけど・・・・・・
c0113733_23373632.jpg

あれ????
NorthFaceのスワローテールジャケットが無い。
うそ・・・・・・盗られた!!!
さっきの上は危ないって言ったオッサンやな・・・・・くそぉぉ~
パパだけダッシュで追い掛けるように下山。
街中を探すもオッサンはいない。

そういえば・・・・すれ違った3人組のおっちゃん。
妙によそよそしかったような・・・・

嫁さんたちを下に置いて、もう一度頂上へ。
人間不信に陥るなぁ、これは。

30分で頂上へ到着。
もう汗だくです。
我ながらなかなか体力があると思う。
ちょうど3人組と遭遇。

でも話をしていると、とても盗むような人には見えん・・・・
「失礼を承知の上でお願いしますが、鞄の中身をチェックさせてもらっていいですか??」
こんな失礼な質問もできず、なくなく下山。

こうして17000円のお気に入りのジャケットは姿を消しました。
あんな場所にジャケットを置いたままにするのも×だけど、同じ山を登る人の中にこういうことをする人が居るというのが残念。
執念の二度登りで下半身がガタガタになったDSなのでした。

気を取り直して・・・・
c0113733_23441273.jpg

数ある出石そば店の中でもトップクラスという「官兵衛」へ。
c0113733_234521100.jpg

久々の出石そば・・・・こりゃウマイッ!!
c0113733_23454571.jpg

サクラのほうがパパよりも1皿多く食べるという異例の事態。
こんな旨いソバなら、こんなに真面目に食べるのかぁ・・・・・凄い。
c0113733_23465736.jpg


帰りに出石の交番で置き引きの盗難届けを出して終了。
盗難届けの手続きが異様に長引いたので、福知山動物園に寄って、ウリ坊&ニホンザルを見る予定もボツになってしまいました。
ジャケット盗難さえなけりゃ、大満足の車中泊の旅でした。


損害保険の携行品保障に入ってて良かった・・・・・かな??
by ds-kyo-saku-dai | 2011-02-27 23:48 |  ・お気楽★車中泊 | Comments(4)

城崎珍道中(1日目)

土曜日は早朝からランニング。
朝から姉ちゃんの参観&劇観賞。

14時に帰って来た姉ちゃんに、
「今日のセリフ、長いのに上手く言えたな~」
と言ったのは車の中。

姉ちゃんを帰宅と同時に車に詰め込んで、いざ丹後地方へ。
今回は西日本有数の温泉街「城崎温泉」へ行ってきました。

城崎に行くのはこれで人生7回目?かな。
c0113733_22483873.jpg

うちら夫婦のお気に入りの場所です、ここは。

しかしまぁ、大阪から城崎はなかなか遠い。
一般的なお父さんに比べて「距離感」はない私でも少し遠く感じた。
c0113733_22492472.jpg

17時過ぎに到着です。
外湯の一つ「鴻の湯」の駐車場をゲットです。
ここは1時間100円という破格のお値段。
駐車場の少ない城崎温泉において、かなり貴重な駐車場だと言えます。
c0113733_22514749.jpg

ジャン!今日のお宿「西村屋」です!!

って、こんな高級なお宿には止まれまへん。
c0113733_22524612.jpg

城崎駅前方面へ散策~ ^-^
c0113733_2253842.jpg

子供らが湯冷めするので外湯めぐりは却下。
地蔵湯にも入りまへん。

カランコロン060.gif
カランコロン060.gif
団体さんや、年配の夫婦、婚前旅行の若者までみんながカランコロン。
家族連れもカランコロン、子供もみんなで下駄をカランコロン。
「ガチャガチャガチャガチャうるさいなー!」
ダイボンがポロリ。 ^-^

湯冷めするギリギリのラインで、肩を寄せ合いながら次の風呂へ。
風情と情緒がある温泉街の贅沢な楽しみ方でしょう。
チビーズがいるとそんなもんは夢のまた夢だ。 ^-^

食べログで評判のよかったお店へ。
c0113733_22563480.jpg

c0113733_22572846.jpg

せっかく城崎に来たんだから、晩飯は海鮮丼でどーんと行ってみよう!!
c0113733_22571724.jpg

・・・・・???
しかし・・・・・
ズバリ言わせてもらえれば、天満のお寿司の圧勝でした。
っていうか、かっぱ寿司に負けるぞ、この海鮮丼・・・・。
つくづく競争相手のない社会は伸びないということを感じる内容でした。
2杯で4000円の価値は全くなし。
テンション下がります、ここ。

気を取り直して駐車場へ戻ります。
c0113733_22593940.jpg

城崎は夜がいいっす。
しかもこの日はかなり暖かく、夜風が涼しい感じ。
c0113733_2302710.jpg

ブラブラしつつ、これまた食べログで紹介されていた「とみや」さんで2次会。
c0113733_231386.jpg

旨そうな雰囲気・・・・さっきとは全く違う。
c0113733_2312360.jpg

c0113733_2313324.jpg

c0113733_231424.jpg

なんなんだこの差は・・・・・。
評判以上に旨い料理と綺麗なお店。
c0113733_2321442.jpg
c0113733_2322095.jpg

赤兎馬(せきとば)ロックが身に沁みる。
c0113733_233025.jpg

最初からここに来たらよかったな~こりゃ。
ちょいと高いけど、十分満足できる良いお店でした。

んでもって遊技場へ。
c0113733_2333969.jpg

c0113733_2334894.jpg

よー見たらフルヌードだ。 ^-^
こいつよりも、やたら横柄な受付のオバちゃんを打って欲しかったパパですが。
c0113733_2343949.jpg

200円でコルク10発。
c0113733_2345762.jpg

14回パーフェクトゲームでようやくゲットできるこの招き猫。
200×14=2800円かぁ~別に単品で買えそうだ。 ^-^

燃えたのはスマートボール。
子供たちはこれが初体験。
c0113733_2363240.jpg

200円でかなり遊べます。
よっしゃぁぁぁ~!!大興奮!!!
c0113733_237465.jpg

ダイボンの声が店の中を響き渡る。
姉弟で実に楽しそうにハマっておりました。
c0113733_2381987.jpg

よ~混んどります。
c0113733_2385329.jpg


さぁ、そろそろゆっくり寝たい。
c0113733_2392183.jpg

今日のお宿は・・・・・???
c0113733_2394019.jpg

ココです。 001.gif車中泊です。
みんながカランコロンと宿に帰る中、我が家だけがココでホームレスな生活。
ちょびっとヒモジイ感じがエエ感じ。
どーせエエ旅館に泊まっても子供らはすぐ寝るだけやしね。
c0113733_23112543.jpg

ゆ~~~~~~っくりお風呂に入って22時消灯。
みんな一瞬で夢の中でした。
by ds-kyo-saku-dai | 2011-02-27 23:16 |  ・お気楽★車中泊 | Comments(2)
http://www.youtube.com/user/nickkayaker#p/a/u/2/DCNHz2apdWw
先日の模様です。




・・・・・もちろんウソです。
パパカヤッカーはこんな危ない川に近付いたらあきまへん。 ^-^
by ds-kyo-saku-dai | 2011-02-26 01:22 | ◆カヤックに乗ろう | Comments(0)

コムカイコムカイ

小向容疑者を逮捕!覚せい剤取締法違反の疑い 容疑は否認
小向容疑者逮捕へ マニラから航空機に搭乗
小向容疑者が激白「出頭する、実刑平気」
小向容疑者、旅券返納命令で強制退去へ!
小向容疑者の恩人仰天発言「妊娠してる」

世の中「どうでもいいこと」は数あれど
コムカイニュースほどどうでもええことも珍しい。

そもそもそんなに取り沙汰される価値のある芸能人なのか・・・・この人は。

小向容疑者、朝食にブルガリアヨーグルトを食べる!
小向容疑者、今日は白いTシャツ姿
小向容疑者、深爪で痛がる
小向容疑者、ラーメンにコショウかけず!
小向容疑者、お向かいの向井さんと向かい合わせで話す!

どうでもいいついでに、究極にどうでもええニュースにしてやれ~。
by ds-kyo-saku-dai | 2011-02-26 00:58 | ◇DSのひとりごと | Comments(0)

嫌い箸

先日の長浜観光の際・・・・
c0113733_0501345.jpg

「箸」専門店を発見。

ここで壁にかけてあった「嫌い箸」シリーズ。
c0113733_050486.jpg

まぁ~いろいろな嫌い箸があるもんです。
「掻き箸」??
c0113733_0513130.jpg

こんな奴おるかなぁ??

ひとつ気になったのが「握り箸」。
c0113733_0522362.jpg

食事中の握り箸は「攻撃」を意味する?
c0113733_0531012.jpg

なるほど~ 
必殺仕事人も握り箸!! ^-^
c0113733_05924.jpg

会社の嫌な上司などとの会食は是非握り箸で・・・・・ ^-^
by ds-kyo-saku-dai | 2011-02-25 01:01 | ◇DSのひとりごと | Comments(0)

ポカポカな京都

昼休み。
銀行に行くついでに散歩。
c0113733_0451180.jpg

春がそこまで来てるよーな・・・・・まだ早いか。
c0113733_0454517.jpg

昔ながらの町屋を改築したNorthFaceのお店に立ち寄り。
c0113733_0462238.jpg

c0113733_0463789.jpg

ブラブラと歩く。
c0113733_0465869.jpg

c0113733_0471097.jpg

「絵」になる場所がたくさんあるね、京都って。
c0113733_0474010.jpg

「味がある」ってこんな感じのことを言うんだろう。

六角堂へ。
c0113733_0481334.jpg

c0113733_0482225.jpg

お線香の香りがいい感じ。

都会のど真ん中にある安らぎの空間といった感じか。
c0113733_04921.jpg

少々過酷な労働時間であったとしても、京都で働ける幸せをもう一度噛み締めなければ。
c0113733_0495158.jpg

くるっと30分の京都散策。
c0113733_104290.jpg

昼からのシゴトがはかどったのは言うまでもありません。 ^-^
by ds-kyo-saku-dai | 2011-02-24 00:50 | ◆リーマン日記 | Comments(0)
先日、ボート部の集まりに参加したせいか、やたらボートが漕ぎたくなってきた私。

未だに公園のボートとの違いを理解されていない面があるので、ちょびっと紹介を・・・。
c0113733_2356125.jpg


ボート競技のボートと、公園の手漕ぎボートとの大きな違い。
c0113733_0235581.jpg

それは「で漕ぐ」と言うことであると言える。
c0113733_23574163.jpg

こ~んな感じでお尻パッドのしたにレールがあって、レールの先には靴が付いてるわけです。(この写真では付いてませんが)

【セット】
 脚と手を伸ばし、ストレッチャー(靴が付いている板)に体重を乗せるように前傾。

【フォワード】
 手を伸ばしたまま、ゆっくり前にシートをスライドさせる。

【キャッチ】
 一番前まで行ったらオールを水に浸ける。
c0113733_0242670.jpg


【ストローク】
 一瞬でしっかりと水を掴み、腕を伸ばしたまま、重いものを脚で持ち上げるように脚で蹴る。

【フィニッシュ】
 オールを胸まで引いて水面から出す。

この繰り返し。
これが単純なようで実に難しい。

セットが不十分 ⇒ スライドは走り気味になってしまう ⇒ スライドが走ると前で止まってしまう ⇒ 前で止まるとキャッチが旨くできない&ボートのスピードを減速させてしまう ⇒ キャッチが不十分だと上手く水を掴めず、しっかりとしたストロークができない ⇒ しっかりとストロークできないとオールが綺麗に抜けない(フィニッシュが上手くいかない) ⇒ フィニッシュが上手く行かないと腕で漕いでしまうので疲れる ⇒ 疲れるとセットが遅れる ⇒・・・・・・・・

という感じで、すべて繋がってるのがボート競技の難しいところ。
1つだけを治せないわけです。
しかも水上で、さらに8名で合わせて実施するのが究極に難しい。

セットを意識するとキャッチが遅れたり、キャッチを無理に会わせるとフォワードで前で止まってしまうなど、何かを意識すると何かができず、それを日々悶々と、延々と、黙々と、ただひたすら8名で息を合わせて、雨の日も雪の日も雷の日も年間300日の朝練・夕練を続けたわけです。

上手いクルーは全員が揃っている。
上手いクルーはしっかりと脚で漕いでいる。
上手いクルーはフォワードでしっかりと休んでいる。
c0113733_011842.jpg

8人の状態が好転すると、全ての動きが好転する場合がある。
全員の息がピタッと合って、キャッチのタイミング、フィニッシュのタイミング、そして全員のフォワードが合ったとき、8人乗りのボートがフワッと宙に浮かんだような感覚になる。

凄い速さで後ろ向きに進むボートの中で、前にスライドする8名。
息がずれると、8名が前にいく慣性でボートを減速させてしまう。
息が合うと、ボートはほとんど減速することなく、フワ~っと気持ちよく進んでいく。

まぁ、そろそろボートを知らない方々にはナンのこっちゃよく分からんようになったと思うのでこの辺で・・・。 ^-^

こんな感覚と、数々の思い出を共有した仲間。
だからこそ懐かしいし、輝かしい、黄金の記憶なんだと思うわけです。

『ボートに乗った人しか分からない。』

これが今日のブログの結論になっちゃいました。
c0113733_0253956.jpg

(こんなアホみたいに乗れるボートは通常ありません)

カヤックとは全くもって別物ですね~ボートって。
by ds-kyo-saku-dai | 2011-02-24 00:25 | ◇DSのひとりごと | Comments(2)

ガチャガチャ

長浜にある「海洋堂フィギュアミュージアム黒壁」
ここは、いろいろなフィギュアがあって、マニアではない自分でも結構楽しめる場所。
c0113733_141330.jpg

キモチワル~
c0113733_1412022.jpg

大き過ぎます。 ^-^:

そこで1回300円の高価なガチャガチャを発見。
c0113733_1414933.jpg

思い切ってやってみることに・・・・
c0113733_1423057.jpg

ウッディか・・・・せめてバズが欲しいなぁ。



しかし・・・・・・・・


そんな家族の強い思いも実らず・・・・
c0113733_1431266.jpg

2回やって2回ともビッグベビー(涙)

こいつは一番来て欲しくなかったな~。 ^-^


『何がくるか分からない』
ガチャガチャの醍醐味でもあり、リスキーな部分でもありますな。
by ds-kyo-saku-dai | 2011-02-23 01:43 | ◇DSのひとりごと | Comments(0)

木之本~長浜~彦根へ

今日は湖東へ。
木之本IC降りてちょいと行ったところにある「赤子山スキー場」へ行ってきました。
c0113733_23113531.jpg

山登りに嫌気がさしてきた子供たちとの約束。
ソリ遊びでお茶を濁してまた山へ連れて行くのが真の狙いでありんす。

昨年も来たこのスキー場。
c0113733_23355737.jpg

スキーヤーはほぼゼロ。
だってリフトがないんですもん。 ^-^
いわゆる「ソリ遊び専用のスキー場」ですな。
c0113733_2337494.jpg

子供達は久々に急な斜面を滑り落ちるカイカンを楽しんだようです。
豪快にコケ、豪快に滑った子供たちの成長を見たパパなのでした。
c0113733_2338760.jpg

それ、「スケルトン競技」ですから・・・・^-^

前にもご紹介したとおり、うちの子供たちはスキーウェアではなく登山の格好で遊んでるので、ものの1時間も経たないうちにパンツまでビショビショになるわけで・・・・・

2時間ほどでギブアップして、ゆっくりと長浜へ向かいます。
15時頃には長浜黒壁スクウェアへ到着。
c0113733_2339270.jpg

何度も訪れたことのあるDS家お気に入りの町並み。
c0113733_23402940.jpg

名物「つぶら餅」やら、近江牛まんやら、近江牛コロッケやら・・・・
c0113733_1372132.jpg

c0113733_23405438.jpg

c0113733_2341680.jpg

c0113733_26988.jpg

こんな長浜の雰囲気が気に入っております。
c0113733_23414644.jpg

パインアメの滋賀工場は有名だけど、オレンジアメもあったとは・・・・。

これは興味なし。 ^-^
c0113733_23423139.jpg

c0113733_2342506.jpg

c0113733_23433838.jpg

しかしまぁ、長浜市は寒い。
じゃ、そろそろメインの「鳥喜多」の親子丼食って帰ろう!!
c0113733_1375472.jpg

と思ったら、
c0113733_234641100.jpg

「本日は終了」とのこと・・・・。

嫁さんが店に電話したら女将さんが出てきて
「今日は終了したんですぅ。夕方から用事がありましてぇ」
と、プライベート丸出しのナイスな返答を頂いたとか。 ^-^
しかし、ここの親子丼が食べたくて長浜まで来たようなものなのに・・・・無念です。

というわけで、もう一つの隠し玉。
彦根の名店「スイス」へ車を走らせます。
c0113733_1394871.jpg

おばけやしき・・・??のような雰囲気。
c0113733_1401450.jpg

17時半の開店と同時に初挑戦でっす。
ツタが凄いことになってます、このお店。
c0113733_1405259.jpg

店内はレトロな雰囲気。
仮面ライダーのオヤジさんが営む喫茶店のような雰囲気です。(古っ)
c0113733_1415044.jpg

年配のご夫婦で営んでおられるご様子。

椅子がいい感じです。(かなり低め)
c0113733_1445752.jpg

カレーライス350円、ライス100円、昼の定食が450円。
安いです。
とりあえずおばさんに聞いたとおり、ハンバーグ&エビフライ(900円)を注文。
c0113733_212782.jpg

c0113733_1464285.jpg

c0113733_1465586.jpg

これがまたウマイ!!!
肉汁飛び出す「とくら」のハンバーグとは全く異なり、
肉本来の味に黒胡椒と絶妙の味付けで勝負している素朴なハンバーグです。

嫁さん感動。
僕も感動。
子供達はまたまた無言で食べ続ける始末。

こりゃ人生最高のハンバーグですわ。
「とくら」を抜いて現在DS家ハンバーグランキング1位。
c0113733_1491272.jpg

エビフライもプリプリで旨かったけど、900円出すなら、
ハンバーグを2人前(1000円)のほうがお得な気がしました。

また来ます、必ず。
子供達も大人の1人前をそれぞれ完食でした。

帰りに竜王のアウトレットへ1時間ほど立ち寄り。
c0113733_1504919.jpg

子供達のスキーウェアの特価品を探すも見つからず。

家に帰ったら21時。
疲れて全員バタンキューでした。

「スイス」のハンバーグ。
是非彦根に行った際にはお試しあれ。
http://r.tabelog.com/shiga/A2503/A250303/25000460/
by ds-kyo-saku-dai | 2011-02-20 23:20 | ◇家族あれこれ | Comments(0)

13年

朝から子供らを自転車に乗せて近所の巨大公園へ。
c0113733_22395831.jpg

5キロほどをランニング。
梅の花が咲いてました。
c0113733_22403486.jpg

いい汗かいた~。

昼からカットに行って短髪に。
んでもって15時から電車に乗って大阪へ。

今日は大学時代にお世話になったボート部の監督の退任式。
30年間監督を務めて来られた恩師の最後の日。
c0113733_2242583.jpg

何度も見たけど入ったことのなかった大阪肥後橋の北京料理「徐園」へ

これまでの30年間で約500名の部員を社会へ輩出されてきた監督。
にもかかわらず自分は卒部以来なんの恩返しもせず、まぁよくノコノコとこのタイミングで顔を出せたなと自分でも思うくらい不躾な野郎です、私。

久々に監督にお会いし、その辺の苦言は頂いたものの、笑顔で「でもまぁ、今日来てくれてありがとうな」と言われて心が少し楽になりました。

集まったOB・OGは約150名。
13~15年ぶりにお会いする先輩や後輩、記憶の奥底にあったものが一気に弾けだす。
c0113733_2246246.jpg

1回生から4回生まで総勢100名を超える大所帯だった我がボート部。
100人100色の個性が年間300日の合宿生活という異様な環境下でぶつかり合い、はじけあい、笑いあったあの日。

不思議なのは、十数年ぶりに会った瞬間に、一瞬でタイムスリップしてあの頃に戻れること。
ドラえもんのタイムマシンなんかいらない。
記憶のなかに眠っていた思い出や、臨場感がつい先週の出来事のように思い出される。

いやぁ~、もう本当に素晴らしい送別会でした。
大きな大会の打ち上げでヘベレケになりながらみんなで歌った逍遥歌や学歌は、歌詞を見なくても自然に出てくるのが感動的でした。

記念撮影。
c0113733_22503762.jpg

180cmを超える人が続出で後ろの人達が写らない。 ^-^
c0113733_22511898.jpg

今の話、昔の話が入り乱れ、大いに盛り上がった1次会でした。
c0113733_2252091.jpg

それで終わるわけがない~そのまま2次会へ。

新入部員歓迎会で、何十回も吐いたあの時。
友人のゲロを飲まされて、トイレに吐きに行ったらトイレで更に飲まされたなぁ。
神崎川の橋からゲロを吐きながら、「来年の新入部員に飲ませるまで辞めへんぞ・・・」と友人と誓い合ったあの日が懐かしい。
c0113733_22554256.jpg

当時死ぬほど飲まされた先輩は、その代わり死ぬほど面倒見てくれました。
c0113733_2343315.jpg

そんな先輩や、同じ釜の飯を食った後輩との久々の宴は、
2時間ほどずっと笑いっぱなしだったような気がします。
体育会のつながりって素晴らしい。
c0113733_225751.jpg

何歳になっても後輩は後輩、先輩は先輩。
飲めと云われれば30歳後半であろうが、妻子がいようが関係ない。 ^-^

久々に紹興酒一気やビール瓶一気させられました・・・。
生命の危険を感じ、防御型リバースで酔いが回る前に全部吐いて助かった。 ^-^

僕の身長は184cm・・・・・・みんなデカい。 ^-^
c0113733_2259059.jpg

むちゃくちゃ楽しかった。
朝まで飲む勢いだったので途中で退席させてもらいましたが、素晴らしい時間でした。
もうこんな飲み会はないやろうなぁ・・・・・。
by ds-kyo-saku-dai | 2011-02-20 23:05 | ◇DSのひとりごと | Comments(2)