金沢単身赴任から帰った中年リーマンのしょーもない日記


by ds-kyo-saku-dai
カレンダー

<   2009年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧

天下一武漕会

世界のカズヤくんからお知らせが来ました。

『天下一武漕会』と称する、カヤック投稿ビデオコンテストが
来る11月28日(土)、長良川「陽がほら」で開催されるとのこと。

c0113733_045250.jpg


なんでもみんなが投稿した映像を編集し、みんなで見て誰の映像が一番か決めるそうです。
マジ本気のエアー映像から、沈脱、珍プレー映像まで、裾野は広く、敷居は低くなってる模様。

ドラゴンボールの天下一武闘会をモジった面白そうな企画。
いろんな場所からお互いに面識のないような人達が集まれば、さらに楽しい会になると思います。

このイベントロゴの本気度合や、営利目的無しのカズヤくんの動きなどを見ていると、彼のようなレベルまで来ると、「どうすれば自分は旨くなるか」も去ることながら、「今後のフリースタイルカヤック界をどう盛り上げていくか」という視点で考えるようになってくるんだなと思う今日のこの頃。

コンペが最少催行人数に達さずに中止になるなど、少し寒い風が吹く中ですが、このイベントは参加費も無料だし、親睦を深めるにはもってこいだと思います。

気になる方は以下のURLを参照してください ♪
http://busoukai.exblog.jp/

僕も伝説の飛び込み映像を投稿しよっかな??(カヤックじゃないけど)
by ds-kyo-saku-dai | 2009-10-29 00:45 | ◆カヤックに乗ろう | Comments(0)

衝動買い

残業が続くとストレスが溜まる

ストレスが溜まると衝動買いしやすくなる。

ということで買ってしもた!!

c0113733_218244.jpg

ドラクエ9!!


意外にもかなり面白いというか懐かしい感じ。
昔はゲーム好きだった自分も、今やゲームのプライオリティは最低ランク。
基本的にゲームなぞに時間を費やすのは惜しい。そんな大人になりました。

ドラクエ9はそんな自分のゲーム魂を呼び起こす懐かしさを備え、非常に危険なソフトであります。
さすがに朝の通勤ラッシュ時は恥ずかしくてあそべましぇんが・・・。
by ds-kyo-saku-dai | 2009-10-28 02:19 | ◇DSのひとりごと | Comments(2)

がんじがらめな日々

深夜帰宅が続くと、思考回路が弱くなってくる。
久々にタク帰りが続くだけで、頭が日中フワフワしてきます。

先週は体調不良で1日珍しくマジ休みをもらってしまった私。
どうも副鼻膣炎を再発しているようで、黄色い鼻水がズルズルと止まらない。


そんな時、ふと誰かが言った「がんじがらめ」という言葉に引っかかった。
がんじがらめの意味は分かるけど、どういう語源なんだろか??

がん字状にグルグルに巻きつける?
がん字ってなんだ??

こんな言葉、普段なら聞き流すのに、睡眠時間が少ないと気になる。

調べてみました。
がんじ‐がらめ【×雁字×搦め】

1 ひも・縄などを縦横にいく重にも巻きつけて、厳重に縛ること。「―に縛りつける」
2 束縛が多くて自由な行動がまったくとれないこと。「規則で―にされる」
⇒じゃ、最近の残業続きの状態はまさに「がんじがらめ」だ。

紐や綱などを打ちちがえて堅く縛りつけることだそうです。
雁字形にからめる故にいうとも、また、岩丈がらみ、あるいは、強盛(がんじょうの唐音)がらみの訛であろうとの説もあるらしい。
ちなみに「雁字」とは「雁が整然と一列をなして飛ぶさまを文字に見立てていう語」だとか。

へぇ~(24トリビア)
勉強になったのでそろそろ寝ます。 ^-^


c0113733_1563136.jpg

これは 卍固め(まんじがため) ですな。

似てるぅ~
by ds-kyo-saku-dai | 2009-10-28 01:58 | ◇DSのひとりごと | Comments(0)

びわ湖こどもの国

今日はママの育児休業日。
溜まったポイントか何かでエステコースを体験してくるそーだ。

育児のストレスをふっとばし、命の洗濯をしてきなはれ~。

ということで、2007年7月以来、2年ぶりの『びわ湖こどもの国』に行ってきた。
滋賀県高島市。
はっきり言って遠いっす。 ^-^

湖西道路が例に漏れずウンコ混み・・・・。

c0113733_232517.jpg

とはいえ、わざわざ来る価値があるほどの施設の充実度なわけで・・・・

c0113733_23253121.jpg

少し肌寒い気候にもかかわらず、子供たちは額から汗を流しながら遊んでました。

c0113733_23263973.jpg

まさに無我夢中で遊具を遊びまくるダイボンの姿を久々に見た感じ。
子供は遊具が好きだなと再確認した次第であります。

c0113733_23281453.jpg

ファミリー自転車の周回コースがグンっと距離が長くなってました。
おかげで疲れた。 ^-^

c0113733_2328597.jpg

グラウンドゴルフ(無料)もなかなか楽しい。

他にもクライミングコーナーやトランポリンやクラフト教室など、
たとえ雨が降っても十分遊べる室内設備等が充実してます。
やはり公園としては、その役割を遥かに超える充実度でしょう。

結論:「びわ湖こどもの国は小学校就学前の子供たちにとってはパラダイスである」


帰りもお約束の大渋滞。
にっちもさっちもなので、途中で大津方面に向けて湖西道路を下りる。
夕飯を食べてゆっくり枚方まで帰ろうと思ったんだけど・・・・・どこもかしこも混雑状態。
え~い!と入った来来亭で旨いラーメンを食べてたら

「うんこでる」

とダイボンのウンコ宣言。
運悪く和式のちょい汚めの便所しかないし・・・。
ラーメン冷めるねんけどなぁ~

やむを得ず付き合う。
形のエエ奴が1本スッキリと出ました。

いちいち靴を脱がして、パンツを片方脱がして、また靴を履かせて、んでもってお尻拭いて、靴を脱がせて、パンツ履かせて、またまた靴を履かせる。

和式になると今のダイボンだと相当めんどくさい。
しかもほっておくと、便器の前の部分を持つわ、足の力が弱くて便器にハマるわで最悪。
結局全体重を預けられ、結構辛い体勢のまま、顔の下でウンコが発射されるのを待つのでありました。

はぁ、ようやくラーメン食べれると思ったら

「もいっかいうんこでる」
「うそ~!!??我慢できるやろ??」
「あかん、がまんできひん。うんこでるもん」

はぁ・・・・・・・

「一回でやれよ~!!」
と本気で怒るわけにも行かず、とりあえずニコッと笑うパパでした。


ラーメンが・・・・・・


そんなこんなで育児休業日は終了。
やっぱり大変やけど、ママ抜き3人組の時間も貴重なモンです。
by ds-kyo-saku-dai | 2009-10-25 23:37 | ◇子供と公園へ | Comments(0)

あ~

昨日も、その前も、その前の前の日も

「プゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥxxxxxxxxxxxxxン」

という蚊の羽音で夜中に目が覚めた。

ガバッと起き上がり、灯りをつけて周りを見渡す・・・・・
どこやぁ・・・・・・ころしたる・・・・・・・・

待てど暮らせど現れず。
不気味ながらも寝るが、またもや

「プゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥxxxxxxxxxxxxxン」


はぁ・・・・・こいつらホンマにむかつく。
こんなマニフェストあったらええのに。^-^


by ds-kyo-saku-dai | 2009-10-24 01:28 | ◇DSのひとりごと | Comments(0)

民主党マニフェスト

民主党マニフェストの目玉である「こども手当」、「高速道路無料化」等に並び注目されている「蚊の完全撲滅」について、鳩山総理は23日、来月頭を目処に、第一回の殺虫薬散布に踏み切るつもりである旨を明らかにした。

民主党マニフェストでは、国民が安全にそして快適な生活を営むため、ヒトスジシマカ等の蚊について、2010年3月までにその幼虫であるボウフラを含めて日本列島から完全に除去するという方針を掲げており、これらにかかる費用としては、こども手当に次ぐ巨額の4.5兆円を見込んでいる。
「来年の夏には、すべての国民が蚊取り線香無しで過ごせる」と鳩山総理も興奮気味だ。

c0113733_1205414.jpg


これに対し、衛生害虫であり不快害虫であるとはいえ、ヒトスジシマカ等の完全撲滅が生態系に与える影響は大きいと、日本害虫協会及び大日本除虫菊株式会社等の諸団体及びNPO団体が反発しており、年内の殺虫剤散布は困難であると予想されていたが、今回、人体及び動植物には全く影響がなく、ヒトスジシマカ等のヤブ蚊類に絶大な効果をもたらす殺虫剤「P-302」の散布を来月2日に全国一斉に実施する方向で決定した。

殺虫剤散布は軍用ジェット機等500機を用い、日本全国を1日で完全散布するというもので、これにより現在成虫となっているヒトスジシマカ等をはじめ、水中でボウフラとなっている幼虫を含め、日本全体の蚊の30%を死滅させることができる予定だ。

c0113733_121518.gif


完全撲滅に向け、今後も月に1回の散布が予定されており、来年3月には完全に日本列島から蚊が撲滅される。また、海外からの混入等を防ぐため、古タイヤの輸入を全面禁止するほか、海外コンテナ等の完全浄化も法律で義務付けられる。

大日本除虫菊株式会社の総売上の8割を占める蚊取り線香や蚊取りマット等の害虫駆除製品には大打撃となるが、向こう5年間の損失補填制度も既に国会を通っており、今後日本列島から蚊の姿が全くなくなる日もそう遠くはない。
by ds-kyo-saku-dai | 2009-10-24 01:25 | ◇DSのひとりごと | Comments(0)

「シコふんじゃった」「Shall We Dance?」などで有名な周防監督の話題の作品「それでもボクはやってない」を先日みた。

c0113733_19133259.jpg


普段乗車率200%程度の満員電車で会社に向かう自分にとって、痴漢冤罪がどれだけ怖いものかということをまざまざと見せ付けられた良作でした。

周防監督はこの映画のために2年間様々な情報を集めるだけ集めたらしい。
それらの情報が旨い具合に映画の中に散りばめられ、先の見えない展開に、147分という長さを感じさせないテンポの良さを感じる映画だ。

痴漢冤罪は自分の側にある恐怖。
できるだけ手は吊革にと意識している自分だけど、いつどうなるか分からんもんな~。

警察の怖さも思い知りました。

気をつけよっと。 ★★★★☆
by ds-kyo-saku-dai | 2009-10-22 19:19 | ◇DSと映画 | Comments(0)
予報どおり・・・・

c0113733_0542198.jpg

快晴の朝だ~。

かなり冷え込んだ夜も、持参したホットカーペットでムチャクチャ暖かかった。
噂どおり、秋のキャンプにホートカーペットは最強です。

c0113733_0555364.jpg

家族みんなで早朝の朝の散歩

c0113733_056142.jpg

今日の我が家は一番上のAサイト。
ひとつしたのBサイトもなかなかよさげです。

c0113733_0565261.jpg

晴れてよかった。
しかし、晩に土砂降りの雨が降ったので、みんなのテント等は雨と夜露でビショビショ。

c0113733_0574796.jpg

今回もテントとタープはドッキングしてみました。
雨が降るような天気の際、これは本当に便利だ。

c0113733_0584620.jpg

トラメジーノでランチパックを挟む。(超手抜き朝ごはん)

c0113733_0592017.jpg

それでも旨いのよなぁ~。

c0113733_0594455.jpg

テントなどが乾くまでのんびり~。

c0113733_10666.jpg

日差しは暑いくらいだけど、ひんやりとした風が心地よい。
展望もいいし、すべてに文句の付け所のないサンビレッジ曽爾。

c0113733_111211.jpg

昼頃までだら~っと撤収。
本気でやれば1時間程度で終了できるくらいまでレベルが上がってきた。
イスとテーブルなどは残し、お昼ご飯を食べてからチェックアウトです。
c0113733_173149.jpg


c0113733_121872.jpg

ホンデもって曽爾高原へ。
何だか最近ホットな場所らしく、駐車場からの大渋滞。
車で8分のところなのに、50分くらいかかった。(涙)

c0113733_13241.jpg

しかしまぁ、綺麗なところです。

c0113733_134451.jpg

か~なり歩いて、ええ運動になった。
ダイボンは行きの登りはサクサク~、帰りはダウンで、パパが大変でした。

c0113733_145853.jpg

秋だね~。



そんなこんなで、初めての秋キャンプは無事終了。
サンビレッジ曽爾はお気に入りリスト入りです。

いよいよ寒くなってきたので、今度のキャンプは来年・・・・・・かな? ^-^:
by ds-kyo-saku-dai | 2009-10-19 01:09 |  ⑦サンビレッジ曽爾 | Comments(0)
キャンプのできるパパになる。
こんな抽象的な目標から始まったDS家の「キャンパー計画」

5月から既に7回のキャンプで12泊を自然の中で過ごすことができた。
「キャンプは3回行けば誰でも慣れる」という中で、7回もキャンプをしていると、さすがに家族がキャンプになれてきた。

車への積み込み、設営、炊事、睡眠、撤収等、それぞれに家族それぞれの役割があり、8回目になると僕がどうこう言わずとも、みんなそれなりに自分の動きができるようになってきた。

今回、おそらく今年最後のキャンプに、ススキで有名な奈良県曽爾村のサンビレッジ曽爾オートキャンプ場へ1泊で行ってきた。

c0113733_0282415.jpg

ここはかなり人気のオートキャンプ場。
管理棟もそんな雰囲気がぷんぷんしてます。

c0113733_0293414.jpg

標高530mの高地に、Aサイト、Bサイト、Cサイトと、3段式に3つのサイト。
それに加えて、バンガローとコテージ、子供たちの木の遊具とテニスコートがある。
今年行った7つのキャンプ場の中でも、サニタリー・トイレ・シャワールームの清潔さはダントツNo1だろう。家族連れのキャンプには申し分ない設備が揃っている。

すべての照明がセンサー式なので、夜に無駄な灯りがないことや、BBQコンロ専用の流し台があったり、無料で湯沸かし器が使えたり、ガスコンロも無料で4つ並んでいたり、少し感動すら覚えるほどの快適なキャンプ場なので、1泊4,000円の価値は十二分にあると言っていい。

トイレの汚かった「おくとろ温泉オートキャンプ場」に比べると、トイレは300倍くらい綺麗かな ^-^

c0113733_0343899.jpg

小雨降りしきる中で設営。
当初は1時間以上かかっていたテント&タープの設営も、嫁さんとの息ばっちりで20分で終了。
もちろんロープのペグ打ちは除いた時間だけど、テントとスクリーンタープがあっという間にできあがっていくことに、少し喜びを感じてしまう。

ササッと、1時間程度ですべて完了。
設営がホンマに早くなった、しかも楽になった。

c0113733_0465785.jpg

自分の寝床は自分で確保。
3歳から植え付けるのはいいことだ。

当初はすべて持参していたキャンプ道具も、その日の献立やキャンプ場の状況に応じて「持っていかない」ものを整理できるようになり、当初よりも荷物がグッと減ったのも設営スピードの向上に大きく影響している。

c0113733_0391787.jpg

テント設営後にまとまった雨。
天気予報どおりだったけど、先週はずっと晴れてたのになぁ~。

c0113733_040717.jpg

車で8分の曽爾高原ファームガーデン内「お亀の湯」でゆ~っくり汗を流す。
子供たち2人は自分と入るので、嫁さんがほっこりできる瞬間だ。

大人ひとり700円、3歳以上小学生未満は400円。
少々高めだけど、雨降りの曽爾高原の時間を潰すにはもってこいだった。

c0113733_0421274.jpg

たっぷり汗をかいて、夕飯は初のスキヤキ~♪
今日はサクラの誕生日だから、奮発しています。^-^

c0113733_043786.jpg

う・・・・・ウマイ・・・・・・・。
人生の中でこれほど旨いスキヤキを食べたことはない。
少し肌寒い気温の中で、お風呂上りに、ダッヂオーブンで作ったスキヤキ。
テレビのない空間での家族の会話と、程よく明るいランタンの光がミックスされる。
つくづく、料理はシチュエーションでも味が変わる~なと実感です。

サクラも狂ったように食べる食べる・・・・。
キャンプに来た甲斐を感じる、ムチャクチャ楽しい夕食でした。
ビール5缶でええ感じに酔った~。

c0113733_0451669.jpg

みんな寝てから、ゆっくりさらにビールを飲んでDSで遊んだ。
至福の時~

キャンプは本当に楽しい。
by ds-kyo-saku-dai | 2009-10-19 00:52 |  ⑦サンビレッジ曽爾 | Comments(0)

久々の・・・・

明日(ていうか今日)は久々のキャンプです。

サクラの6歳の誕生日、天気がもってくれればいいのですが・・・。
嫁さんは「絶対寒いはずっ!」ということでモチベーション低め ^-^

標高530mの曽爾高原「サンビレッジ曽爾」まで行ってきます~。


c0113733_321939.jpg

こんなススキが見れるかな?
(2002年に訪れた際の写真)
by ds-kyo-saku-dai | 2009-10-17 03:02 | ◆キャンプへ行こう | Comments(0)