金沢単身赴任から帰った中年リーマンのしょーもない日記


by ds-kyo-saku-dai

<   2009年 05月 ( 33 )   > この月の画像一覧

5月に入って3度目のカヤックとなる本日。
ゴールデンウィークなどで休みが多い5月にあって、カヤックを始めて以来最も少ない乗艇回数だ。
春からファミリーキャンプに力を入れだしている関係上、どうしても乗艇回数に影響が出ている。
週末カヤッカーとしても失格の月3乗艇というペースは、カヤックが上手くなる気があるの?と言われそうなペースだけど、「カヤックは楽しんでナンボ」がモットーなので、別にグイグイと上手くならなくたってええなぁと思う今日この頃。^-^ 
 もともと僕のような上半身が長くて重い人間にはフリースタイルカヤックは不向きなんだから、せっかく訪れる川をいかに欲張りに楽しめるか、そして沢山の人達と係わって、良い影響を受けられるかという、僕がカヤックを始めた原点に帰り、最近はカヤックそのものを楽しんでいる。

 そういう意味でも、今日の北山川は自分にとって目からウロコの北山川となった。
枚方から4時間、野を越え山を越えて辿り着く北山村は、お約束のコースを漕ぐだけが能じゃない。
そこにはダイナミックな自然があり、野生生物がいて、最高の雰囲気がある。
北山で魚を釣る、そんなカヤックの日もあってイイと思ったDSなのでありました。

c0113733_1362413.jpg


 しかしまぁ、北山までの道のりは遠い。
でも最近はこの道のりを一人でドライブするのが楽しい。
箱バンのエリシオンには苦手な道が続くけど、行く先々の景色が素晴らしい。

c0113733_13638100.jpg


 トンネルを越えるたびに天気が変わる。晴れ~雨~曇り~晴れ~・・・・・ルーレットのように変わる天気、北山村は晴れか!それとも雨か!?

c0113733_1365865.jpg

  (雨でした・・・・・^-^)

c0113733_1371243.jpg


 それよりも板長が「川で流れながら釣るで~」と、釣りモチベ満開で説明してくれたので、よっしゃ、それじゃ今日はカヤック4の釣り6の比重でがんばりまっしょい!となった私である。よくよく考えれば、釣りをするためだけに北山村や、その向こうの池原ダムに来る人が多い中、自分はカヤックで大自然と激流を満喫した上で、さらに釣りを楽しもうってんだからそりゃもう贅沢だ~。

 いくぜ~!!

c0113733_1372837.jpg

  (ムササビおもろー)

 という感じで北山川は2時間でフィニッシュです。
11時から1時まで。それでもムササビでフワフワとしたバックウォッシュを楽しめたし、いつも通り楽しい北山川でした。ただ、その後に待ち構えるメインイベントを考えると、どうしても心が浮き足立ってしまったのは事実。だって、僕はもともと釣りバカだったんですから。 ^-^

c0113733_138252.jpg

  (よっしゃあ!釣りじゃ!釣りじゃ~!!)

 少々慌しく小松の階段を駆け上る私達。
この前の1日2乗艇へのチャレンジなど、何かと普通に下らないDSなのでありました。

c0113733_1381723.jpg


 さっさと着替えて、いざ釣りであります。
プットインはココ。おくとろ温泉からオトノリに行くまでに一度は橋の上から見たことがあるのではないでしょうか?とにかく水が綺麗な場所です。

c0113733_138322.jpg


 かつてこんなカヤックを楽しんだカヤッカーが居ただろうか?いや、居ないに違いない。
1粒で2度美味しいカヤックはこうしてスタート。僕がバス釣り愛好家時代に購入したお気に入りのロッドと、思い出が沢山詰まったリールをカナディアンカヌーに乗せ、13時半頃から釣り開始。^-^

c0113733_1384346.jpg
 

 いやまぁしかし北山村は山深いだけあって、電線の上をサルの親子が散歩してました。
岸からはIMAIさんが双眼鏡で水面チェック。「あ、そこにおるで~魚」(笑) エエ人です。

c0113733_1385831.jpg
 

 初めて乗ったカナディアンカヌーは、想像していた以上に快適。
そして想像していた以上に極楽気分になれる。こりゃたまらん~!!

c0113733_1391138.jpg


 水面を涼しい風が吹き抜けていく中、ウグイスや小鳥の声だけが聞こえる。
そんな状況で一心にルアーを投げて釣りを楽しむのは実に贅沢だ。
豪華クルーザーで地中海を我が物顔でクルージングしている大富豪よりも恐らく気持ちよかったに違いない。終始「きもちええわ~」と繰り返す僕に、板長も「それだけ喜んでくれたら嬉しいわ」と言った感じの笑顔です。

c0113733_1392345.jpg


 上着が長袖と半袖で異なっていた他は、パンツはモンベルのクライミングショーツ、サンダルはクロックスの薄茶色でお揃いだった私達は、遠目から見ると相当仲良しのモーホーな関係に見えたに違いない。 ^-^

c0113733_1393764.jpg
  

 しかしまぁ、釣れん。
これにはマイッてしまうのが普通だけど、今日はここに浮かんでいるだけで幸せなので問題なし。
でも釣れん。どうせなら釣りたい。実際、下には相当デカいサイズのバスがうようよしている。

 じゃ、ちょっとタックルを変えてみるか。
とロッドを置いて、タックルバッグの中を見ていると・・・・・・

ポチャン

と、言ったか言わないか忘れたが、スルっとロッドが水面から消えていくのが見えた。

 え?落ちた?・・・・・・

そう、釣りセットが落ちたのです。(笑)
戦艦ヤマトのような粘り越しもなく、重力と浮力の関係に逆らうことなく、僕の思い出のギアは小森ダムの奥底へ沈んでいったのでした。うそやぁぁぁぁぁぁ。どんだけヘタクソやねん~!!!

 その後は、板長のロッドを借りて、ラインの先にたっぷりフックをぶら下げて水底調査。
要は落とした竿を釣るということだが、これが雲を掴むような荒業なわけで、もちろん釣れませんでした。
あ~、2万円のロッドと1万円のリールよサヨウナラ、今まで200匹以上のバスを吊り上げた彼らの最期は余りにもあっけないものでありました。

 「あなたの落としたのはこの金のロッドですか、それとも銀のロッドですか?」
 「いえ、私のはもっと普通のロッドです」
 「正直者ですね、普通のロッドは見つからなかったので、これにてサヨウナラ」

 この童話を思い出した。^-^
正直者は金も銀も両方もらえるはずやのになぁ

 
c0113733_1395684.jpg
 支流をさかのぼってみる。
なに!?この水の透明度は。

c0113733_13101252.jpg


 これは感動。
自分の知っている綺麗な水としては、宮滝(原住民の里)を遥かに超える美しさです。

c0113733_13103845.jpg

  (ホンマに綺麗だ)

 北山川は、ダムがなければ本来このレベルの水質なんだろうね~。
ま、ダムがあるおかげで安定したカヤックができるんだけど、本当はこの美しい水なわけか。

c0113733_13105752.jpg


 ということで、結局バスは見えどもアタリもなし で今回の初の試みはフィニッシュ。
結局ロッドとリールを無くしたボーズ野郎だけど、心は幸せ感満天で家路につくことになりました。
板長、ありがとうございました!!

c0113733_1311938.jpg
  

 で、温泉でT中くんらとゆっくり話したあと、今日は周辺を散策。
風呂上りの体を涼しい北山村の風が冷却してくれるのが気持ちいい。 

 最近は帰る前に北山の赤い吊橋からこの景色を見るのが楽しい。
水面に映った空の模様が綺麗なんだなぁ、これこそ股の間から逆さに見ても綺麗な景色。
逆さに見ると、自分がどっち向いて立っているのか分からなくなるので一度お試しあれ。
天の橋立の100倍綺麗です。^-^

 よし、ちょっと気分を変えて、サクラが欲しがっていたカタツムリを探すぞ。
カタツムリは本当にどこにもいないのけど、北山村なら探せばいるはずだ。
 
  
c0113733_13113455.jpg

 居た!(感動)
 さぁ、もう5時半なので帰ろう~!モヤがメッチャ綺麗だ。

 

 ちょっと帰り道に池原ダムを覘いてみる。
初めて見たけど、こんなにデカいとは・・・。

c0113733_1312139.jpg
 

 こんなものを人間が作ったとはねぇ
チラッと見える赤い車との差で分かるこのデカさ。

c0113733_13122012.jpg


 なかなか幻想的な光景です。

 さぁ、明日はママの育児休業日。
子供らとたっぷり遊ぶぞっ!
by ds-kyo-saku-dai | 2009-05-30 23:05 | ◆カヤックに乗ろう | Comments(0)

ポイントで

溜まっていたポイントを還元してこれを購入。

c0113733_081791.jpg

ホットサンドクッカー トラメジーノ(snow peak)

これで、キャンプの朝飯は楽チンになりそうだ。

c0113733_0101382.jpg

溜まっていたポイントのほとんどはこれで消滅。

んでもって余ったポイントで

c0113733_010258.jpg

ユニフレームの『ちびパン』をひとつだけ購入。

これで、炭火焼の網の上で目玉焼きが焼けそうです。 ^-^


あ~、キャンプ行きてぇ。
by ds-kyo-saku-dai | 2009-05-29 00:11 | ◆キャンプへ行こう | Comments(0)

ブラックバス

諸悪の根源、ミスター外来魚、生態系を崩す悪者
ゲームフィッシング用の魚としてアメリカから来たブラックバスに対する風当たりは非常に強く、各地で「駆除」が大々的に行われている。

c0113733_23565292.jpg

わるそ~なブラックバスの映像。 ^-^:

しかし、ブラックバスに罪はなく、あるとすればヤミ放流した人間だろう。
それでもブラックバスの繁殖力と、その好き嫌い無しの無法ぶりは、地元漁業に壊滅的な打撃を与えてしまうことは事実。

なので、ヤミ放流はいけないのです。
んでもって、エレキボートまで買って釣っても、食えない奴なのです。^-^

c0113733_033894.jpg


久々にバス釣りをしてみたくなって思い出した。
c0113733_2359969.jpg

そーいや、このアブガルシアのベイトリールをいつか買ってやるぞって思ってたなぁ

これ、5万円以上します。
今じゃもう自分の中での価値が無くなってて、買う気にならん。


ブラックバスをめぐるイタチごっこは、恐らく永遠に続くのでしょう。
by ds-kyo-saku-dai | 2009-05-29 00:00 | ◇DSのひとりごと | Comments(0)

わんこと子供たち

めざましテレビの人気コーナー「今日のわんこ」が・・・

「今日のうんこ」

今日は青森県弘前市の吉田源蔵さんのウンコです。

とかやったら面白いのになぁ。
と思う今日この頃。


うちの子供たちに人気のこの犬

c0113733_10828.jpg

シーズー犬のユウちゃん、10歳ですが、本日小児科で実施されたアレルギー調査の結果
うちの子たちに興味深い結論がでています。

 さくら:犬アレルギー (6段階上限の3段階)
 だいぼん:犬アレルギー (6段階上限の3段階)

???!!うそぉぉぉ~


犬て・・・・2人ともムッチャ好きやんか。
さて、どうしたものかな。
by ds-kyo-saku-dai | 2009-05-26 01:21 | ◇家族あれこれ | Comments(0)

アイアンマン

c0113733_04343100.jpg


スパイダーマンのようなアメコミ感満天のアホ映画かと思いきや
これはこれでなかなか完成した映画でした。

純粋に面白かった。

映像がド迫力。
ブルーレイで見ると、アイアンマンのボディがメチャ綺麗でした。

戦闘シーンは子供たちにも大うけ。
これ、見逃してたら見たほうがいいかも・・・。

(良作!★★★★☆)
by ds-kyo-saku-dai | 2009-05-26 00:45 | ◇DSと映画 | Comments(0)
明け方から大雨
トイレに行けない時間が続く。

キャンプをしてみて思うことは、「人間は火が必要である」ということと、「住居には安心を求めたい」ということ。これは当たり前のことだけど、テントに寝てるとそれをとても感じる。テント内は落ち着くけど、やっぱりビニールを地面に貼り付けただけの住居では不安なわけです。

c0113733_3371488.jpg

明け方には雨が上がった。
そこで、トイレの前で見つけて捕まえたカエルと遊ぶ

c0113733_382121.jpg

綺麗なカエルだ。

c0113733_333525.jpg

さくらのお腹にもピッタンコ。

向こうのサイトの男の子に教えてもらう。
「これ、モリアオガエルって言って、天然記念物なんですよ」
え~!??
モリさん、失礼しました。 ^-^

男の子は小学校2年生くらいだったけど、聡明且つ逞しい感じ。
ダイボンもあんなお兄ちゃんになってもらいたいもんだ。

んでもって撤収。
雨に濡れたテントとタープは実に厄介だ。
クーラーボックスなどに詰め込んで、家で干すしかない。

積み込んだ荷物から大ムカデが飛び出してパニック。(笑)
おもちゃ屋で売ってるような「絵に描いたような」大ムカデ。
これに噛まれたら相当ヤバイやろなぁ ^-^:

c0113733_3193943.jpg

昼から近所の温泉で汗を流す。
キャンプの晩にはお風呂に入らないのが我が家流になりつつある。
炭の煙でイブされるのと、撤収で汗だくになるからだ。

c0113733_3205947.jpg

帰りは彦根まで下道で。

初めて彦根観光してみたけど、なかなかオシャレな街でした。
名物「つぶら餅」と、近江牛コロッケは絶品。

c0113733_322483.jpg

もうお腹いっぱい遊んだので、月曜はまた疲れが残るんやろなぁ ^-^

しかしまぁキャンプは楽しい。
3家族合同のキャンプとかが一番楽しそうだ。
by ds-kyo-saku-dai | 2009-05-25 03:23 |  ②大見いこいの広場AC | Comments(0)
キャンプデビュー2戦目は滋賀県奥琵琶湖の大見いこいの広場

日曜日の降水確率が50%という予報。
いよいよ初の雨キャンプかな~??

c0113733_255857.jpg

今日も元気だ荷物が多い ^-^

c0113733_2552995.jpg

瀬田まで下道。
そこから木之本ICまで1時間半、もちろん1,000円でした。

c0113733_256443.jpg

大見いこいの広場へ到着。
当たり前だけど、キャンプ場って山深いわ。
森の緑がムチャクチャ綺麗。

今日の我が家のサイト。
13時過ぎにチェックイン。
なぜか今日は3組しかいないらしい。

ここは評判どおり綺麗なキャンプ場でした。
トイレも炊事場もいい感じ。
小さい子がいる場合、トイレが綺麗だと助かるもんです。

c0113733_2563886.jpg

よ~し、みんな手伝え~
ダイボンが骨組みを組み立てる。

c0113733_257980.jpg

あれやこれやで15時。
ようやく完成です。
まだまだ時間がかかるねぇ~

c0113733_258169.jpg

料理の下ごしらえもそこそこに、サイトの裏にある高時川へ

c0113733_2585482.jpg

浅くて流れもほとんどない高時川
子供はこういう川で遊ばすのが楽ちんだ。

納屋からひっぱりだしてきた小さな針に、さくらが昼に食べたちくわの天ぷらの切れ端を付けて釣る。

c0113733_30226.jpg

30分の格闘の末、3匹ゲット。
丸焼きや~!とサイトに持ち帰ったけど、結局可愛そうということで後ほどリリースでした。
魚が釣れたときの子供らの喜び様は、たぶん一生忘れないくらいの喜び様でした。^-^

c0113733_321817.jpg

定番の炭火焼スタート
焼き鳥が旨いね~

ダッヂオーブン料理は大失敗。
タマネギを3つ無駄にしました。

c0113733_325495.jpg

夜はマジで冷え込む。
おやすみ~

c0113733_335013.jpg

変な宗教団体ではない。 ^-^

c0113733_341173.jpg

冨乃宝山のお湯割りが身に染みる。
ココからは大人の時間です。

((後半へ続く))
by ds-kyo-saku-dai | 2009-05-25 03:14 |  ②大見いこいの広場AC | Comments(0)

新型インフルエンザ

はぁ・・・
会社で気分転換にブログを立ち上げてみた。

新型インフルエンザでドえらい迷惑を被っている人は多いだろうけど、そのうちの一人は間違いなく僕である。

なんせしつこいようだけど、マスクがうっとおしい。
低酸素の高地トレーニングをやってるみたい。(やったことないけど ^-^)

しかもマスクが売り切れてるらしい。
ネットオークションではバカ高い値段で取引されているとか。

阪神淡路大震災のときに、キャベツ1玉を10000円で売った奴がいたらしいけど、それを思い出すなぁ


もうこうなりゃマスクと名の付くものは全部採用してやれっ!!

c0113733_23533330.jpg

これで駅を歩いてみたい!

c0113733_23543543.jpg

必殺!カラスマスク!

c0113733_23545162.jpg

これもシブいぞ!

c0113733_23555455.jpg

やっぱコレに決めた!
by ds-kyo-saku-dai | 2009-05-21 23:56 | ◇DSのひとりごと | Comments(0)

マスク

もともと自分はマスク派

特に空気が乾燥しだす11月から花粉が舞い散る4月までは、電車の中は基本的にマスク。

なので、今のインフルエンザによる会社からのマスク着用義務はなんてことない。
どこもマスクが品切れらしいけど、常時マスクをストックしていたので問題なし。

しかし・・・・・

オフィスでも昼食時以外は全ての時間マスク着用ってのはキツイ。
低酸素で頭が痛くなる。

c0113733_1422628.jpg

どこもこんな感じで異様な光景

c0113733_1424460.jpg

マスクしているほうが綺麗な人もいるんやろなぁ ^-^



c0113733_1434569.jpg

明日は会社の過剰反応な方針に反対する意味で、このマスクでいきます。
(鼻と口が出てるな・・・・笑)
by ds-kyo-saku-dai | 2009-05-20 01:44 | ◇DSのひとりごと | Comments(0)

パンデミック

うちの会社も厳戒態勢に突入。

一日中マスクを付けておかねばならないのは苦痛だ。

出張、イベント、研修などなど、すべて延期もしくは中止。
これだけでも相当なキャンセル料などが発生する見込み。

新型インフルエンザには少々過剰反応気味な厚生労働省。
突然1週間の休校に踏み切った橋下知事。
どっちもちょっとヤリ過ぎやと思うなぁ

特に1週間休校にしたのは中途半端
なんで1週間なのかという根拠は全くない、実に付け焼刃的な対処だ。

弱毒性なんだから、通常通り授業を進めて、やむを得ない場合は個別に学級・学校閉鎖にすればいいのに。
実に生徒・児童144万人以上が自宅待機という前代未聞の状況。

感染を拡大させたくないという気持ちはよ~く分かるが、意味もなく闇雲に、しかも中途半端な1週間休校は、働きながら育児をしている多くの大人達にとっては大きな迷惑だと思うな。

うちの会社でも、いきなり保育所等が臨時休業になった場合の服務の扱いをどうするかが問題になってる。これに対しては、厚生労働省から各企業に対して「柔軟な対処を実施願いたい」という要請文書が出されているけど、子供を預けられないので自宅にいる社員等について、いくらなんでも勤務扱いにして有給休暇を付与するほどお人好しじゃないもんなぁ。年休で対処してちょ!です。

全くもって新型インフルエンザは、今関西を振り回しております。 ^-^

はよ落ち着いてくれ~
by ds-kyo-saku-dai | 2009-05-19 02:31 | ◆リーマン日記 | Comments(0)