金沢単身赴任中のリーマン日記


by ds-kyo-saku-dai
カレンダー

<   2009年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧

天川村


奈良県天川村の公共工事をめぐる不正入札事件で、県警捜査2課は28日、落札に便宜を図った見返りに業者側から現金200万円を受け取ったとして、加重収賄容疑で同村洞川、前村長、車谷重高被告(51)=加重収賄罪で起訴=を、贈賄容疑で同県宇陀市榛原区、「村本建設」(本社・大阪府中央区)営業部長、藤本良和容疑者(56)を再逮捕した。車谷容疑者の逮捕は3度目。2人は容疑を認めているという。


水の綺麗な天川村だけに、汚れた村長の心が浮き彫りになる事件だ。

世の中、お金だけじゃないよ~。
by ds-kyo-saku-dai | 2009-01-29 00:14 | ◇DSのひとりごと | Comments(0)

ブラッドダイヤモンド


ダイヤモンド好きな彼女に是非見せてあげたい。

c0113733_1311472.jpg


そんな映画です。

結論から言えば、★★★★ の4つ星映画。

ディカプリオがちょっとカッコよすぎるのが玉にキズだけど、
テンポが良くて迫力のある映画でした。

ただ、銃撃戦などは実にリアルだし、かなり残酷な映画。
ある意味、先日見た「SAW」よりもよっぽど惨かった・・・・。

実際に起こった事件なだけに、本気で考えさせられる映画でした。
文句なしにお勧めできる映画だ。

会社帰りの23時から見ると実にヘビーだけど・・。 ^-^:

ブルーレイで借りたらメッチャ綺麗やった~。
by ds-kyo-saku-dai | 2009-01-28 01:35 | ◇DSと映画 | Comments(0)

梅小路蒸気機関車館


蒸気機関車かぁ・・・・あの石炭で走るやつやね。

蒸気機関車の展示館かぁ・・・・まぁ、いろんなパーツが展示されてて、
ほんでもって、昔走ってたSLが2~3台展示されてるんやろねぇ・・・。

でも、さすがに今日は寒いから、公園散歩は無理やし・・・。

ということで、

別に鉄道には興味はないけど、とりあえず行ってみることにした。
梅小路蒸気機関車館、ウメコウジと読みます。^-^


家からは車で30分程度。
うちは京都と大阪と奈良の中間点にあるみたいな場所なので、意外と行動範囲が広い。

c0113733_22385862.jpg


で、着いてみたらビックリ。
これ、ものすごい施設やんかぁ~!!

SLに興味のない僕らでも、この展示されている台数にはビビッた。
しかもSLって実はめっちゃかっこええやん・・・・。

c0113733_2242733.jpg


実際に石炭で走ってます!
始めて聞く本物の汽笛に、ちょっとマジで感動した。

プゥォォォォォォオオオオオオオオオオ!!!!

思わず耳を押さえてしまうほどのデカい音。

c0113733_22435096.jpg


ダイボンも興味津々。
サクラは汽笛音を聞いて、「もう鳴らへんかなぁ・・・・」 とビビリ気味。 ^-^

c0113733_22484755.jpg


この蒸気機関車は、定期的に全部動かしてるみたい。
間近で見ると、ホンマにシブイ。

c0113733_22522498.jpg


油の臭いが実に男臭い。
シリンダーが真横に動き、車輪がグルグルと歯車のように動き出す様は圧巻でした。

c0113733_2246532.jpg


子供よりも大人が楽しめる場所。

c0113733_2252845.jpg


特に鉄道マニアの方々には溜まらん場所でしょう。


c0113733_2246419.jpg


ダイボン、どこでもヒョウキン者。 ^-^




梅小路蒸気機関車館、なかなか満足のいく施設でした。

入館料は大人400円、5歳以上の子供は100円。
これは結構リーズナブルなんだけど、駐車場が高いのは残念。(2時間700円)
公共の施設でこの駐車料金はないと思う。

あと、蒸気機関車の後ろにくっついた列車に乗ることもできますが
これは乗ってもあまり意味なし。
大人200円、5歳以上の子供は100円ですが、外から見てるほうがええです。

http://www.mtm.or.jp/uslm/
by ds-kyo-saku-dai | 2009-01-25 22:49 | ◇子供と施設へ | Comments(0)

SAW

<フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より>

『ソウ』(原題:SAW)は、2004年に公開されたサスペンス・スリラー映画。

サンダンス映画祭において2004年1月に上映され、低予算ながら視聴者を翻弄する技巧的なストーリー展開で好評を博したソリッドシチュエーションスリラー。

タイトルの「ソウ」(Saw)は「(名)のこぎり」「(動)seeの過去形」そして劇中謎を投げかける犯人の名前ジグソウ(jigsaw)、と三つの掛詞になっている。さらに主人公の職業である外科医を意味する語(sawbones)や立場逆転のこと(seesaw)も示しているのではないか、という考えもある

c0113733_10384359.jpg


口コミ情報でも絶賛されていたこの映画。

怖そうだったけど見てみたが、「生き残りゲーム」的な話はよくできてるし、ラストなんかもかなり大ドンデン返しでスゴかった。


けど・・・・

こう簡単に人が死ぬ映画はどうも見ていて気分が悪い。
しかもかなりグロいです、この映画。

こういう映画が評価されるから、猟奇的な殺人事件が実際に起こるんじゃないかなぁ。
昔は「バラバラ殺人事件」なんて、日本中を恐怖に陥れたもんだけど、最近は何か聞きなれた感じもする。

この前捕まったやつなんか、お風呂でバラバラにして、少しずつトイレに流してたらしいやん。トイレに流れない部分は鍋で煮てから捨てたらしい・・・・。人間のすることじゃない。


そんな社会的な影響が気になる、猟奇的な映画でした。
ストーリーはよくできてるけど、子供たちには一生こんな映画は見てもらいたくないな。
by ds-kyo-saku-dai | 2009-01-25 10:50 | ◇DSと映画 | Comments(0)

またもや・・・


毎年恒例の・・・!

c0113733_021236.jpg


ターザン!!


またもや購入した私。

「今年こそ」ってタイトルにもあるように、この雑誌を買う人のほとんどがダイエットや体の改造に挫折している人やろうなぁ。


お腹が六つに割れる日はいつの日やら・・・・。
by ds-kyo-saku-dai | 2009-01-23 00:23 | ◇DSのひとりごと | Comments(0)

革命

昨年、僕にとって革命的な出来事があった。

それは「ipod」との出逢いだ。

c0113733_1404581.jpg


巷で話題になっていたのは勿論知っていたけど、ここまで便利なものだとは・・・。

今更ながらに言わずもがなだけど、この電子機器は僕の生活を一変させた。

生活のすべてに音楽がある。

そんな生活にしてくれたのは、このipodの利便性とスタイルだろう。


c0113733_1423511.jpg


音楽を簡単に収録できる喜び

お気に入りリストを瞬時に編集できる楽しさ

ipodはこれからの僕の人生に大きな利益をもたらしてくれるだろう。


もうこれは手放せないっす。


曲の残り時間を気にしながら、カセットテープに録音していたあの頃が懐かしい。

c0113733_144515.jpg

by ds-kyo-saku-dai | 2009-01-22 01:45 | ◇DSのひとりごと | Comments(0)

クリスタルベンツ

うわ~、コレに乗って近所のスーパーに行ってみたい。 ^-^

c0113733_1345717.jpg


ちなみに非売品だけど、7000~1億円程度だそうです。

c0113733_1353493.jpg


これは目立ちまっせ~。
by ds-kyo-saku-dai | 2009-01-22 01:35 | ◇DSのひとりごと | Comments(0)

インフルエンザ


さくらの調子が悪い

熱が38~39度を彷徨っている感じ。

先週の土日も絶不調だった。

なので、今日はいよいよ嫁さんと病院へ向かったらしい。

病院は今や「病原体の巣」みたいなもんなので、健康体のダイボンをみすみすヤラれるために行くようなもんだけど、さくらの調子回復のためには仕方ない。


待合室でさくらが

「さくらって、インフルエンザなん?」
と、かなりデカい声で嫁さんに聞いたらしい。


周りの奥さんがズズっと席をズラしたとか・・・(笑)



今年は自分自身がインフルエンザのワクチンを打ってないだけに
電車の中では完全にマスクで防備中です~。
by ds-kyo-saku-dai | 2009-01-22 01:11 | ◇サクラこらむ | Comments(0)

ダイボンの実力


というわけで、1月末にやっと3歳になるダイボンは、4月から幼稚園に行く。

先にもあったように、幼稚園生活で最低限必要な事項はほとんどできていないという「未完」のダイボンではあるが、そんな彼と、姉のさくらを比較すると、「女の子のほうが楽」という一般論が言い得て妙であることを痛感する。

想定する中で最も最低な行動をするのがダイボン
想定してた行動をしつつも、何事も無難にこなすのがサクラ

一事が万事そんな感じ。
今のダイボンは、「何をやってもダメ」ってのが見た目の印象となる。

c0113733_1255861.jpg


しかしそんな彼も非常に良い部分がある。
それは彼の明るい性格。

とことん明るい。
そして細かいことは気にしない。
コケても泣かない、やられたらやりかえす。

男の子の強さを感じることが多い。
腕力はかなりのものだし、闘争本能が凄い。

家族のムードメーカー。
おっちょこちょいのヒョウキン者だ。
男の子らしい可愛らしさがある。

なので、ちょっとくらい何もできなくても全く問題ないと思っている。
だって、4月生まれの子と比較すれば、生きてる時間が全然違うしね。

ただ、ちょっと手が早いのが気掛かり。
何度叱っても、口よりも先に手が出てしまう。
人に危害だけは加えない程度で、伸び伸び、大きな男になってもらいたい。
by ds-kyo-saku-dai | 2009-01-21 01:26 | ◇ダイボンこらむ | Comments(0)
1975年に始まった『秘密戦隊ゴレンジャー』から始まるスーパー戦隊シリーズ。
1993年 『五星戦隊ダイレンジャー』第15周年
1995年 『超力戦隊オーレンジャー』第20周年
2001年 『百獣戦隊ガオレンジャー』第25周年
2006年 『轟轟戦隊ボウケンジャー』第30周年

と続き、現在テレビ放映中の『炎神戦隊ゴーオンジャー』で第43作目だとか。

c0113733_112766.jpg


これがまたダイボンがハマりまくりで、寝ても覚めてもゴーオンジャー

おもちゃ売り場ではゴーオンジャーグッズコーナーから離れず、その少年吸引力の強さを思い知る日々が続いているが、ついにこのゴーオンジャーが今月末をもって終わるそーだ。

 「ダイちゃん、ゴーオンジャー終わるんやってさ」

 「おわらへんで」

 「いや、終わってな、シンケンジャーが始まるねんで」

 「おわらへんわ!」

どうもこの「番組が終わる」というのが理解できないらしく、彼は永遠にゴーオンジャーと共に歩んでいくイメージで過ごしているようだ。

2月から始まる『侍戦隊シンケンジャー』はこんな感じ。

c0113733_161961.jpg


ゴーオンジャーが結構「イマドキ」だったのに対し、シンケンジャーは実に古風。
時代を逆行するような「侍」「真剣」というキーワードは微妙だ。

「天下御免」とはこれまた古い。
「天下御免の向こう傷!」 こ、これは旗本退屈男やんか!


しかしまぁ、ジェンダーの時代だけあって、5人のうち2人が女性。

しかも最近では黄色=女性という図式が当たり前になっているようだ。

どうしてもゴレンジャーでカレー好きだった黄レンジャーの印象が強いが、実は歴代の戦隊シリーズで黄色が男なのは43作品中6作品だけらしい。

ま、なんにしても、今ダイボンが大事に持っているゴーオンジャーグッズは、あと数ヶ月後にはゴミ同然になってしまっているのか・・・?それが気掛かりなのであった。
by ds-kyo-saku-dai | 2009-01-21 01:11 | ◇ダイボンこらむ | Comments(0)