金沢単身赴任中のリーマン日記


by ds-kyo-saku-dai
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2008年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ため息

「驚く女性客見たくて」電車内に幼虫200匹バラまいた男逮捕

 走行中の京阪電鉄の特急電車内にミールワームと呼ばれる昆虫の幼虫約200匹をばらまいたとして、大阪府警枚方署と鉄道警察隊は24日、威力業務妨害の現行犯で兵庫県西宮市の会社員、水田学容疑者(35)を逮捕した。水田容疑者は「驚いた乗客の女性が足をばたつかせる姿を見たかった」と供述しているという。同電鉄では今月だけで同様の被害が他に18件あり、府警で余罪を追及する。

 調べでは、水田容疑者は同日午前10時ごろ、大阪府寝屋川市内を走行中の中之島発出町柳行き臨時特急電車の2階席で、座席の下にミールワームをばらまいたところ、警戒中の鉄警隊員らが確認、逮捕された。

 ミールワームは全長約2センチ。水田容疑者がもっていたリュックサックからは他にミールワーム約3600匹が入ったケース約10個が見つかっており、府警はこれらもばらまくつもりだったとみて調べている。

 ミールワームはゴミムシダマシ科の昆虫の幼虫の総称。小鳥など小動物のエサとしてペットショップなどで市販されている。

--------------------------------------------------------------

男35歳、虫で女性を脅かして何が楽しいのか・・・・・

小学生か・・・・まったく。


ため息のでるような、「大人」の事件が堂々とネット上に公開されてる。

そりゃ、子供らも荒れてくるわけやなぁ
by ds-kyo-saku-dai | 2008-11-24 21:36 | Comments(0)

秋の家族旅行


秋の家族旅行へGO

今年は春先に四国へ行ったところだけど、頑張って秋にも旅行してみることした。
出費は痛いけど、人間いつ死ぬか分からん。
行きたいときに、行ける範囲で家族旅行は行くべきだと思う。


とはいえ、チビっこを連れて飛行機も面倒だ。
新幹線も魅力的だけど、やはり子連れなら車移動が楽チン

会社の上司から聞いた幻の間人蟹(たいざがに)を食べれる民宿を目指し
DS家はいざ京都府の最北端、丹後半島へ車を走らせる。


丹後半島といえば天橋立くらいしかメジャーな観光スポットはないけど
子供を連れて行くならお勧めと聞いた「丹後あじわいの郷」へ行ってみた。

c0113733_2203759.jpg

大阪からは車で3~4時間で到着。
なんだか妙に閑散とした雰囲気。
ええ感じで錆びれてます~ ^-^

c0113733_2213160.jpg

おもしろ自転車も全部錆びてました。 ^-^

c0113733_2214926.jpg

昆虫館=閉鎖中
王国タワー=破損につき立ち入り禁止   

^-^ 3連休やねんから修理しとけばええのに・・。

c0113733_2231325.jpg

この滑り台が一番面白かった。
300円で乗り放題。
20分300円らしいけど、空いてるので乗り放題。

2人乗りは禁止って書いてたけど、空いてるのでやりたい放題
さくらも取り付かれたように滑っておりました。

c0113733_2242765.jpg

ま、丹後あじわいの郷は、そこそこに時間を潰せる場所。
これに行って帰るというスタンスでは訪れる価値は少ないかも。
あくまでもカニがメインの途中立ち寄りイメージがベストです。



いよいよ間人(たいざ)へ

c0113733_2255988.jpg

カーステからは「ここで~♪ 一緒に~、死ねたら~いいと~♪」 ジョージ山本
ザッパァァァン・・・・
日本海の荒波だねぇ~。

どっちの料理SHOW でも「特選素材」として紹介された間人蟹。
ここらへんで取れるズワイガニを総称して間人蟹っていうらしいんだけど、小型漁船で少量を捕獲し、生きたままセリに掛けられるという希少価値の高い蟹らしく、普通の旅館で食べると、宿泊料込みで6万以下では食べられないらしい。

今回は宿泊レベル度外視のカニ重視。
泊まった所はド民宿!

民宿には風呂もなけりゃ便所も共同。
しかし、この間人蟹の凄まじい食感と甘さにビビッた・・・・。

c0113733_2265336.jpg

ゆで蟹

c0113733_2303938.jpg

お刺身

c0113733_2305220.jpg

あかん・・・・・死ぬ・・・・・

c0113733_3285373.jpg

身がこぼれおちとる・・・うまっ!

c0113733_2311249.jpg

焼き蟹

c0113733_2312894.jpg

ミソ・・・・芳ばし過ぎる。

c0113733_232513.jpg

もうこの辺で既にギブアップ状態。

「身をほぐしておきますね」 と仲居さんが身を取ってくれた。
c0113733_3295290.jpg

ど~ん・・・・すげ~、食いきれんですぞ~こりゃ。
さらにカニ鍋料理が次々と・・・・もうあかん。

c0113733_2324762.jpg

おいおい、5歳でそのカニは食ったらあかんやろ~ 

c0113733_233303.jpg

翌朝はカニ雑炊で再度死ぬ。

もう人生最高のカニ料理でした。ごちそうさま。

c0113733_2342112.jpg

あとはお約束の天橋立へ

c0113733_3333066.jpg

このときだけカラ~ッと晴れるあたり、ラッキーだわ。

c0113733_2351456.jpg

10年ぶりに来たけど、やっぱり天に龍が昇っていくようには見えん・・・^-^:

「ぱぱ、何してんのん??」

c0113733_236823.jpg

なんでか遊園地になっている山頂。
ま、子供らにはこれが一番やったみたい。

あ~よう遊んだ。
頑張ってシゴトする気が湧いてきた秋旅行でした。
by ds-kyo-saku-dai | 2008-11-24 02:41 | ◇家族あれこれ | Comments(0)

あやしげな・・・

曽爾高原に行く際に見つけた看板


c0113733_121403.jpg


妖怪人間ベムの字体のレストラン

その横の石浜ひろしさんの美容室は何やら不穏な雰囲気だ。


これはこれでインパクトがあって、看板としては大成功なんじゃないかな。

客が増えるかどうかはビミョーかも。 ^-^
by ds-kyo-saku-dai | 2008-11-20 01:23 | ◇DSのひとりごと | Comments(3)

曽爾高原

曽爾と書いて「そに」と読む

曽爾高原はススキの草原で有名な三重県の名所。

6年前に一度訪れたとき、その綺麗さに感動したのを覚えている。


c0113733_1145148.jpg


まさに黄金に輝くススキの穂がかなり綺麗だった。

c0113733_1152349.jpg


これは2002年10月の映像だ。


で、今回、チビ達を連れて行ってみた。

c0113733_1161922.jpg


なんじゃ~この霧は~・・・・

c0113733_1164289.jpg


ススキの穂も枯れかけてるし~

曽爾村ファームガーデンの人が言った。

「今は見頃ですよ」

は、ちょっとウソでしょう~

c0113733_118347.jpg



ま、霧は霧で神秘的だったのでコレもまたよし。

子供たちの体力に圧倒され、みんな湿気で髪の毛が

クルンクルンになった土曜日なのでした。
by ds-kyo-saku-dai | 2008-11-15 22:13 | ◇家族あれこれ | Comments(0)

フラガール


んでもってこれも見ましたよ。

「フラガール」

c0113733_257261.jpg


司馬遼太郎の「坂の上の雲」を読んだことがないなら、是非読んでほしい。

そして、このフラガールを見たことがない人がいたなら、是非見てほしい。

僕の邦画史上、最高に近い作品でした。

こういう直球勝負の映画に弱い・・・ ^-^ しかも実話だとは・・・。


感動した!


DSの採点 95点/100点
================
フラガール

監督   李相日
製作   李鳳宇・河合洋・細野義朗
脚本   李相日・羽原大介
出演者  松雪泰子・豊川悦司・蒼井優・山崎静代・岸部一徳・富司純子
音楽    ジェイク・シマブクロ
配給 シネカノン

================
by ds-kyo-saku-dai | 2008-11-14 03:10 | ◇DSと映画 | Comments(0)
先週末に見ました。

『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』

c0113733_251347.jpg


1960年代に新聞を騒がせ、逮捕後はFBIに貢献、

今はセキュリティアドバイザーになっているフランク・アバグネイルの自伝小説を映画化。

スティーブン・スピルバーグがメガホンをとり、

レオナルド・ディカプリオ、トム・ハンクスの2大トップスターによる顔合わせとなっている。


小切手詐欺の見事さは今では通用しないだろうけど

見ていて爽快な映画だった。

c0113733_2521689.jpg


これは面白い!


DSの採点  80点/100点
=========================

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン
Catch me if you can
監督 スティーヴン・スピルバーグ
製作 スティーヴン・スピルバーグ
脚本 ジェフ・ナサンソン
出演者 レオナルド・ディカプリオ・トム・ハンクス
音楽 ジョン・ウィリアムズ
撮影 ヤヌス・カミンスキー
編集 マイケル・カーン
配給 ドリームワークス / UIP

=========================
by ds-kyo-saku-dai | 2008-11-14 02:53 | ◇DSと映画 | Comments(0)

サーカス


お遊戯会は昼まで

昼からは、前から行きたかった「木下大サーカス」に行ってみた。

サーカスは大学時代に見たボリジョイサーカス以来なのでチョイ楽しみだ。


c0113733_233226.jpg


映画「ダンボ」を思い出させる。

いわゆる「サーカス小屋」って感じが、大人の心もウキウキさせてくれる。

c0113733_234178.jpg


入口の横ではゾウと記念写真が1,000円でできるとか。

他にもグッズなどがすべて1,000円単位で販売されてる。

薄っぺらいパンフレットも1,000円、自動販売機のコーラは170円。

決められた期間での興行で、少しでも利益を上げねばならないんだから仕方ないね。


c0113733_2373523.jpg


予想以上の人にびっくり。

大人2700円、3歳以上の子供1700円の入場料は決して安くない。

それでもやはり一度見てみたい人は結構いるんだな。


c0113733_2385574.jpg


サーカスは実にサーカスな雰囲気で、3時間以上も続く。

お腹いっぱいの内容に、2700円の入場料も納得だ。

キリンが出てくるだけで会場が沸く ^-^


c0113733_2310342.jpg


ゾウの2足歩行も感動的。

c0113733_2311490.jpg


オリの中でライオンとトラがネコのように扱われるのにはビビッた。

個人的にはコレが一番インパクトがあったなぁ


c0113733_231159100.jpg


これもスゴかった。ホンマに命掛けやわ ww



木下っていうくらいなので、全員日本人かとおもいきや、半分以上が外国人。

やっぱりサーカスの本場はロシアなのかな?



とにかく、木下大サーカス、見て損なしでした。 ^-^
by ds-kyo-saku-dai | 2008-11-08 23:16 | ◇家族あれこれ | Comments(0)

発表会

今日はさくらの発表会

昨年の発表会、そして運動会と、100点満点の演技を続けているさくら。

今回の意気込みを聞いてみると


「ん?かんぺきやで」


と一言。

で、どんな内容なのかを尋ねると、


「ないしょ。だって何にも知らんとみたほうがびっくりするやろ?」


と一蹴された。^-^



c0113733_1841353.jpg


ボランティアのママさんたちによる手作りの衣装を身にまとう子供たち。

こんなにかわいらしいのは幼稚園までなんかな


c0113733_2253299.jpg


さくら、今回も全く危なげない演技で100点満点。

親バカポイントを差し引いたとしても、十分合格点だろう。

本番のときの真剣な眼差しは、それこそ大人顔負け。


c0113733_2255189.jpg


相変わらずの報道陣。

ここは記者会見会場か・・??




というわけで、お遊戯会は無事に終了。

幼稚園の先生の努力に乾杯~! 
by ds-kyo-saku-dai | 2008-11-08 22:32 | ◇サクラこらむ | Comments(0)

考える

さくらは考えた

「牛乳をテーブルの端に置くと、こぼれるかもしれない」

さくらは牛乳の入ったコップをテーブルの奥に置くようになった。


ダイボンはどうだろう

「お皿まで顔をもっていかないと、カレーライスがこぼれてしまう」

ダイボンはちゃんと顔を皿の上にまで伸ばしてカレーライスを食べるようになった。


5歳と2歳の子供ですら、「もし〇〇すれば、〇〇になる」
という予測のもとに行動している。

人間は考える動物である。

何も考えていないのは本能のまま生きる一部の動物のみだ。




「酒を飲んでいて無免許だった。人を引きずったまま逃げれば、
死んでしまうことは分かっていたが、その場から逃げ切りたかった」



大阪で30歳の会社員を轢き、
3キロも引きずってその尊い命を奪った22歳の男性の言葉。

30歳の会社員には、2歳の長男がいて、来年1月には2人目が誕生予定だった。
跳ねた時点で介護すれば、命は助かったらしい。

引きずられながら、徐々に意識が遠のいていくとき
さぞ無念だっただろう、さぞ家族のことが気になっただろう。

人事とは思えない。



考えろ

もっと深く考えろ

酒を飲む前に、店を出たときに、車に乗る前に、車を運転している間に、

そして人を跳ねた瞬間に・・・・

考えれば分かる

考えろよ

考えろ

ホンマ、考えて行動せえよ・・・・・まったく。


やりきれない事件は後を絶たん。
by ds-kyo-saku-dai | 2008-11-05 22:29 | Comments(0)

IKEA

IKEA

イケアと読みますが

行ったことあるでしょ~か


c0113733_23141913.jpg


掛川花鳥園の帰りに行ってみました。

花鳥園から車で2分くらいなのでセットでどーぞ。


c0113733_23151510.jpg


徹底した合理化によるコスト削減

その削減コストの一部を商品に反映させているらしく

やっぱり相対的にみても安い。


だだっ広い展示場所をふんだんに利用していて

いくつもの部屋がいろんなイメージの家具で構成されてる。

んでもって、「この部屋まるごとで109,000円」 みたいな感じ。


c0113733_23174067.jpg


んじゃまとめていってみるか!

って人が多いやろなぁ

すごいビジネスモデル


展示ルートの最終に訪れる大倉庫(兼)展示棚

c0113733_23191614.jpg


なんじゃ~この広さは~!!!!!!!!

圧巻です。



枚方家具団地のお店がちらほらと潰れてるけど

こんなんが出てきたら太刀打ちできんわなぁ~ほんま


久々にショックを受けた規模のお店でした。 ^-^
by ds-kyo-saku-dai | 2008-11-04 23:28 | ◇家族あれこれ | Comments(0)