金沢単身赴任から帰った中年リーマンのしょーもない日記


by ds-kyo-saku-dai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ダイボン誕生日


ダイボンが今日で2歳になった。

ワインのコルクのように、ママの産道で6時間も埋まったままだったダイボン。

c0113733_22184976.jpg


出産直後の嫁さんの手がその出産の凄まじさを物語っていた。

c0113733_2231056.jpg


その名残で左後頭部が少しヘチマみたいなダイボン。

それは彼のチャームポイントでもある。

c0113733_2213444.jpg


生まれて半年は夜泣きもせず、お風呂も泣かず、グズりもせず

大仏のように不動であり、怪童とも噂されたダイボン。



そんな彼も少ないながらも言葉を発し、

超ウルトラマイペースという個性を発揮しながら

ヘタクソな走り方でそこらじゅうを元気に走り回るくらいに成長した。

c0113733_2216247.jpg


結局、「怪童」ではなく、「怪獣」だったダイボン

たっぷり食べて、たっぷり寝る彼はズンズン成長している。


c0113733_2215447.jpg


パパからのプレゼントは、バイキンマンの抱きまくら。

アンパンマンよりもバイキンマンが好きなあたり、ダイボンらしい。


もっと大きくなれ、そしてもっと強くなれ

女の子の成長は何かと不安があるけど、男の子の成長は何だか楽しみだ。
by ds-kyo-saku-dai | 2008-01-30 22:17 | ◇ダイボンこらむ | Comments(2)

坂の上の雲


『坂の上の雲』

昭和43年(1968年)から47年(1972年)にかけ、4年3か月にわたって産経新聞夕刊に連載され好評を博した作品で、司馬遼太郎が、明治という時代に立ち向かった青春群像を、10年の歳月をかけ渾身の力で書き上げた壮大な物語


このノンフィクションな物語を読み始めて1ヶ月余り

早く読みすぎて終わってしまうのが惜しいくらい面白い。

全8巻、ただ今6巻の終わりのほうだけど、寝る間を惜しんで読んでます。


これ読んでると、日露戦争時代の日本人の凄さを感じずにはいられない。

昨年末に旅順、大連、203高地に実際に行った経験が、凄く臨場感を持たせてくれる。

英雄として称えられている乃木稀介。

実は何千人もの日本兵を無駄に殺してしまっていたのか・・・・初めて知る事実。


うちの部長が僕に対して

「日本人であるなら、一度読んでみるべきであり、読んで司馬遼太郎の考えに合わなければ途中で止めたらいい。」

と言った意味がよく分かる。

今の自分があるのは、この時代に日本のために命を落とした1万5千人と、機転を利かせて強大なロシア軍を破った人達のおかげだなぁと痛感する作品ですわ。


c0113733_21523180.jpg


名将、東郷平八郎

トップの統率力は重要だ。

特に戦争になれば、その判断のミスは部下の命に直結する。

橋下知事にもその統率力があればいいですが・・・・。
by ds-kyo-saku-dai | 2008-01-30 21:53 | ◇DS本を読む | Comments(2)

知事のお仕事


「職員給与の削減も辞さない」
「それが嫌なら辞めてもらってもかまわない」…。

いきなりの先制口撃!

誰かと思ったらテレビでお馴染みの橋下弁護士じゃないすか。

いや、橋下大阪府知事か。

橋本 じゃなくて 橋下なのね。


やる気は認めるけど、これは前途多難だろう。

自分自身も大きな会社の社員だから分かるけど、

組織が大きければ大きいほど、保守的で守り一辺倒な人が多い。

妙な団体も多いし、妙な偉いさんも多いよなぁ

お役所なら尚更でしょう。


「脱ダム宣言!」

で、事実上、孤軍無援となったヤッシーこと

田中康夫(元長野県知事)さんを反面教師にしつつ、

何かと上手いことやってそーなそのまんま東知事を参考にしつつ、

グイグイ引っ張る石原都知事の統率力を拝借しつつ、

歴史に残る大阪府知事になってもらいたいもんだ。
by ds-kyo-saku-dai | 2008-01-29 20:23 | Comments(2)

またもや凄惨な落書き事件が勃発した。
20日未明、枚方市の会社員DSさん(33)の長女さくらさん(4)のお気に入りのサンダルに何者かによる悪質な落書きがされていることをDSさんの妻が発見し、警察に通報した。犯人は近くに住むDSさんの長男ダイボン氏(1)であることが本人の自白により判明し、警察は21日付でダイボン氏を器物破損の容疑で逮捕、起訴し、他に余罪がないか厳しく取調べを続けている。(共同)


c0113733_111262.jpg

c0113733_1111481.jpg

無残にも落書きされたクロックス社製のサンダル(左部分)

c0113733_1115190.jpg

犯行に使われたと見られる油性マジックペン

c0113733_1121387.jpg

連続落書き犯として4度目の逮捕となったダイボン氏。
余罪については、終始「なんで~?」と惚けた様子で犯行を否認している。
by ds-kyo-saku-dai | 2008-01-27 01:14 | ◇ダイボンこらむ | Comments(0)

c0113733_22371339.jpg


さくらの幼稚園の制作発表会を早々に終え、

パパとさくらとダイボンはまたもトリオでお出かけ

ママは法事なのでチビッコ達を連れ出した。


行き先は前から気になっていた「篠山チルドレンミュージアム」

c0113733_2236890.jpg


丹波篠山と言えば兵庫県北部となり、普通に考えれば遠い場所

でも僕が昨年カヤックで25回も通った立岩ホールはそれより北なので、特に遠さは感じない。

まったくもってカヤッカーの距離感はちょっとおかしい。 ^-^


篠山チルドレンミュージアムは、廃校となった校舎を利用してできた施設

c0113733_22362996.jpg


c0113733_2236395.jpg


しかしこれまたバブリーなくらいに中が整備されとるのです。

どこもかしこもめっちゃ綺麗。


c0113733_2238387.jpg


食堂もキレイでかわいらしい。

カレーが400円なので、大盛りと普通盛りを注文したら・・・・




すげー大盛りだった。

c0113733_22394650.jpg


ここは学食なみだ。

辛さがかなり甘めなので、子供達はオチャワン3杯ずつ食べた!

結局大盛りを分けてちょうどの配分。

すごい食欲・・・。

食べ終えたとたんにダイボンが席上で脱糞。 

おいおい、まだ食べてるんですけど~

カレー食って、すぐにウンコするあたりがシブイぞ、ダイボン。 ^-^



他に

c0113733_22414950.jpg


紙芝居やら

c0113733_2242836.jpg


本格的な知育ゲームやら

c0113733_22423612.jpg


巨大な絵本図書館やら、施設は充実しております。

c0113733_22435781.jpg


予約しておけば、工房での手作り体験も充実しているようだ。

今日は粉からのパンつくり体験。

結構たのしそーでした。

1時間半の体験で200円は安いね~。

次回は予約して体験してみるぞ。


c0113733_22525955.jpg


オモチャの箱がたくさんある中から選んで遊ぶコーナーもあり

c0113733_22535130.jpg


ダイボンがお約束のコロコロ系のオモチャで遊びまくってた。


で、

DS家がもっともハマッたのがココ

c0113733_22544384.jpg


さくらが着たこのハンガリーの民族衣装については

c0113733_22551344.jpg


「これ、持って帰る」

と言うくらい気に入ったみたい。

c0113733_2257738.jpg


僕の天職はこれではなかったか・・・・??

c0113733_2258883.jpg


東京卸売市場にこんなん居たらビビる。

c0113733_22585545.jpg


親がこんなんやってる例は少ないみたいです。 ^-^


c0113733_22594648.jpg


おっ、結構似合うやん

で、

ダイボンは結局

c0113733_2301586.jpg


謎の中国人と化したのでした。(笑)



さすが丹波篠山

普通に雪が積もってます。

子供達は結局これが一番楽しかったみたい。

c0113733_237031.jpg


枚方市から京都縦貫道をぶっ飛ばして1時間程度

駐車場無料、入場料は大人500円、4歳から小学校までは100円。


行ってみる価値はありまっせ~。

これからの季節は冬用タイヤ必須かも・・・。
by ds-kyo-saku-dai | 2008-01-19 23:07 | ◇子供と施設へ | Comments(5)

ダイエット宣言


会社で体重を計ってみたら

89.8キロ

・・・・絶句・・・・・・

過去最高が、浪人時代の93.5キロだったので

それに追いつけ追い越せの勢いだ。

おそらく、というか確実に正月休みが長かったからだなぁ~。

マジでヤバい、ヤバい、ヤバい、ヤバい、ヤバい。



ということで、ダイエットします。

 1/31 3%減「87キロ」

 2/28 5%減「85キロ」

 3/31 9%減「81キロ」


よし、宣言したぞ~っ!

よ~し、痩せるぞ~。
by ds-kyo-saku-dai | 2008-01-16 00:06 | ◇DSのひとりごと | Comments(5)

小さな夢


子供の頃からの小さな夢を叶えた私


そう、それは










c0113733_23333327.jpg


メロン半分丸ごと独り占め!



c0113733_23334946.jpg


うへへぇ~



とはいえ、子供たちにもお裾分け

c0113733_23341646.jpg




空になったメロンをダイボンに・・・・

c0113733_23344338.jpg


帽子として被せる父と姉

c0113733_23351064.jpg


かぶれ!かぶるんだ! ^-^










c0113733_23352714.jpg


メロボン 完成!

エエ顔やね~ (爆笑)
by ds-kyo-saku-dai | 2008-01-14 23:37 | ◇DSのひとりごと | Comments(0)

ダイボン巻


ダイボンのアンパンマン巻

c0113733_2327548.jpg



あったかそーで、実は寒い ^-^
by ds-kyo-saku-dai | 2008-01-14 23:27 | ◇ダイボンこらむ | Comments(0)

きっづ光科学館ふぉとん


きっづ光科学館ふぉとん という施設があるらしい。

とってもバブリーらしい。

ということで行ってきました。

これまたサクラとダイボンと3人で ^-^

c0113733_22495864.jpg


一言で申しますと・・・・・

c0113733_22515480.jpg


「バブリシャスバブリー科学館」 でした。 とってもバブリバブリシャスです。


c0113733_2252864.jpg


光をテーマにしていて、光に関係あるものをすべて並べた感じ。

館内は非常に綺麗で、整然としていて、そしてとてつもなく広い。

c0113733_22531549.jpg


階段だって普通じゃないっす。

なんか照明がすげーぞ。



c0113733_2253596.jpg


c0113733_2254956.jpg


体験ブースはここに紹介しきれないほどあり、どれも見事に作り上げられてる。

c0113733_22551428.jpg


c0113733_22552349.jpg


レーザー光線で木のサイコロに文字を焼き付けたり、なかなか凝ってます。

なので、あれやこれややってるうちにあっという間に時間が過ぎていく・・・・




で、ダイボンがハマった!

c0113733_225697.jpg


必殺!ミラーボール廻し!

もともとハンドルや車輪を回すことを人生の楽しみとしてる大佑くん。

ズ~~~~~~~~~~~~~~~~~~っと やってました。

たぶん1時間はやってたぞ。(これマジ)

c0113733_2257572.jpg


他の子達は全員諦めてた。

普通なら、「順番待ってるからもう終わりにしなさいよ」 と言うべきだけど

僕は知らぬそぶりで彼の熱が冷めるのを待つのみ。^-^

無理やり止めさすと、半狂乱になるのは確実やし~。

とはいえ、ここの科学館は基本的にメチャ空いてるのでええかもしれん。




c0113733_230286.jpg


このシアターはスゲー規模だ。

ただ、普通にプラネタリウムなどをやってくれたらいいんだけど

なぜかクイズ形式なのでちょっと疲れる。

『アインシュタインの相対性理論によると◎◎◎は×××だが、さてそれは◎か?』

など、大人でも全く分からんクイズはやめたほうがええと思うなぁ・・・・



c0113733_233681.jpg


顔をキャプチャーして遊んだりするのもなかなか面白かったし

c0113733_234302.jpg


こんな顔もなかなか怖くて面白い。




全体的に非常によくできた科学館でした。

ま、対象年齢は小学校高学年がベストだと思うけど。

これだけ遊んで、僕の入場料300円だけしかかかってないのは驚異的。

もちろん駐車場代もゼロ。

USJの駐車場代2,500円はやはり殺人的な値段だぞ~。

しっかし、完全に赤字やな~ ^-^ ここ。




c0113733_237255.jpg


ダイボンもなかなか楽しそうだった。

また寒い日にもでも行こうかなと思う施設。

まだ行ったことがないのなら、ちょっと行ってみる価値はあります。
by ds-kyo-saku-dai | 2008-01-14 23:16 | ◇子供と施設へ | Comments(0)

年末年始を振り返る


この年末年始は、大変な年末年始だった。

嫁さんの身内に不幸があり、DS家は相当てんやわんやだった。

結果的に会社に無理を言って休みをもらい、僕は子供の面倒に徹することに。

 12/26 一日看病
 12/27 ボーリング
 12/28 神戸モザイクガーデンへ
 12/29 ダンボールハウスの作成など
 12/30 梅田散策
 12/31 東条湖おもちゃ王国
 1/1  実家帰省
 1/2  初詣(石清水八幡宮)
 1/3  萩谷総合公園(大阪府)
 1/4  王子動物園(兵庫県)
 1/5  アクトパル宇治(京都府)
 1/6  北播磨余暇村公園(兵庫県)
 1/14 きっず光科学館ふぉとん(奈良県)

こう見ると完全に遊び呆けているみたいだけど、かなり大変だった。

この間、ほとんどの時間を自分とサクラとダイボンの3人だけで過ごした。

普段過重労働で子供達と深く接していない僕にとっては

もちろん初めての長期に渡る育児生活となった。


日中はともかくにしても、夜間のダイボンにはやはり手を焼いた。

「ママ(のところへ)行く~!!」 

と泣き叫びながら夜中に部屋を何度も飛び出したダイボン。

最後の方はパパへの信頼を厚くしてくれた。

彼にとっても一皮向けた年末年始となったかな。



よく笑い、よう遊び、よく叱り、そしてよく泣いた年末年始となった。

この年末年始は一生忘れない。
by ds-kyo-saku-dai | 2008-01-14 22:45 | ◇DSのひとりごと | Comments(0)