金沢単身赴任から帰った中年リーマンのしょーもない日記


by ds-kyo-saku-dai
カレンダー

<   2007年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

松山出張


仕事で松山へ出張してきた。

久々の出張、久々の飛行機

何だか子供のようにワクワクしたものの

やはり仕事でいく四国は特に面白くはなかった・・・。


松山空港からバスで道後温泉付近へ向かう。

以下、バスのアナウンス

 「次は一番町、次は一番町です~お降りの方はブザーを・・・」

 「The next bus stop is Ichibancyo・・・・・・・」

 「次停一番町、降欲人鳴鐘・・(中国語のつもり)」

 「◎▼◎△□▼◎◎▼◎▼◎・・(韓国語のつもり)」

乗客を見渡せば、100%愛媛県民やん。

少なくとも全員日本人だろう。

外国語のアナウンスは意味なしっ!


以前、大阪の泉佐野市に住んでいたときに

よく乗っていたJRの関西空港快速を思い出した。



関西空港快速というインターナショナルな名前の電車だが

乗っているのは9割以上が泉州人

英語の案内は実に無駄に感じる。



どうせなら・・・

「次わよぉ~ きっしゃだやしよぉ 降りるんやったらよぉ 忘れもんしちゃあったらあかんで」
(次は岸和田です。お降りの方はお忘れ物のないようご注意ください。)

泉州弁のほうが馴染みやすいぞ ^-^





松山のお土産はコレ

c0113733_23493666.jpg


久々に食べるとかなり旨いっす。
by ds-kyo-saku-dai | 2007-11-30 23:50 | ◆リーマン日記 | Comments(2)

矢橋帰帆島公園


巨大公園を遊びつくせ!

巨大公園破りシリーズ第6弾は、滋賀県の矢橋帰帆島公園(やばせきはんとうこうえん)

c0113733_0302785.jpg


下水処理場のために琵琶湖を埋め立てて造られた人工島である「矢橋帰帆島」にある巨大な公園、とてつもなくデカい、そして公園としてのレベルは相当高い。

c0113733_033092.jpg


家から高速を利用して車で40分、結構近いぞ~。

遊具は楽しいし、施設も綺麗。

びわこをイメージしたという木の道が公園全体に張り巡らされていて、歩いているだけでも楽しい。

この矢橋帰帆島公園は、小さい子を連れて行くには持ってこいの公園だろう。




c0113733_0383878.jpg


中にある「おもしろ自転車広場」は30分で子供200円(4歳以上)、大人300円。

意外なほどに楽しめるので、結構人気があるみたい。

チケットは事前に購入。

午前中に買っておかないと売り切れることもしばしばだとか。

ただ、30分間に利用できる人数の上限が決まっているので、混まずに遊べる。

c0113733_0413690.jpg


「レースをしたり、蛇行運転をしたりしないでください」

といわれたものの、さくら・ママ組 VS ダイボン・パパ組のちゃりんこ対決はデッドヒート。

c0113733_0421513.jpg


さくらは霊に取り付かれたようにサーキットをグルグル回り続ける・・・・

--------- 2日目 ---------

c0113733_0483878.jpg


一日じゃとても遊びきれないので、2日連続で同じ公園。

それでも面白い。

USJや東京ディズニーランドでは味わえない素朴な面白さが詰まってる。

c0113733_0464396.jpg


2日目も自転車に乗り、遊具では遊ばず、巨大な原っぱで走り回った。

ちょっと寒いけど気持ちいい11月末の清々しい天候。

子供達もゴホゴホと咳をしながらも元気に走り回ってた。



やっぱり公園はいいもんだ。

伸び伸びと遊ぶ子供達に負けじと、夫婦でサッカー、キャッチボール。

体を程よく動かせていい感じだ。



c0113733_052289.jpg


こんなトラックがあると、走らずにはいられないDS家

c0113733_05441.jpg


スタート!

c0113733_0542018.jpg


ハンディが長過ぎたか・・・・・さくら独走。

負けると悔しくて泣くので、ハンディは多めで丁度という考え方もあるな。 ^-^

この後も5本全力疾走、さくらの体力スゲ~。



と、まぁ、いい感じの公園でした。

駐車場は整備されていて、かなりの台数を収容可能。

そして無料、これは嬉しい。

あと、矢橋帰帆島入口の軽食屋のカレーライス(500円)がかなり旨いので一度お試しあれ。

帰りはびわこ沿岸をのんびりドライブできていいとこでした。

c0113733_10342.jpg

by ds-kyo-saku-dai | 2007-11-26 01:03 | ◇子供と公園へ | Comments(0)

山田池公園

巨大公園を遊びつくせ!

巨大公園破りシリーズ第5弾は、枚方市の山田池公園

ここも相当にデカい。

c0113733_0162392.jpg


遊具のレベルはちょいと低目だけど、ゆったりするにはかなりの懐の広さでした。

行ったのは11月11日、ずいぶん前だ。

c0113733_0164271.jpg


シリーズものなので、一応掲載しておかねば気が済まないので・・。

僕の変なところで几帳面な性格はこんなところで現れるよーです。



「几帳面」「神経質」=A型

というのが一般的ですが、僕はO型。


そんなの関係ねぇ~ ^-^

実は私、何を隠そう、血液型の話の腰を折るのが趣味という

悪質な血液型占い反論者でございます。

この話はまた今度・・・・^-^
by ds-kyo-saku-dai | 2007-11-26 00:19 | ◇子供と公園へ | Comments(0)

『名は体を現す』


お世話になってるチッチ氏の第二子が 「ケント」と命名されたという知らせを聞いた。

今風で、インターナショナル且つ何だかクレバーな、爽やかで良い名前だと思う。




嫁さんがポツリ

「ケントかっこええなぁ

 それに比べたら・・・・ダイスケって、やっぱりモッチャリした名前やなぁ」



そりゃそーだ。

わざと古風なモッチャリした名前にしたんやから。 ^-^

その分、ドシンと構えた、器の大きい名前だと思っている。



ま、ダイボンを見てると、とても「ケントくん」みたいなカッチョええ感じじゃない。

実にもっちゃりしとる。



最近の子はスラッとした8頭身の子が多いけど

恐らくダイボンはええとこ6頭身だろう。

平成の武田鉄也。



嫁 「わたし、太郎でもよかったと思うわ」

太郎か・・・・

なるほど、よかったかも。

どうせモッチャリ系なら、思い切って太郎のほうが逆に新鮮だ。

もし太郎なら、今はダイボンではなくて、タロヤンやな。

太郎=今は犬の名前っぽいが、逆を突く作戦もありだろう。



なんせダイボンは純和風のオッサン風の子供なのです。

『名は体を現す』

でっかく、強い男になれっ!ダイボン!

c0113733_0331053.jpg

by ds-kyo-saku-dai | 2007-11-21 00:34 | ◇ダイボンこらむ | Comments(0)


「いやんっ」



元祖ブリッ子アイドルの河合奈保子か、

はたまた松田聖子か(どっちも古っ)を思い出しながら発音してほしい。



「いやんっ」

このアクセントで、うちのダイボンは「いやぅっ!」と言う。





  「ダイちゃん、もうご飯やからナイナイしなさい!」

c0113733_1435158.jpg


  「いやぅっ!」





てな具合だ。



根底から否定されたようで、何だか清々しい。

絶対にイヤだという強い信念が伝わってくる。

「いやだ!」 よりも 「いやぅっ!」 がよりメッセージ性が強いように思える。





  「DSくん、この資料なんだけど、明日の朝までに仕上げておいてくれるか?」

  「いやぅっ!」



明日、試してみます。 ^-^

会社で通用するかな? ダイボンさん







c0113733_1464093.jpg


いやぅっ!
by ds-kyo-saku-dai | 2007-11-20 01:47 | ◇ダイボンこらむ | Comments(0)

巨大公園破りシリーズ第3弾で突撃した『山城総合運動公園』

ここはデカ過ぎる公園なので、前回攻め切れなかった「冒険の森」へチャレンジしてきた。

東京ディズニーランドとシーって感じかな。(タダですが・・・)


c0113733_054032.jpg


今日はサブかった・・・

サモア人顔負けの「寒さに強い」僕もお手上げ

装備が甘くてかなり寒かった~ 


さて、

前回の鴻ノ巣山運動公園の超ロング滑り台を下ってからというもの

怖いもの知らずで通してきたダイボン氏が滑り台を滑れなくなっている。

滑り台の入口で必ず

「イヤぅ」

といって滑らない。


ちなみに当初「イヤ~」だったものが、「イヤや~」に変わり、「イヤッ」に変わり

今は「イヤぅ」となってます。 イヤの4段活用。


でも今日それを克服したらしく

c0113733_0101044.jpg


滑っては

c0113733_0103213.jpg


オネェの手を借りつつ階段を登り

c0113733_011448.jpg


滑り台の入口へ向かうダイボン。

死ぬまで繰り返しそうな勢いでした。

ダイボンさま、復活でございます。


姉はロープをわたるのが上手くなってきた。

c0113733_0114141.jpg


やっぱり公園ばかりハシゴしてると、それなりにスキルが付いてくるから面白い。


c0113733_014275.jpg


なんかサッカーボールを蹴るのも上手くなってきたし。




途中でどうしようもなく寒くなったので

急遽、体育館へ逃げ込む


c0113733_0212550.jpg


たまたまやっていた高校バレー、結構楽しめました。

高校バレーってこんなにハイレベルなん!?


今日もええ日曜日でした。 ^-^
by ds-kyo-saku-dai | 2007-11-19 00:26 | ◇子供と公園へ | Comments(0)

最近の一冊(さくら編)


c0113733_131359.jpg


さくらの借りてくる本が興味深い。

数ある本の中から、彼女が真剣に選んできたその理由を詮索するのが面白い。

「10/5 みんなうんち」 が気になるが、いたって普通の本を借りた形跡がある。

先週は爬虫類の顔だらけの本を借りてきて嫁さんをビビらせたが・・・。




今週はコレ

c0113733_153387.jpg


宮沢賢治 著 『十力の金剛石(じゅうりきのこんごうせき)』 (笑)

日本文学ど真ん中

いきなりメッチャ難しい本を借りてきた。

100%読めん ^-^


c0113733_17320.jpg


明らかに難しいぞ

漢字だらけやし・・・。



c0113733_173413.jpg


おそらくこの絵だけで決断したとみた。

明日の朝に選んだ理由を聞いてみよう。
by ds-kyo-saku-dai | 2007-11-16 01:08 | ◇サクラこらむ | Comments(0)

最近の一冊(DS編)


最近の僕は読書ブームで

通勤電車でじっくりと本を読んだりしている。


ふと買って読んでみたら、なかなか面白かったのがコレ

c0113733_0525830.jpg



「もの食う人びと」(辺見 庸 著) だ。

辺見氏といえば芥川賞作家で有名だが、この本は実に考えさせられる本だった。


いかに自分が飽食大国に住んでいるかを思い知らされる。

生きるために必死に食べる人々のドキュメント

是非読んでみてほしい一冊だ。



c0113733_056431.jpg


『よく見れば肉には確かに他人の歯型がある。ご飯も誰かの右手で既に押ししごかれたあとらしい。彼らは金持ちの残飯をリサイクルしているのだ。』 (残飯を食らう:バングラディシュ)


据えた臭いがして、かなり酸っぱかったらしい。

さぁ、これを実際に食べられるか・・・??
by ds-kyo-saku-dai | 2007-11-16 01:05 | ◇DS本を読む | Comments(0)

避難訓練


秋が深まってきた。

大阪城公園の木々も色付き始めている。

c0113733_0511221.jpg


この時期になると、大阪の各地から観光バスに乗ってやってきた小学生などで

大阪城公園は大賑わいとなる。


結果として、大仏おじさんは特等席を今日は小学生に明け渡していた。

c0113733_053512.jpg


少し寂しそーだ。 ^-^



昼から火災を想定した避難訓練があった。

ワイワイがやがやと階段を下りて地上へ出る社員達

うちのビルだけでこんだけの人がいたのか・・・総勢1000名が並ぶ。

c0113733_0545878.jpg


1000人が外に出るまで10分かかったそーな。

本気の火災で、全員がマジで脱出しようとしたらどうなるんだろう。

避難訓練は事前連絡なしでやったほうが訓練になると思うなぁ。
by ds-kyo-saku-dai | 2007-11-15 00:57 | ◆リーマン日記 | Comments(0)

大仏さん


昼飯を食べたあと、いつも大阪城公園を散歩するのが日課。

サラリーマンから解放される瞬間。

囚人が30分だけシャバの空気を吸わせてもらっているよーな感じでもある。



その大阪城公園で

最近よく見るオッちゃんがこの人

c0113733_038355.jpg


分かります?

石像のような状態でお弁当を食べてます。


遠めに見ると大仏みたいで面白い。

おそらく本人は自分が大仏化していることには気付いてないやろな。




公園にはいろんな人が行き交う。

人間ウォッチングも飽きないもんです。
by ds-kyo-saku-dai | 2007-11-14 00:42 | ◆リーマン日記 | Comments(0)