カテゴリ:◆スキー始めました( 40 )

とんかつにジャム

3連休2日目。
自身初のジャム
とんかつにジャム_c0113733_23550381.jpg
カツを、体験してきました。
とんかつにジャム_c0113733_23550533.jpg

福井県の巨大スキー場、JAM勝山です。
枚方市から半分下道で3時間半。
とんかつにジャム_c0113733_23563682.jpg
とんかつにジャム_c0113733_23532633.jpg
強気の値段設定と広大なゲレンデ。
とんかつにジャム_c0113733_23525335.jpg
託児所があるとか、
とんかつにジャム_c0113733_23525543.jpg
ムチャクチャ人が多いとか、
スキー始めて4年目、且つ地方スキー場以外ほぼ未経験の私には驚きの連続。

こーんなリフト待ちの行列には耐えられましぇん。
とんかつにジャム_c0113733_23525873.jpg
まぢかーーーーー。
とんかつにジャム_c0113733_23530116.jpg
むぅぅぅ。。。。何しにきてるか分からん。
とりあえずシングルライドの列に並ぶ、ってUSJか、ここは。

天候はあいにく。
でもゲレンデ状態はまずまず。
これだけの人を受け入れられる懐の深さはさすが。
とんかつにジャム_c0113733_00004439.jpg
スキー場専属のDJが来場者のリクエストに応える。。。。こんなん地方スキー場には絶対にないな。^_^
とんかつにジャム_c0113733_00004541.jpg
とんかつにジャム_c0113733_00004761.jpg
たまに前が空く。
グングン滑ると気持ちがいい。
とんかつにジャム_c0113733_00035156.jpg
多いところはこんな感じ。
よける練習には最適。^_^
とんかつにジャム_c0113733_00035355.jpg
ガスがかかるともはや事故一歩手前。
全員ウォーキングデッドに見えてきた。

でも、スキー場としてはやはり凄い。
この規模で滑れるのは北陸随一。
とんかつにジャム_c0113733_00004934.jpg


カレーでも食べよ。
とんかつにジャム_c0113733_00074978.jpg
まさかの50分待ち。
カレーコーナーのバイトの女の子は慌てる様子もなく「無」の境地に入ってました・・・。


タカンボースキー場ならリフト待ち0分でカレーも5分で出てくるから、半日あれば死ねるけど、JAM勝山はそうはいかん。
子供と接触しそうになってヒヤリとすることも多く、混雑してるとなかなか辛い。
とんかつにジャム_c0113733_00075237.jpg
またDJのトークが聞こえる。
おーい、そんなトークしてる暇があったらカレー売り場手伝ったれーっ。
とんかつにジャム_c0113733_00075506.jpg
夕方になってようやく減ってきた人達。
とんかつにジャム_c0113733_00075770.jpg
景色のいいナイスでビッグなスキー場だった。
今度は3連休の真ん中じゃなくて平日に行きたいな。


とんかつにジャム_c0113733_00075984.jpg
帰りの温泉でまたコロナのニュース。
ついに金沢市民にも魔の手が。。。。


ふらっと入った海鮮アトム。
とんかつにジャム_c0113733_00132087.jpg
やっぱ北陸の回転寿司はうまいなー。
とんかつにジャム_c0113733_00132231.jpg

もう今シーズンはスキー終わり、かなと思う。
遅く始まって早く終わるシーズンなり。
これでは上手くならんね。



by ds-kyo-saku-dai | 2020-02-23 23:52 | ◆スキー始めました | Comments(2)

箱館山スキー場

ケイと2人で箱館山スキー場へ。
箱館山スキー場_c0113733_23491346.jpg
箱館山スキー場_c0113733_23520341.jpg
初の箱館山です。
近いと思ってたけど、なかなか遠いねぇ。
箱館山スキー場_c0113733_23491653.jpg
ダイスケのゴーグルなので顔のほとんどを埋めてます。^_^

箱館山スキー場。
大阪からも京都からも2時間かからないだけに賑わってました。駐車場1000円、ゴンドラ大人2000円、ケイ600円が金沢のスキー場なら不要なんですけど、これは仕方ない。
箱館山スキー場_c0113733_23492187.jpg
箱館山スキー場_c0113733_23500404.jpg
みっちり4時間半。
遊びましたねぇ〜。
ほんま疲れた。
箱館山スキー場_c0113733_23500806.jpg
底抜けに体力あるな、チビは。^_^

以下、DS社製ジャンピングコースター。
箱館山スキー場_c0113733_23592830.jpg
箱館山スキー場_c0113733_23593055.jpg
箱館山スキー場_c0113733_23593168.jpg
飛べぇーっ
箱館山スキー場_c0113733_23593351.jpg
箱館山スキー場_c0113733_23593551.jpg
箱館山スキー場_c0113733_23595302.jpg
いいでしょ?
箱館山スキー場_c0113733_23595529.jpg
「スキーを担いで山を登って、そりと一緒に滑る」の繰り返しは痩せます、これ。
箱館山スキー場_c0113733_23501395.jpg
回数券で2回だけ滑りました。
景色最高やな、ここは。
みっじかいですが。

帰りのゴンドラはお疲れ気味。^_^
箱館山スキー場_c0113733_23505916.jpg
お風呂入って、大好きな炒飯食べて帰りました。
箱館山スキー場_c0113733_23501923.jpg
箱館山スキー場_c0113733_00030540.jpg
今度はスキーがしたいそーな。

自転車の練習ですらひたすら拒否し続ける彼にスキー導入期の辛さが耐えれるか、がポイントかなぁ。



by ds-kyo-saku-dai | 2020-02-11 23:48 | ◆スキー始めました | Comments(2)

さぶーっ
やっぱり大阪の寒さとは段違いの寒さです。
石川スキー合宿(2日目)_c0113733_00121970.jpg
アイスリンク。
石川スキー合宿(2日目)_c0113733_00122620.jpg
自分のKEENのサンダルの足型がそのまま凍ってる。
石川スキー合宿(2日目)_c0113733_00123135.jpg
出発。
石川スキー合宿(2日目)_c0113733_00123551.jpg
スキー場まで40分、近い。
近づくにつれて雪が舞い散る天候に。

今日は石川でお世話になったスキーの師匠が「オレ、仕事でいけんけど、準指導員のTさんと言う人にお願いしといたしぃ。一緒に滑ってきて」と、配慮してくれたおかげで完全初対面の47歳Tさんとのマンツーマンレッスンでした。

いろいろ教えてもらいましたわー。
石川スキー合宿(2日目)_c0113733_00164555.jpg
もちろんほぼ写真なんかありません。

みっちり4時間。
ほぼ貸し切りのガラガラでコンディション抜群のセイモアで足の乳酸を絞れそうなくらい疲れてフィニッシュでした。

Tさん、ムチャ上手い。

北陸出身なだけでなく、北大時代に1シーズン100回滑ったという大ベテランでした。

気さくでええ人です、ホンマに感謝です。


以下、Tさんから後で送られてきたLINEの内容。

____________________________

良いところ。

左右のバランス、

前後のバランスも良く、

良いポジションに乗れている。

特に右足(左ターン)

ターン前半はもう少し前に乗りたい。


上体の外向も程好く取れていて板にパワーを伝えるベースがあってグッド。


本日のテーマです。

大回り

*動いて板にパワーを伝える

*板に動いてもらう(自分で動かすのではなく)、それに体を常に良いポジションでつけていく

*数を数えてリズムを取る

*動き続ける(止まらない)

*すねの前傾は常に取る(でも踵は浮かさない)

*切り替えの際に落ちたお尻()を斜め前に出す意識でクロスオーバー


小回り

*急制動で確りとしたポジションで板にパワーを伝えられるように(確りと止まれるポジション)

*上体の逆捻り

*強いエッジングで得た反動を活かす。

*ストックをきっかけに、上体を谷側に思いきってクロスオーバー

*上と同時にスキーを回し落とし込みながら、また強いエッジング、

*この繰り返しで急斜面でコントロールの効いた小回りを


上達を楽しみながら、

スキー頑張って下さい。

___________________________


ホンマに優しい方ですわ。

石川スキー合宿(2日目)_c0113733_21405155.jpeg

石川スキー合宿(2日目)_c0113733_00243386.jpg
スキーは1人で滑ってても気持ちは良くても上手くはならんというのがよーくわかりました。
Tさんとは釣りの話も盛り上がり、今度秋にクロダイ釣りに誘ってくれるそうです。^_^
石川スキー合宿(2日目)_c0113733_00243707.jpg
最後はスキー場お隣の温泉でほっこり。
「ちょっと足が。。。。休みましょう」とは言えない4時間の特訓だったので体が悲鳴をあげてましたね。
石川スキー合宿(2日目)_c0113733_00244324.jpg
どこもかしこもガラガラなのはいいことだ。
石川スキー合宿(2日目)_c0113733_00245057.jpg
石川スキー合宿(2日目)_c0113733_00245726.jpg
石川スキー合宿(2日目)_c0113733_11265271.jpg
プロテイン漬けの今日この頃。
運動後の一杯は最高。
石川スキー合宿(2日目)_c0113733_11265400.jpg
さぁて、帰りますか。
280キロ。

石川スキー合宿(2日目)_c0113733_11294574.jpg

石川県での楽しい2日間でした。



by ds-kyo-saku-dai | 2020-02-10 23:10 | ◆スキー始めました | Comments(0)

2年前は12月16日にオープンしていた石川県白山麓のセイモアスキー場、2月7日にようやくオープンとなった模様。
石川スキー合宿(1日目)_c0113733_23504709.jpg
2月なんて職場から見る景色はだいたいこんな感じやったんですけどね。
石川スキー合宿(1日目)_c0113733_23505607.jpg
シーズン券を購入した人は可愛そうなシーズンになってます。

それなら!いざ金沢へ。
飛び石の月曜を休めば4連休となる2月の第2週ですが、コジータさんは金沢残、そしてゴローハウスも貸し出してくれることも踏まえて金沢へ向かいます。

スキーするだけなら別に金沢まで行かんでもええのですが。^_^
たくさんのスキー場をスルーして280キロ先を目指す私。
石川スキー合宿(1日目)_c0113733_23552696.jpg
敦賀まで下道、敦賀〜金津は高速、金津からは下道です。敦賀あたりから凍結防止のブシャーっがスゴかったです。
石川スキー合宿(1日目)_c0113733_23553290.jpg
南條あたりから吹雪いたり晴れたり。
石川スキー合宿(1日目)_c0113733_23553977.jpg
マジのアイス  ^_^
石川スキー合宿(1日目)_c0113733_23554667.jpg
スタッドレスを新調しててホンマよかったと思える道が続く。

久々のセイモアは混んでいたとはいえ空いてます。
石川スキー合宿(1日目)_c0113733_23555338.jpg
ふわふわのパウダーSnowでした。
石川スキー合宿(1日目)_c0113733_00002392.jpg

石川スキー合宿(1日目)_c0113733_00003022.jpg

石川スキー合宿(1日目)_c0113733_00003785.jpg

晩はコジータさんと前の職場の同僚も駆けつけてくれて楽しい時間を過ごせました。
石川スキー合宿(1日目)_c0113733_00004437.jpg
最後はコジータさんと2人でラーメンでシメ。
石川スキー合宿(1日目)_c0113733_00005207.jpg
日曜の晩、明日は仕事なのに2人ともありがとうー!


あとは融雪の水を避けながらゴローちゃんの家へ。
石川スキー合宿(1日目)_c0113733_00040626.jpg
石川スキー合宿(1日目)_c0113733_00041203.jpg
どこもかしこもビチョビチョです。
石川スキー合宿(1日目)_c0113733_00041745.jpg
なんとゴローさんは留守なのに部屋を提供してくれるという破格の待遇デス。ホンマありがとう。



振り返ると、ここに来る目的はスキー40%、知人と会うのが40%、金沢食材を食べるのが20%なのかもしれません。

ゴローちゃんもコジータもいなくなったあとはどんな頻度で来るのかなぁ、私。



by ds-kyo-saku-dai | 2020-02-09 23:46 | ◆スキー始めました | Comments(0)

1月11日、土曜日。
北陸の全スキー場が雪不足のためクローズという異例の事態のため、ゴローちゃんと朝から長野方面へ。
2020冬の北陸紀行(2日目)_c0113733_23370956.jpg
コジータの大好きな立山連峰も明らかに雪不足。
今年は雪の大谷の雪も少ないのでは?
2020冬の北陸紀行(2日目)_c0113733_23445376.jpg
これですね。雪の大谷。
2020冬の北陸紀行(2日目)_c0113733_23371713.jpg
天然の生簀(イケス)、富山湾です。
2020冬の北陸紀行(2日目)_c0113733_23373239.jpg
長野県白馬村って、かーなり遠いイメージですが、金沢から2時間ちょいで着くんよねぇ。
2020冬の北陸紀行(2日目)_c0113733_23380600.jpg
前回来たときにはここも雪だらけやったけどねぇ。
2020冬の北陸紀行(2日目)_c0113733_23383133.jpg
さすがにここまで来たら雪が。^_^

白馬村には10個のスキー場があって、さてどーしたものかと迷って地元のスキーヤー(おっちゃん)に聞いてみたら
「白馬来たんやったら八方やろがいな」
と自信満々のアドバイスを受けたので。
2020冬の北陸紀行(2日目)_c0113733_23555636.jpg
初の八方尾根スキー場です。
スキーヤーの聖地。
高校野球の甲子園、ラグビーの花園、水泳の辰巳、カヤックの長良川、スキーは八方尾根。なんだとか。
2020冬の北陸紀行(2日目)_c0113733_23584563.jpg
1998年長野オリンピック、原田さんの「ふなきぃぃ」の開催地なんだから、そーなるわけだ。
2020冬の北陸紀行(2日目)_c0113733_23560445.jpg
そんなわけで、ほぼ上級中級コースで構成されたハイレベルなスキー場です。スキー歴2年ちょいのヘタクソマンのシーズン初日としてはハードルやや高め。
2020冬の北陸紀行(2日目)_c0113733_00091968.jpg
右側のコブだらけの兎平は有名な場所だとか。
コブは近寄れんねー。
2020冬の北陸紀行(2日目)_c0113733_23561817.jpg
まぁ、今回感じた事はズバリ
2020冬の北陸紀行(2日目)_c0113733_00131085.jpg
「欧米か」

ってことですな。

いやぁ、大袈裟じゃなくて、マジで8割は欧米の方でございます。
異様なまでの異国情緒、ここはどこやー。
2020冬の北陸紀行(2日目)_c0113733_00185097.jpg
聞けば今はオーストラリアのバカンス期間で、麓のペンションは軒並みオーストラリア人が買い取ってオーナーになってるらしい。
2020冬の北陸紀行(2日目)_c0113733_00232350.jpg
おいおい、こんなん飲んで大丈夫かー。
2020冬の北陸紀行(2日目)_c0113733_00235026.jpg
てか、みんなどんだけ飲んでんねん。^_^
2020冬の北陸紀行(2日目)_c0113733_00240407.jpg
これ、写ってないけど、前の人ジョッキのビール飲みつつ並んでます。(^^)
こんな酔っ払いが突っ込んできたら大変や。
2020冬の北陸紀行(2日目)_c0113733_00241180.jpg
久々のスキー、楽しかったけど足が疲れましたね。こんなに足疲れたっけ??
2020冬の北陸紀行(2日目)_c0113733_00242063.jpg
ゴローちゃん、ありがとうー!

2020冬の北陸紀行(2日目)_c0113733_00295167.jpg
金沢へ戻り、片町でコジータと合流。
2020冬の北陸紀行(2日目)_c0113733_00300043.jpg
先取りしてくれた香林坊の秋吉で一次会。
美味かったぁ〜。
2020冬の北陸紀行(2日目)_c0113733_00300731.jpg
で、コジータがまだ食べたことがないと聞いたので、穴場の天丼屋さんへ。
2020冬の北陸紀行(2日目)_c0113733_00303270.jpg
これがまた美味い!
2020冬の北陸紀行(2日目)_c0113733_00303949.jpg
最近はジムとランと節制した生活だったので、久々にたらふく食べて飲みましたねぇ。
2020冬の北陸紀行(2日目)_c0113733_00360223.jpg
2020冬の北陸紀行(2日目)_c0113733_00360627.jpg
お父さん、また来ます!
お元気でー!

ゴローちゃん、コジータ、お付き合いありがとう。




by ds-kyo-saku-dai | 2020-01-11 23:30 | ◆スキー始めました | Comments(0)

オーラスからのタカオカ

オーラス恋人選び。
オーラスからのタカオカ_c0113733_20484122.jpg
「オーラス(オールラスト)」を思い出したら、自然と「オーラス恋人選び」が頭に浮かぶ44歳。
昔大好きでよく家族で見てた「なるほどザ・ワールド」の最後のコーナーですな。
この頃は海外ロケの番組が珍しくて、今みたいに動画とかが乱れ飛んでないからホントにみんなでビックリしたり感心したりしながら見てたもんですが。やっぱ昔の方が情報は豊かだったなぁ。

そう、オーラス。
オーラスからのタカオカ_c0113733_21095410.jpg
今シーズンのスキーはホンマ今日でおしまいです。
オーラスからのタカオカ_c0113733_21095579.jpg
富山県南砺市「たいらスキー場」
オーラスからのタカオカ_c0113733_21102174.jpg
富山県スキー選手権開催につき、5時間券が1500円。
オーラスからのタカオカ_c0113733_21121294.jpg
これが500円引きになります。¥チーン。
オーラスからのタカオカ_c0113733_21121336.jpg
昨晩だけでこんなに降ったみたい。
五箇山付近の山はまだ雪が降るわけですな。
オーラスからのタカオカ_c0113733_21133713.jpg
ガスってます。
オーラスからのタカオカ_c0113733_21134519.jpg
オーラスからのタカオカ_c0113733_21134752.jpg
オーラスからのタカオカ_c0113733_21134969.jpg
まぁまぁ怖い。
せっかく2級取ったのに最後に骨折りましたではカッコ悪すぎますので。
オーラスからのタカオカ_c0113733_21175833.jpg
スキーの試乗会やってました。
1000円払って試乗する気にならんかったのでスルーでしたが。
オーラスからのタカオカ_c0113733_21180075.jpg
オーラスからのタカオカ_c0113733_21180254.jpg
もうホンマにオーラスですねん。
なので釣具と車の中でコラボしてます。
オーラスからのタカオカ_c0113733_21322569.jpg
ではでは、ここから高岡市へ向かいましょう。
オーラスからのタカオカ_c0113733_21325697.jpg
オッと。その前に福光のチューで天津飯。
これ絶品なのは前にご紹介した通り。
オーラスからのタカオカ_c0113733_21325833.jpg
あとは道の駅で高岡に持っていく手土産を購入。
富山の味を知り尽くしたUさんに富山の酒とはこれいかに。^_^
オーラスからのタカオカ_c0113733_21330045.jpg
途中少しアウトレットに立ち寄り、ダイスケのシューズを購入。
オーラスからのタカオカ_c0113733_21330214.jpg
ほんでもって、なぜか屋上にパトカーがいる例の建物を通り過ぎて高岡市内へ。

今日はこれまで何度もお世話になったUさんにお招き頂き、高岡の地元の美味いもの巡りに連れて行ってもらう日なり。
オーラスからのタカオカ_c0113733_22132185.jpg
「金沢が魚が美味いって言っても、やっぱり魚は富山が一番美味い」by Uさん
バイ貝、ガス海老等々、ホンマに美味かった。
オーラスからのタカオカ_c0113733_22192659.jpg
あとは3軒ハシゴ酒。
最後の締めは地元のマニアックな中華屋さんのカツ丼、餃子、春雨炒め。
これはホンマに地元の人しか知らん旨さです、強烈に美味かった。

そのままご自宅に泊めていただくという中学生のような私です、Uさん本当にお世話になりました、ムチャクチャ楽しかったです。

ほんま、北陸ええとこ、ええひとです。





by ds-kyo-saku-dai | 2019-03-16 23:37 | ◆スキー始めました | Comments(0)

ラストチャンス

42歳半で始めたスキー。
スポーツデポの店員さんに「さすがに1級は無理でも、2級なら頑張ればひょっとしたら取れるかもしれませんよ」なーんてと言われて金沢在住中の2級取得宣言しちゃった私。

先々週にチャレンジするも見事桜の如く散った私とゴロちゃんの背中を押すように「再チャレンジするんやろ?」と何度も問いかけてくれたU師匠の期待に応えるべく、私とゴローさんの2人は富山県へ・・・・。
ラストチャンス_c0113733_23343615.jpg
かーなりモチベーションは下がってたんですけどね。師匠の推しをこれだけ受けたら無視できん。。
富山県福光地区、目指すスキー場は平スキー場です。
ラストチャンス_c0113733_23343837.jpg
アパートから1時間以内でこの景色になるこの変化の度合いがいつもいつもすごいと思う。
ラストチャンス_c0113733_23361043.jpg
ラストチャンス_c0113733_23361236.jpg
これだけ季節外れの温暖が続く北陸でも、朝のスキー場はこんな感じ。思いっきり凍結してます。
ラストチャンス_c0113733_23361323.jpg
なんと!国体だったとは!!^_^
ラストチャンス_c0113733_23361455.jpg
本日はスキーのレーシングの大会がありコースが規制されていたため、リフトは1日券でも2000円です。

まず受付で2級テスト会のエントリーフィーを払う。ほんでもって13時からの検定に先駆けて事前講習を受けることに。

「単身赴任で大阪から来てるんです。なので頑張りますから通してくださいね」

と、卑怯なまでに検定員に媚びを売る私とゴロー選手。ゴロー選手は住所記入欄に大阪の自宅住所を書き、私は何としてでも今日2級が取りたい旨を話す。

しかしまぁ、そんなものが通用するわけはありませぬな。
ラストチャンス_c0113733_23400618.jpg
ラストチャンス_c0113733_23400724.jpg
ラストチャンス_c0113733_23400848.jpg
しかしまぁいい天気。
おかげで午前中アイスバーンだったバーンも刻一刻と状況が変わっていくんですけどね。
ラストチャンス_c0113733_23401046.jpg
ラストチャンス_c0113733_23401142.jpg
立山連峰がきれいに見える中、事前講習と検定本番は終了。整地大回り、小回り、シュテムターン。
多分落ちたやろうと思いながら、発表時間までゴロー先生と最後の滑り納め。
ラストチャンス_c0113733_00343415.jpg
もう今シーズンのスキーは終わりでしょう。


で。。。。。


結局。。。。。。。


結果は。。。。
ラストチャンス_c0113733_00291407.jpg
う、う、う、受かりましたっ!
ゴローさんと手を取り合って大喜び!
ラストチャンス_c0113733_23434984.jpg
ダブルで2級合格ってのが嬉しいかぎりです。

頑張ればある程度はできる。
始めるのに遅いと言う事は無い。
自分にとってのこのスキー検定2級を42歳からの2年で取れたと言うことは相当な自信になりました。

ひさびさに心の底から嬉しかった〜。
44回目のスキーで上中級者の証であるバッヂテスト2級合格、いやぁ、頑張って滑ってきてよかった。

この北陸の地をもし離れても死ぬまでスキーは続けていこうと思います。最も衰えやすい太ももの筋肉を鍛え、維持するには持ってこいのスポーツだと思いますね。

ラストチャンス_c0113733_23574205.jpg
キリのいいとこで、今シーズンは終わりにしましょか。記録的な大雪だった去年と打って変わって、記録的な少雪と温暖な気候で、北陸周辺の各スキー場は軒並み閉鎖ですから。

さぁ、そろそろメバリングでっしゃろかいね。









by ds-kyo-saku-dai | 2019-03-09 23:26 | ◆スキー始めました | Comments(2)

2017年1月28日に初めて本格的にスキーを始めた当時42歳の私にとって、この北陸にいる間にスキー検定2級を目指すと言うのはまず第一目標として掲げていたことであります。
チャレンジ!バッヂテスト2級_c0113733_23015061.jpg
スキー板を借りて、雨ガッパでコケまくりながら滑ったワンシーズン目から数えて、スキー場に行った回数は実に43回に及び、おそらく大阪でスキーとした場合の5〜6年分は滑ったんじゃないかなぁと思う。
ただまぁ40代も半ばにさしかかると、半日滑るのがやっとで1日滑るとほぼ最後の辺は練習にならないというのが実態なので、実質20数回といったところか。
チャレンジ!バッヂテスト2級_c0113733_23070394.jpg
今日はセイモアリフト1日間が無料です。
チャレンジ!バッヂテスト2級_c0113733_23070439.jpg
超快晴、カッチカチバーン。
チャレンジ!バッヂテスト2級_c0113733_23070607.jpg
セイモアスキー場まで家から45分。
ほんとに近くて良いスキー場だと思います。
チャレンジ!バッヂテスト2級_c0113733_23070781.jpg
チャレンジ!バッヂテスト2級_c0113733_23070997.jpg
ゴロちゃんとチャレンジ。
チャレンジ!バッヂテスト2級_c0113733_23130848.jpg
1級受検が18人、2球受検が13人。
1人ずつ検定するので想像以上に待ち時間があって辛かったです。
あとやっぱり知らない人たちに見られながら、プロの人に点数をつけられると言うのはなんともまぁ緊張しました。なんだか自分がどうやって滑ってるかよくわからんままに終わった感じ。
チャレンジ!バッヂテスト2級_c0113733_23131033.jpg
そんなわけで結果は2点足らずで2級不合格となりました。ゼッケン4番が私です。
大回りでズレが多かったのだと思います。あとシュテムターンは練習不足やな。
検定がすべての点数を紙に手書きしているので、検定終了から合否発表までの時間がやたらと長いのが気になります。
検定アプリか何かを作って自動集計一発発表できる仕組みが欲しいなぁ、これ。

ゴロちゃんも不合格ということで、3月10日のリベンジ戦に臨むこととします。もうこれで最後のチャンスやわ。
チャレンジ!バッヂテスト2級_c0113733_23175983.jpg
こんな残念なニュースがありました。
ご冥福をお祈りいたします。
悲しくて悲しくて辛い夜を過ごしておられる両親の気持ちを思うと胸が痛くなる。
チャレンジ!バッヂテスト2級_c0113733_23180180.jpg
想像以上に疲れました。。。。

もう寝よっと。

by ds-kyo-saku-dai | 2019-02-24 22:57 | ◆スキー始めました | Comments(0)

富山県南砺市、ウィキペディアによれば、富山県西部に位置する市。平野部と五箇山を中心とした山岳部で構成される。世界遺産「白川郷・五箇山の合掌造り集落」と演劇祭のある旧利賀村を擁する。」とある。
なんとイオックスアローザ !_c0113733_22390872.jpg
ひらがなで「なんと」と書かれていることが多く、「なんと!」的に読むと楽しいのは以前にもブログで書いたとおり。
なんとイオックスアローザ !_c0113733_22391006.jpg
ただの紙かと思ったら、なんと共通商品券だった!!みたいな。ね。
なんとイオックスアローザ !_c0113733_22404835.jpg
ちなみにこれはセントくんですね。
なんとイオックスアローザ !_c0113733_22410787.jpg
これは南砺市の孫六さんではない。^_^
ややこしい。

そんな南砺市へゴロちゃんと向かいました。
なんとイオックスアローザ !_c0113733_22421260.jpg
近いっ!
なんとイオックスアローザ !_c0113733_22421368.jpg
今日は富山の職場の方々とか、ウメさんとかU師匠とのコラボスキー。
なんとイオックスアローザ !_c0113733_22475082.jpg
ポール体験やってましたね。
なんとイオックスアローザ !_c0113733_22475210.jpg
下の部分は地面が露出してました。
もう北陸のスキーシーズンも終わりかな。

ゴロちゃんに今シーズン初のビデオ撮影してもらいました。
なんとイオックスアローザ !_c0113733_22475367.jpg
あぁー、右手が落ちてるなぁ。
なんとイオックスアローザ !_c0113733_22475472.jpg
なんとイオックスアローザ !_c0113733_22475534.jpg
なんとイオックスアローザ !_c0113733_22502767.jpg
滑走姿勢はマル。
なんとイオックスアローザ !_c0113733_22502937.jpg
やっぱ右方向へのターンの際に右手が落ちる。
外足の荷重が甘いか。
なんとイオックスアローザ !_c0113733_22503096.jpg
明日はバッヂテスト。
その後も少し練習して昼に上がる。
なんとイオックスアローザ !_c0113733_22503128.jpg
またもやチューです。
ゴロちゃんと天津飯と中華丼を半分こ。
なんとイオックスアローザ !_c0113733_22503234.jpg
ほんで部屋を模様替えしてから銭湯へ。
なんとイオックスアローザ !_c0113733_22532186.jpg
なんとイオックスアローザ !_c0113733_22532311.jpg
晩は一人鍋。

さぁ明日は頑張るぞ。

by ds-kyo-saku-dai | 2019-02-23 22:32 | ◆スキー始めました | Comments(0)

レッスンセイモア

翌朝は6時半に家を出発して白山方面へ
レッスンセイモア_c0113733_01500022.jpg
まぁまぁ雪が降る中をセイモアスキー場へ。
アパートから車で50分。
ほんとに何度行っても近いと思う。
レッスンセイモア_c0113733_01491903.jpg
車内でワックスがけ〜。
レッスンセイモア_c0113733_01492052.jpg
レッスンセイモア_c0113733_01492295.jpg
今日は先輩のUさんにレッスンをしてもらう日となっております。いよいよ2月24日にスキー検定2級受けてみようかなと。
レッスンセイモア_c0113733_01523202.jpg
レッスンセイモア_c0113733_01523476.jpg
レッスンセイモア_c0113733_01523522.jpg
快晴!
気持ちええなぁこれは。
レッスンセイモア_c0113733_01523780.jpg
Uさん曰く「気持ちええなぁって思いながら滑ってる時は全然ちゃんと滑れてないことが多い」らしい。
エッヂも適当にかけながら過重抜重も適当にしながら滑ってるだけなことが多いってことですな。
レッスンセイモア_c0113733_01523801.jpg
みっちり昼まで練習してもらいました。もうおかげで太ももパンパンパパパンパン。
レッスンセイモア_c0113733_01554668.jpg
それでも一旦駐車場に戻り、カップラーメンで腹ごしらえしてから1時間お昼寝。
レッスンセイモア_c0113733_01554858.jpg
さぁ、もうひと滑りがんばるぞ。
レッスンセイモア_c0113733_01554934.jpg
レッスンセイモア_c0113733_01555172.jpg
とっても楽しい、且つためになる1日でした。
レッスンセイモア_c0113733_01555316.jpg
後は野菜を買い出して、コジータ&H氏と地元の銭湯でほっこりそのままお鍋となりました。

レッスンセイモア_c0113733_01585082.jpg
お鍋をみんなで食べた方が10倍うまいね。
またやりまひょ!



by ds-kyo-saku-dai | 2019-02-17 22:48 | ◆スキー始めました | Comments(0)