金沢単身赴任から帰った中年リーマンのしょーもない日記


by ds-kyo-saku-dai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ: ③東播磨日時計の丘AC( 2 )


心配していた天気。
撤収の際に雨が降った前回は、家に帰って干すのが大変だったからなぁ

c0113733_146261.jpg

見事に晴れました。
しかも朝はムチャクチャ気温が適温で気持ちよかった。

c0113733_147348.jpg

「キャンプは朝が最高に気持ちいい」と誰もが言うけど、それも納得の朝です。

c0113733_1474076.jpg

トラメジーノにサンドイッチ用のパンを挟んで・・・・

c0113733_148387.jpg

軽く焼きます。

c0113733_1481870.jpg

これが家族に大好評。
旨いし楽チンです。

c0113733_1485046.jpg

もやしの炒め物も楽チン。
「ちびパン」は朝も晩も大活躍でした。

c0113733_1492782.jpg

しかしまぁ、気持ちのエエ朝だ。

撤収がなければさらにええねんけどね。
次回は2泊3日で行くので、撤収作業は次の日になる。
やはりキャンプは2泊以上したほうが楽だな。

c0113733_1505538.jpg

子供たちが率先して手伝うのは、
キャンプに来ている趣旨のひとつでもあります。

みんなで立てたテントにみんなで寝る。
この当たり前が楽しい。

c0113733_1515535.jpg

帰りは神戸三田のプレミアムアウトレットでお買い物。
この自然だらけとのギャップもなかなかいいもんだ。


東はりま日時計の丘公園はやはり評判どおりでした。
1泊3,000円だからリーズナブル。
食材も結局全く余らなかったので絶妙な調達具合でした。
うちは牛肉をほとんど食べないので、BBQが鶏肉中心でさらにリーズナブルだな。
炭火で食べるなら鶏肉が一番旨いと思います。

夏は裏の山でカブトムシがわんさか採れるみたいだけど
標高が低いのでテント泊はちと辛そうだ。
秋はいろんな味覚狩りができるそうなので、また来てみたいです。
by ds-kyo-saku-dai | 2009-06-22 01:54 |  ③東播磨日時計の丘AC | Comments(0)
5月から始めたキャンプも今回で3回目。

「キャンプは3回やったら達人」という言葉があるらしいけど、随分と慣れてきた。
荷物の積み込み、食材の買出し、テントの設営、撤収、風呂のタイミングなどなど。

今日は東はりま日時計の丘公園へ。
中国道滝野社ICから車で30分、家からはちょうど2時間で到着のお手軽キャンプ。

c0113733_1302514.jpg

お手軽とはいえ、そこはさすがに評判の高いキャンプ場
まわりは完全に自然だらけです。

c0113733_1311273.jpg

今日の目的は「ホタル鑑賞」
聞けば先週がピークだったらしく、「今日は居るかなぁ・・・」とのこと。

しかし朝からムチャクチャ天気。
うだる暑さだ。
ホタルは蒸し暑い夜で風がないときに多数飛ぶらしい。

c0113733_1324313.jpg

設営も慣れたもの。
ちょいちょいっとできるようになりました。

c0113733_133154.jpg

遊具で遊びつつ

c0113733_1333096.jpg

虫探しなんかもしたりして、のんびりした時間が素敵ですな。
しかしまぁ、日時計だらけです。 ^-^

c0113733_134881.jpg

綺麗な公園だわ。

晩御飯はBBQ。
食材も残らないように適量適量。
これがまたずばり的中。

あれほど暑かった日中と打って変わって、夕方からは涼しい風がそよそよ。
寒暖差が激しい一日でした。

8時過ぎからホタルを探しに近所へ出向く・・・・・

いるかな・・・・

どこかな・・・・・・


いた!

c0113733_1365242.jpg

もちろん僕の安モンデジカメでは映らないので、東はりま関係のHPから拝借。

生まれて初めてあれだけの数のホタルを見ました。
見ていたのは僕ら家族4人だけ。

なんかマジで感動したなぁ~
嫁さんとサクラがず~っと感動してた。
サクラは何だか嬉し泣きしたりしてたな。 ^-^:

そ~っと手にとって覘いたときの子供たちの嬉しそうな顔。
来てよかったなと思える瞬間。


その晩はたっぷり飲んで就寝。
温泉はないので、5分100円の簡易シャワーで済ます。
子供らも嫁さんもこんなのにも慣れてきたみたいで嬉しい。

ここのキャンプ場は綺麗で設備も整っているけど、
余計な街灯がないので夜はマジで真っ暗です。

そんなときのランタンの灯りはホンマに心休まるな。

(2日目へ続く)
by ds-kyo-saku-dai | 2009-06-22 01:41 |  ③東播磨日時計の丘AC | Comments(0)