金沢単身赴任から帰った中年リーマンのしょーもない日記


by ds-kyo-saku-dai
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2008年 11月 05日 ( 1 )

考える

さくらは考えた

「牛乳をテーブルの端に置くと、こぼれるかもしれない」

さくらは牛乳の入ったコップをテーブルの奥に置くようになった。


ダイボンはどうだろう

「お皿まで顔をもっていかないと、カレーライスがこぼれてしまう」

ダイボンはちゃんと顔を皿の上にまで伸ばしてカレーライスを食べるようになった。


5歳と2歳の子供ですら、「もし〇〇すれば、〇〇になる」
という予測のもとに行動している。

人間は考える動物である。

何も考えていないのは本能のまま生きる一部の動物のみだ。




「酒を飲んでいて無免許だった。人を引きずったまま逃げれば、
死んでしまうことは分かっていたが、その場から逃げ切りたかった」



大阪で30歳の会社員を轢き、
3キロも引きずってその尊い命を奪った22歳の男性の言葉。

30歳の会社員には、2歳の長男がいて、来年1月には2人目が誕生予定だった。
跳ねた時点で介護すれば、命は助かったらしい。

引きずられながら、徐々に意識が遠のいていくとき
さぞ無念だっただろう、さぞ家族のことが気になっただろう。

人事とは思えない。



考えろ

もっと深く考えろ

酒を飲む前に、店を出たときに、車に乗る前に、車を運転している間に、

そして人を跳ねた瞬間に・・・・

考えれば分かる

考えろよ

考えろ

ホンマ、考えて行動せえよ・・・・・まったく。


やりきれない事件は後を絶たん。
by ds-kyo-saku-dai | 2008-11-05 22:29 | Comments(0)