金沢単身赴任から帰った中年リーマンのしょーもない日記


by ds-kyo-saku-dai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

大連紀行~203高地~


203高地は、今回の大連旅行の目的とも言える場所だ。

c0113733_053821.jpg


中国北東部の遼東半島南端に位置する旅順にある一丘陵で、
海抜203メートルであることからこの名が付けられている。

日露戦争では、旅順港が見渡せるこの地を巡り、
ロシア軍と日本軍との間で血みどろの戦いが繰り広げられたとして有名。

c0113733_0164647.jpg


なるほど、旅順港が一望できる。

この地を巡り、ロシア軍、日本軍、あわせて1万5千人の命が失われた。

時代の流れと、その流れの中で命を失った人達の儚さを感じずにはいられない。


c0113733_0204167.jpg


ロシア軍と日本軍が衝突したロシア軍のトーチカ跡には

無数の弾痕が100年経ったいまも生々しく残されていた。

この写真の左側から日本の陸軍がやってきて、
下に降りた瞬間に挟み撃ちで撃ち殺されたらしい。

痛々しいなぁ。

平和な時代に生まれたことに感謝するDSなのでした。
by ds-kyo-saku-dai | 2007-12-23 00:24 | ◇DS海外へ | Comments(0)