金沢単身赴任から帰った中年リーマンのしょーもない日記


by ds-kyo-saku-dai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

舞鶴ざんまいの旅(2日目)

車中泊よりは快適な朝です。058.gif
今日も快晴の予報。
c0113733_0474861.jpg

ホテルから貰った朝食チケットを使って優雅な朝食。

越前三国などの高規格キャンプ場の1泊のサイト料金が6000円することを思えば、格安素泊まりの旅は実にお手軽で楽チンなのにリーズナブルだと思います。


ゆーーーっくり朝御飯を食べて、大浦半島に向かう途中、「田辺城まつり」なるフラッグを発見したので立ち寄り。
c0113733_0505346.jpg

???何か本格的な時代劇の格好をしたおっちゃんやら若者がたくさん。

後を追うと・・・・
c0113733_0514915.jpg

c0113733_0515760.jpg

c0113733_052463.jpg

c0113733_0522673.jpg

c0113733_0523374.jpg

本気のイベントでした。
しばしお祭り気分を満喫。
c0113733_0525772.jpg

こりゃ相当でっかい地元のお祭りやね。
ええもんに出会えた、ラッキー。
c0113733_23504132.jpg

地元のフリーマーケットにも立ち寄って楽しかった~。


昼前から大浦半島へ。
c0113733_23514061.jpg

ここは舞鶴の奥座敷。
ただ、ガイドブックにはそんなに大々的に載ってない。
そんな半島ですが、調べてみると結構いろいろあります。


まずは舞鶴親水公園へ。
c0113733_23524428.jpg

「エルマール舞鶴」という関電の施設と
c0113733_055186.jpg

旨いという噂のハヤシライスと、無料の釣り公園がある場所です。

ま、ハヤシライスは普通。
の割には高い。
従業員さんの接客もイマイチでした。

海釣り公園は満員。
c0113733_23542817.jpg

30分だけ挑戦したけど釣れず。
c0113733_2355345.jpg

「エルマール舞鶴」は船の形をした建物。
見た目は凄いが中身は何もない。

う~ん。

釣り客はマナーが悪いし、あまり気持ちのいい場所じゃなかったかな。


そこから半島を北上して、「舞鶴ふるるファーム」という農場公園へ
c0113733_23565014.jpg

c0113733_23571085.jpg

c0113733_23571725.jpg

ここは楽しい。
子供たちが好きそうな場所です。
c0113733_23575037.jpg

ポニーの後ろから近付いて、思い切り後ろ足で蹴り飛ばされたダイボン選手。
「馬は後ろから行ったらあかん」という基本を体感したみたい。(*^_^*)

なんでもここのバイキングは有名らしい。
晩御飯はココで食べて帰ろうかなと。

072.gif072.gif072.gif

晩御飯の時間まで少しあるので、「舞鶴引揚記念館」へ
c0113733_004160.jpg

第二次世界大戦後、旧満州や朝鮮半島をはじめ南太平洋など多くの国や地域に残された660万人の日本人のうち、約66万人もの引揚者・復員兵を迎え入れた舞鶴に立てられた記念館です。

シベリア抑留の凄まじさを知ることができ、非常にタメになりました。
c0113733_03506.jpg

マイナス40℃の中、大木を切り倒す重労働を強いられた日本人。
一日の食事の少なさに唖然。
c0113733_043261.jpg

枕木1本に1人の犠牲者が出た。
と言われるシベリア鉄道のインフラは、抑留された日本人が強いられた労働の成果だったとは。
c0113733_053476.jpg

さくらがかなり心に残ったみたい。
シベリアからの手紙とか、当時の書物等、真剣に見てましたね。
楽しい場所ではないけど、お勧めの場所です。


c0113733_062788.jpg

鶴をイメージしたという「舞鶴クレインブリッジ」がキレイです。
c0113733_071437.jpg

再び「舞鶴ふるるファーム」へ。


引揚記念館と舞鶴ふるるファームはクルマで10分以内。
c0113733_075583.jpg

お世辞にも便利とは言い難い立地にも関わらず、既に人がいっぱいでした。
c0113733_083218.jpg

c0113733_084021.jpg

テレビでも何度も取り上げられた有名なバイキング。
c0113733_085333.jpg

それも納得の旨さです。
ここのバイキング、自分的には今まで食べたことのあるバイキングの中で一番旨い。
ホテルのバイキングがなんぼのもんじゃい!です。

c0113733_0122151.jpg

コックの腕がいいんでしょうね。
ハズレがない、ホンマに旨いです。
c0113733_0124919.jpg

お寿司も握ってくれます。
ダッチオーブン料理、ローストビーフ、鯛の塩釜焼きなどもあって豪華なり。

子供たちのウケは抜群に良かった。
ちなみにJAF会員証か、引揚記念館の入館券を見せると10%オフになります。


c0113733_0145647.jpg

楽しい夕食でした。


舞鶴を出たのが20時過ぎで、家に帰ったら22時過ぎでした。
遠そうで近い舞鶴。

今回行けなかった海軍記念館、赤レンガ博物館、竜宮浜「ととのいえ」等々、まだまだ遊べる場所はありそう。

あとは巡洋艦の船体に乗り込める日を狙っていけば、更に楽しめますな。



「舞鶴」はよいとこでした。またいきます~♪
by ds-kyo-saku-dai | 2014-05-25 23:45 |  ・格安素泊まりの旅 | Comments(0)