金沢単身赴任から帰った中年リーマンのしょーもない日記


by ds-kyo-saku-dai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

マカオ紀行③ ギャンブルの悪夢

ギャンブル

一か八かの勝負

手元の10万が、5分も経たないうちに20万になり、あっという間に200万になる。
「どれだけ楽をして金を稼げるか」こればかりを考えているという香港や中国の人達にとって、マカオはまさに勝負の街だ。

c0113733_22471181.jpg

中国語で興奮気味にお金を賭ける人をよく見かける。
よく見れば1000ドル一気にかけてた。
1000ドルって言ったら13万円くらいだ・・・・凄い金額。

最初はそれが倍になった。
でも最後に全部なくなった。

ギャンブルに生死を賭ける人が多いようだ。
自分はそれを遠巻きに見るのがやっと。

c0113733_2250427.jpg

大小(ダイショウ)
つまり、大か小かの勝負となる。
手元のお金をすべて賭ければ、一瞬で倍になる可能性がある。

でも賭けれないよなぁ・・・・・
それがギャンブラーになり得ない自分の限界だ。

倍になったら・・・・・さらに倍にする?
それとも増えたお金で何か買うのか??
勝っても倍なわけで、負けてゼロになるくらいなら最初からやりたくない。
こんなやつはカジノに向かない。(笑)

c0113733_23272554.jpg

マカオは街全体が24時間眠らない。
そしてカジノの周りには眠らない営業を続ける「質屋」が乱立してる。
自分の時計などを売り払って、その金でまたギャンブルに明け暮れる。

こんな国で育った子供はどんな大人になるんやろ・・・??
by ds-kyo-saku-dai | 2010-01-24 22:53 | ◇DS海外へ | Comments(0)